Miss SAKE News/Blog

『2023年 酒サムライ叙任式』に、2023 Miss SAKE 山田琴子が参加して参りました

2023 Miss SAKE attended the inauguration ceremony of the SAKE Samurai 2023 at Matsunoo Taisha Shrine. [English follows]

 

皆さま、こんにちは。

2023 Miss SAKE 山田琴子です。

9月26日に京都府、松尾大社で執り行われた『2023年 酒サムライ叙任式』に、私2023 Miss SAKE 山田琴子が参加させていただきました。

<酒サムライとは?>

「酒サムライ」とは、日本酒造青年協議会により日本酒及び日本文化を愛し、その素晴らしさを世界に広めるために尽力されている方に与えられる称号です。

全国の若手蔵元で組織する日本酒造青年協議会は、日本から日本人の“誇り”が失われつつあるとの危惧から、日本酒の誇りを取り戻し、日本酒文化を日本国内のみならず、広く世界に伝えていくために、日本酒を愛し育てるという志を同じくするものの集いとして、平成17年に「酒サムライ」を結成しました。

(酒サムライホームページより:http://www.sakesamurai.jp/project.html)

平成17年度に結成されてから、今年度で外国の方を含む101名の方が酒サムライとして毎年叙任され、世界で日本酒文化の魅力発信に様々な形で尽力されております。

叙任式は日本第一酒造神として名高い松尾大社にて執り行われました。

正式参拝では、本殿にて祝詞や鈴の舞が披露されるご祈祷を今年度の叙任者、そして関係者にて賜りました。すがすがしい秋晴れの中、鈴の舞が披露され、美しい鈴の音色はこの記念すべき一日をお酒の神様がお祝いくださっているような晴れやかさがございました。

その後、拝殿で日本酒造組合青年協議会 会長の前垣壽宏様(広島県西条市、賀茂泉蔵元)が、今年度叙任された4名の方と『酒サムライの三か条』を交わされました。

『酒サムライの三か条』

一、 日本の美しい文化を愛し、日本酒を愛します。

一、 日本酒文化をより深く理解し、その発展に尽くします。

一、 情熱と誇りをもって、日本酒を広く世界に伝えます。

(酒サムライホームページより:http://www.sakesamurai.jp/project.html)

前垣様の『酒サムライの三か条』の問いかけに、4名とも力強く返事をなさっていた姿に新たに叙任された皆様の今後の活動への強い意志を感じ、大変印象的でした。私2023 Miss SAKE 山田琴子は、この叙任式にて前垣様のお手伝いをさせていただきました。

<2023年度の叙任者>

叙任式ののち、叙任報告式にて日本酒造組合青年協議会 会長の前垣壽宏様、日本酒造組合中央会 副会長の佐浦弘一様よりお祝いの言葉が送られたのち、4名の新しい酒サムライの皆様が叙任に際してのスピーチを述べられました。

八木秀峰(ヤギ シュウホウ)様

  • T.I.C レストラングループ代表取締役社長

1968年よりアメリカに住んでいらっしゃる八木様は、アメリカにて活動をなさっています。「酒蔵」「しゃぶ辰」「茶菴」「蕎麦屋」「咖喱屋」など日本の和食を取り扱うレストランを多数経営されており、スピーチでは今後のアメリカでの日本酒リテラシー向上のための意気込みを共有くださいました。また、ニューヨークにてニューヨーカーが自分たちの目で酒造りを生で見学できるような施設を造りたいという今後の展望もお話くださいました。

「我、後悔せず」という座右の銘をお持ちの八木様のご経験談よりそのお言葉通りの行動力と実行力を感じ大変感銘を受けました。

高橋漠(タカハシ バク)様

  • 国際環境コンサルタント
  • 日本酒エデュケーター・コンサルタント
  • WSET 認定日本酒レベル3兼講師 ほか

高橋さまは、ベトナムを拠点として活動をなさっていらっしゃいます。スピーチでは、ベトナムは世界9位の7億円程の日本酒市場があり、平均年齢も大変若い日本酒の輸出にとっても大変可能性を秘めた国だとご紹介くださいました。近年高まりつつある和食と日本酒への関心を持ってくださっているベトナムの方に「日本酒を楽しむワクワクした気持ちをつくりたい」という志のもと、ベトナムの日本酒に関する環境づくりやエデュケーションに取り組まれていらっしゃいます。

太田ファビオ健司(オオタ ファビオ ケンジ)様

  • MEGA SAKE創立者・オーナー

太田さまはブラジルにてMEGA SAKEオーナーのお仕事に加え、飲食店などの方1800名以上の方に日本酒の知識を広める活動もなさっています。また、飲食店の方々だけでなく、サンパウロ市内で行われた日本酒フェスの開催を通して、ブラジルの多くの方に日本酒の魅力を発信されています。スピーチでは、日本酒の飲み方をまだ知らないブラジルの方に対しての日本酒教育の重要性について共有してくださいました。

友田晶子(トモダ アキコ)様

  • 日本のSAKEとWINEを愛する女性の会 代表理事
  • Japan Women’s SAKE Award ~美酒コンクール~ 総合コーディネーター

代表理事として活動されている通称:SAKE女・サケジョの会では2000名を超えるお酒でおもてなしができるSAKE女が誕生しており、日本の女性の中での日本酒のリテラシー向上に大変貢献なさっていらっしゃいます。Japan Women’s SAKE Award ~美酒コンクール~では、特定名称ではなく、誰もがわかりやすい「フルーティー部門」や「ライト&ドライ部門」等の初心者にもわかりやすい審査を行うことで、「これから日本酒を楽しみたい方への日本酒選びの指標としたい」とお話くださいました。

 

 

4名の方のお話の中で共通していたことは、「日本酒のエデュケーションの重要性」についてでした。日本酒について知っていただくということは、日本酒を楽しんでいただくために国や環境関係なく大変重要なことであると実感いたしました。

Miss SAKEとしても、より一層日本酒を知っていただくための活動に励んで参りたいとインスパイアされた一日となりました。

 

この度は、酒サムライ叙任式に同席させていただき感謝申し上げます。

本活動を執り行う日本酒造組合青年協議会の皆様に心からの敬意を表します。

 

2023 Miss SAKE 

山田琴子

 

[for English Speakers]

 

Hello, everyone. This is Kotoko Yamada, 2023 Miss SAKE Japan.

On September 26th, I had the honor of attending the “2023 Sake Samurai Conferment Ceremony” held at the Matsunoo Taisha Shrine in Kyoto.

<What is  Sake Samurai?>

The title of “Sake Samurai” is bestowed upon individuals who are passionate about and actively working to promote Japanese sake and Japanese culture, as recognized by the Japan Sake Young Brewers’ Council(日本酒造青年協議会).

The Japan Sake Young Brewers’ Council, formed in 2005, established the “Sake Samurai” title to celebrate individuals worldwide who contribute to the promotion of Japanese sake culture.

Since its inception, over 101 individuals, including international members, have been honored as Sake Samurai. These individuals work diligently to spread the charm of Japanese sake and culture globally.

The conferment ceremony took place at the Matsunoo Taisha Shrine, renowned as one of the 3 Sake Shrines in Japan with Sake as their god. The formal visit included a divine ritual and the Suzu-no-Mai (bell dance) performance in front of the main shrine. The beautiful sound of the bells resonated under the clear autumn sky, creating a festive atmosphere that felt like a celebration by the sake deities.

Following the visit, in the inner hall of the shrine, Mr. Maegaki, Chairman of the Japan Sake Young Brewers’ Council, along with this year’s awardees, exchanged the “Three Principles of Sake Samurai.”

Three Principles of Sake Samurai:

  1. Love and appreciate Japan’s beautiful culture, especially Japanese sake.
  2. Deepen the understanding of Japanese sake culture and contribute to its development.
  3. Promote Japanese sake passionately and proudly to the world.

Mr. Maegaki’s guidance and the wholehearted responses from the awardees left a strong impression. I had the privilege of assisting during this conferment ceremony.

<Awardees of the 2023 Sake Samurai>

Following the ceremony, there was a celebration and award presentation where Mr. Maegaki and Mr. Koichi Saura, Vice Chairman of the Japan Sake and Shochu Makers Association, conveyed their congratulations. Afterwards, the new Sake Samurai awardees then delivered speeches outlining their future commitments.

Shuho Yagi:

  • President & CEO, T.I.C Restaurant Group

Mr. Yagi, who has been living in the United States since 1968, shared his enthusiasm for improving sake literacy among Americans. He manages various restaurants all of which serve traditional Japanese cuisine. He expressed his ambition to create facilities in New York City where local New Yorkers can witness sake brewing firsthand.

Baku Takahashi:

  • International Environmental Consultant
  • Certified Sake Educator & Consultant 
  • WSET Sake Level 3 Lecturer

Mr. Takahashi, based in Vietnam, is committed to educating the Vietnamese about the charms of Japanese sake. Vietnam ranks ninth globally in terms of its sake market, valued at approximately 700 million yen, and it has a young population with great potential for sake consumption. He aims to build an environment for sake education and promote sake culture in Vietnam.

Fabio Kenji Ohta:

  • Founder & Owner, MEGA SAKE

Mr. Ohta, based in Brazil, owns MEGA SAKE and conducts educational activities to improve sake knowledge for more than 1,800 professionals in the food and beverage industry. He also organized the Sake Festival in São Paulo, Brazil, to introduce sake to a wider audience. He stressed the importance of sake education for those in Brazil who are not yet familiar with the beverage.

Akiko Tomoda:

  • Representative Director, Japan Women’s SAKE and WINE Lovers’ Club
  • General Coordinator, Japan Women’s SAKE Award

As the Representative Director of the Japan Women’s SAKE and WINE Lovers’ Club, Ms. Tomoda has contributed significantly to improving sake literacy among Japanese women. The club, with over 2,000 members, fosters sake enthusiasts known as “SAKEJO” who can introduce sake to guests at various events. She also plays a central role in organizing the Japan Women’s SAKE Award, focusing on categories like “Fruity Sake” and “Light & Dry Sake” to make sake selection more accessible to beginners.

A common theme among the speeches was the importance of sake education. It was clear that educating people about sake is crucial for its enjoyment, regardless of one’s nationality or environment. As Miss SAKE, I am inspired to work even harder to promote sake and educate more people about its wonders.

I am truly grateful for the opportunity to attend the Sake Samurai Conferment Ceremony. I would like to express my sincere respect to the Japan Sake Young Brewers’ Council, who are driving this initiative.

Kotoko Yamada

2023 Miss SAKE

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. サレジオ学院様クルーズに、2023 Miss SAKE 長野 中島菜々が出演ささ…

  2. Burajiru Grand Chef 2021の表彰式に、2021 Miss …

  3. ケーブルテレビナイト2018に2018 ミス日本酒 須藤亜紗実と2018 ミス日…

  4. 岐阜市長、株式会社 大光様を2023 Miss SAKE 岐阜 高田蘭子が表敬訪…

  5. 金子ゆかり 諏訪市長の元へ、2020 Miss SAKE 長野代表 横田 真理華…

  6. 杜の街グレースで開催されました”酒米・雄町まつり”に2024 Miss SAKE…

2024 Miss SAKE Japan ファイナリスト

2023 Miss SAKE 最終選考会 Full Movie

2023 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Mrs SAKE

Mr SAKE

Mr SAKE

最近の記事

PAGE TOP
Translate »