Miss SAKE News/Blog

大阪中之島にて開催された「麒麟のまち 日本酒フェア」に、2018 ミス日本酒 準グランプリ 児玉アメリア彩が参加してまいりました。

Aya Amelia Kodama, 2018 Miss SAKE JAPAN runner up, participated in the “Kirin no Machi Sake Fair” held in Nakanoshima Festival Tower in Osaka prefecture.

 

[English follows]

皆さま、こんにちは。2018 ミス日本酒 準グランプリの児玉アメリア彩です。

4月26・27日に、大阪府中之島フェスティバルタワーサンクンガーデンにて「麒麟のまち 日本酒フェア」が開催され、私はゲストとして参加させていただきました。

「麒麟のまち」は中之島フェスティバルタワー地下に店舗を構える鳥取県・兵庫県のアンテナショップで、新鮮な食材や特産品、地酒をまるごと楽しむことができます。

店内にはイートインスペースが用意されており、ランチ、ディナー通して気軽に地元食材に舌鼓を打つことができる空間です。

今回のイベントは、その麒麟のまち関西情報発信拠点のオープン1周年を記念して、麒麟のまち圏域の鳥取県、兵庫県の自慢の日本酒を楽しむというもので、厳選された地酒の試飲会をはじめ、絶品酒の肴の試食会や、麒麟のまち人気商品抽選会などが執り行われ、

たくさんの方で常時会場は賑わっておりました。

私は2日間、2018 ミス日本酒 準グランプリとしてトークショーを行わせていただき、ミス日本酒の活動についてお話をさせていただいたほか、圏域の地酒を試飲させていただいた印象やその魅力、またおつまみとの合わせ方などもアドバイスさせていただき、地元の優しい皆さまの拍手にあたたかい気持ちにさせていただきました。

来場者様 vs ミス日本酒で地酒一升瓶をかけたじゃんけん大会も開催されました。

計4回開催いたしましたが、毎回多くの参加者様が集い、皆さま声を上げてリアクションしてくださり、大きな盛り上がりを見せていたことに、私も終始明るく楽しい気持ちにさせていただきました。

また、鳥取から地元農家の方がいらして野菜やお魚の販売もされていたりと、たっぷりと鳥取県、兵庫県の魅力を味わうことができた2日間となりました。

大阪の皆さまはとてもあたたかく、気さくに接してくださり、イベント中終始響き渡るたくさんの笑い声にぬくもりを感じ、やはり笑顔には大きなパワーをいただけることを実感した今イベントとなりました。

関係者の皆さま、この度はこのような素晴らしいイベントのお手伝いをさせていただき、ありがとうございました。

2018 ミス日本酒 準グランプリ 児玉アメリア彩

[for English speakers]

 

Hello, everyone. This is Aya Amelia Kodama, 2018 Miss SAKE JAPAN runner up.

On April 26 and 27th,  “Kirin no Machi Sake Fair” was held at Nakanoshima Festival Tower in Osaka prefecture and I participated as a guest.

“Kirin no Machi (the Town of ‘Kirin’)” is an antenna shop of Tottori Prefecture and Hyogo prefecture and we can enjoy fresh ingredients, special products, and local sake there.

An eat-in space is prepared in the shop, where we can feel free to enjoy local ingredients throughout lunch and dinner.

It was the 1st anniversary of the opening of this shop, so this event was held to celebrate it and to introduce the delicious food and sake to new customers.

Local sake and Kirin’s popular food were prepared for tasting. I was glad to see many people gather.

I gave a talk show about the activities of Miss SAKE, as well as my impressions of Tottori sake. I gave some advices too about pairing local food with local sake.

I felt greatly excited to see many guests enjoying their time tasting them and this event became a wonderful experience to get to realise everyone in Osaka to be very warm and friendly.

Thank you very much everyone, for giving me a chance to attend such a wonderful event.

2018 Miss SAKE runner up, Aya Amelia Kodama

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 『2021 Miss SAKE 愛知大会』グランプリに松崎未侑(まつざき みゆ)…

    2020.12.14
  2. 2020 Miss SAKE Japanグランプリは、北海道代表 松井詩さんに決…

    2020.07.06
  3. 「第3回 新茶振舞&町屋音楽祭 村上新茶めぐり」に2019 Miss SAKE …

    2019.06.15
  4. 「この国が持続可能であるために」2023 Miss SAKE 岐阜 高田蘭子

    2023.05.12
  5. 「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2023」にて、2022 Miss SAK…

    2023.03.08
  6. 第2回ナデシコプログラムレポート 〜Miss SAKEとしての身だしなみ、発信力…

    2023.03.24

Miss SAKEとは?

2023 Miss SAKE Japan ファイナリスト

2023 Miss SAKE 最終選考会 Full Movie

2022 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Mr SAKE

Mr SAKE

最近の記事

PAGE TOP
Translate »