ヘッダーメッセージ

Miss SAKE News/Blog

千代むすび酒造様の『KURA ONE TRIP.』PR動画に2020 Miss SAKE 鳥取 永井里香が出演いたしました。

皆様、こんにちは。
2020 Miss SAKE 鳥取 永井里香です。

山陰にしては珍しくクリアな青空が広がった11月14日(月)、鳥取県境港市にて、地域と世界をつなぐ『KURA ONE』のPR動画『KURA ONE TRIP.』の動画撮影に参加いたしました。

2020 Miss SAKE 鳥取 永井里香

『KURA ONE』とは、国内外受賞歴のある全国の日本酒を180mlのアルミ缶に込めたアイディーテンジャパン株式会社様の商品で、国内はもちろん世界100ヶ国以上への展開を予定されているものです。

『KURA ONE』の特徴は、かわいくてスタイリッシュなデザイン、エコな循環型素材のアルミ缶使用、日本酒を飲んだことがない若い世代や海外の方に手軽に/身近に日本酒のある暮らしを感じてもらうことなどで、小さな酒蔵のお酒を世界に届け、世界中の小さなニーズに応えることを目的としています。

撮影後記(日本語)https://note.com/katsunarisawada/n/nd483d2f9dfa4
撮影後記(英語)https://note.com/katsunarisawada/n/n063fee1082f8

「KURA ONE」:KURA ONE – Authentic Sake Delivered to Your Home

note「180mL日本酒アルミ缶ブランド「KURA ONE」の挑戦」
日本語: https://note.com/katsunarisawada/m/me654bdcc216f
英語: https://note.com/katsunarisawada/m/m876ba6da5060

KURA ONE Instagram: https://www.instagram.com/kuraone.sake/

このたび、千代むすび酒造様の「千代むすび 五百万石 純米」と「千代むすび じゅんから 純米辛口」の2銘柄が『KURA ONE』商品化されましたので、そのPRのため、境港市の夢みなとタワー、JR境線、千代むすび酒造にて動画撮影を行いました。

2020 Miss SAKE 鳥取 永井里香

境港市には祖父母の家があり、幼い頃からJR境線に乗って訪れていた思い出深い場所です。

そうした馴染みのある地での撮影に参加させていただき、とても嬉しく、貴重な体験をすることができました。

夢みなとタワーは、1997年に開催されたジャパンエキスポ’97鳥取「山陰・夢みなと博覧会」のシンボルとして建築され、現在では境港のランドマークタワーとなっています。

2020 Miss SAKE 鳥取 永井里香

全面ガラス張りの43メートルのタワーですが、鉄柱とリングからなる白い骨組みの「テンセグリティ構造」を用いた構造物では世界一の高さであるといわれています。

テンセグリティ構造

撮影日はとても綺麗に晴れていたため、空の青とタワーの白、そしてタワーから望む日本海がキラキラと輝き、とても美しい風景を織りなしていました。

夢みなとタワーでの撮影を終えた後、最終撮影地の千代むすび酒造へ行くまでにどこか他に良い撮影場所ないかと一緒にご相談し、私もよく利用しているJR境線の乗車シーンを撮影することになりました。

JR境線高松町駅にて

境線は、米子市の米子駅から境港市の境港駅までを約40分で繋ぐ単線です。境港市出身の漫画家・水木しげる氏の代表作「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクターが描かれた鬼太郎列車シリーズが観光客の方にも楽しまれており、各駅に妖怪の名前の愛称が付けられているほか、車内放送も鬼太郎やねこ娘の声になっているなど、とても趣向が凝らされた列車です。

1時間に1本程度しか本数がないのですが、撮影のタイミングがちょうど良く合ったのは本当に奇跡的でした。

夢みなとタワー最寄りの高松町駅・愛称「すねこすり駅」から千代むすび酒造の最寄りの境港駅・愛称「鬼太郎駅」までのおよそ10分間、のどかな景色を背景に車窓を望むシーンの撮影をすることができました。

境線

境港駅に降り立ち、向かった先はメインの千代むすび酒造です。

千代むすび酒造様は、慶応元年(1865)創業のとても歴史のある酒蔵です。第二次世界大戦中に近くで起きた船舶の爆発事故により全壊してしまったところから再建を果たし、現在では海外にも子会社を設立するなどとても躍進されています。

観光名所である「水木しげるロード」の通りに立地していることから、観光客の方も立ち寄りやすいスポットとなっており、酒蔵併設の売店や角打ちスペースが充実しています。

角打ちの撮影スポット

撮影日も多くの観光客の方が訪れており、高齢の方からお子さんまで賑わう中での撮影となりました。

酒蔵の大きさを表現するための外観のシーン、売店や角打ちでのシーン、酒蔵の一角で『KURA ONE』を愛でるシーンなどたくさん撮影していただきました。

『KURA ONE』を愛でるシーン

全体としては1分程度の動画となる予定だそうですが、その中に数秒散りばめる私の出演シーンのためにとてもご丁寧に撮影をしていただきました。

途中でポーズのアドバイスをいただいたり、撮影した動画の確認をさせていただいたりしながら、始終あたたかいお言葉をいただきとても励みになりました。

最後になりましたが、貴重な機会をいただきましたアイディーテンジャパン株式会社の澤田且成様、撮影をしていただきました株式会社OICHOCの八幡清信様、千代むすび酒造の岡空総様、売店スタッフの皆様、どうもありがとうございました。

『KURA ONE』と千代むすび酒造にある水木しげる氏の原画

『KURA ONE』 の今後の世界展開へのご活躍をお祈りしております。 

2020 Miss SAKE 鳥取 永井里香

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. Miss SAKEがオススメする「日本酒と楽しむ”牡蠣鍋”」(レシピあり)

    2021.12.14
  2. ZIP-FM様「SWEET VOX」に、2021 Miss SAKEがゲスト出演…

    2021.09.02
  3. 【第17回「世界鷹 ささの会」〜地酒を楽しむ集い〜】に、2022 Miss SA…

    2023.01.19
  4. GALERA Food Market TACHIKAWAグランドオープンに、20…

    2021.12.22
  5. 『白鶴 銀座天空農園』白鶴錦 稲刈りイベントに2020 Miss SAKE松井詩…

    2020.10.21
  6. 『水都おおさか森林の市2018』に2018 ミス日本酒 須藤亜紗実が参加して参り…

    2018.10.30

2022 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

Miss SAKEとは?

2022 Miss SAKE Japan ファイナリスト

2022 Miss SAKE 最終選考会 Full Movie

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Mr SAKE

Mr SAKE

最近の記事

PAGE TOP
Translate »