Miss SAKE News/Blog

第十一回ナデシコプログラム「心の作り方/How to make up my mind」2024 Miss SAKE 長野 宮澤麗*English follows

こんにちは。2024 Miss SAKE 長野 宮澤麗です。

2024年4月27日 第十一回ナデシコプログラムが開催されました。

今回の講義を通して「心の作り方」を学びました。

思いやりをを持ってください/意識してくださいと言われた経験はありませんか?私は幼い頃に言われた経験がありますが、どうやったら意識し続けたり、その心を自発的に持てるか答えが持てていませんでした。

ですが、本日の講義を受け、自分の中でその答えを出すことができ多様に感じます。

 

  • いけばな~2024年それ以降に向けて~(未生流 笹岡隆甫様)
  • 理学療法士が推薦するお酒との付き合い方 〜実践むくみ解消メソッド〜(株式会社インダストリアル・リエイゾン 専務、Joy of Sake Tokyo 事務局、理学療法士 松井理絵子様)
  • 日本酒表現 English version(2023 Miss SAKE 山田琴子様)

いけばな~2024年それ以降に向けて~(未生流 笹岡隆甫様)

未生流笹岡隆甫様より、生花とは本質的にどのようなものであるか、笹岡様がどの様に生花を学んできたのか、作品の紹介を通して、生花の心を教えていただきました。小学生へも生花を教える活動をしており、日本文化の継承をしていらっしゃいます。

〜教えていただいたこと〜

⚫︎生花について

笹岡様は先代のお祖父様に生花の指導を受けていらっしゃいました。お祖父様やお祖父様と同世代の方たちとお稽古をされ、幼い頃から花を美しく輝かせること以上に大切なことがあるということを学んだそうです。余ったお花や、傷んだお花を捨てるときに、ただゴミ箱へ捨てるのではなく半紙に包んで日本酒をかけて清めてから廃棄していたとのこと。生花はただのアートではなく、自然に対する感謝の気持ちや供養をすることまでも含めて生花であるということを教えていただきました。

生花は、花に関わる大地・宇宙・太陽、そして天地創造以前に対して想像して花をいけることであると江戸時代から言われています。

目に見えない哲学的な部分を花で表現する

それが生花です。

 

⚫︎未生流について

最小限の要素で豊かなものを作ることをテーマとしており、伝統と革新を兼ね備えた流派です。伝統=基本の土台として、「型を破る」ことで革新していく、時代に合う新しい美しさを追求していらっしゃいます。文化遺産を始め、ファッションブランドやリノベ物件とコラボをし花をいけるなど、精力的に活動していらっしゃる笹岡様は、学生へも学びの場を提供していらっしゃいます。

 

〜学び/感じたこと〜

日本文化を伝承するということは、見えているものそのものを伝えるだけでなく、どういった心持ちで行うものなのか、その心持ちを知ることで何を学べるかまで伝えることが伝統の継承であるのだと考えました。そして、花瓶に花をいけ、その完成形を楽しむだけでなく、作る過程をも表現の一部なのであると感じます。それは、完成している洗練されたものだけでなく、四季のように時間経過やうつろいに趣を見出していた日本人の心をうつしだしているのではないでしょうか。笹岡様の、「不完全は懐が深い」という言葉が印象に残っております。

また、生花は一度いけて終わりではなく、日々花を差し替えたりカットしたりとメンテナンスが必要です。メンテナンスをする中で、花の傷んだ姿やその過程を見るからこそ、労りや感謝の気持ちが芽生えていきます。これこそが物への思いやりの気持ちを持つ方法なのだと思います。例として、思いやりを持つということを意識しても本当の思いやりとはなんなのか、思いやりを持つとどんな心情や行動の変化があるのか理解できると、本質を捉えることができるのではないでしょうか。

講義の中で、「引き出しを増やすために何を意識しているか?」と質問させていただきました。先生からは、「自分が主体的にやりたい、みたいと思うものに足を運ぶ」という答えをいただきました。実際にその場まで、労力をかけて足を運び、目でみて感じることが大切なのだというメッセージを受け取りました。

理学療法士が推薦するお酒との付き合い方 〜実践むくみ解消メソッド〜(株式会社インダストリアル・リエイゾン 専務、Joy of Sake Tokyo 事務局、理学療法士 松井理絵子様)

松井様は、日本酒への啓蒙を図ることを目的とした非営利団体ジョイ・オブ・サケの事務局を務めていらっしゃいます。ジョイ・オブ・サケは名前の通り日本酒を理解する一番良い方法は、実際にさまざまな日本酒を味わってみることとして、一年を通してきき酒のプログラムを実施したり、全米日本酒歓評会とした日本国外最大の日本酒イベントを世界各都市で毎年開催していらっしゃいます。

〜教えていただいたこと〜

イベントの企画運営のみならず、日本酒の輸出業も行っている松井様。なぜ輸出することのハードルが高いのか教えていただきました。理由としては

・規制が面倒(お酒のみならず、ラベルにも規制が定められている)

・州ごとに免許が異なる

・鮮度を維持した輸送の難しさ

理学療法士という側面も持っていらっしゃったとのことで、様々なむくみ解消メソッドを教えていただきました!皆さまにも共有です。私は目から鱗だったのでぜひみてくださいね。

・冷えは万病の元、様々な首を温めると良い

⇒各首が血流を司っており、そこを温めることで血行をよくする

・肋骨周りを優しく揉む

⇒呼吸が深くなり、結果的に全身に酸素が巡る

・水を飲んでも浮腫まない、水は積極的に摂取

⇒むくみのメカニズムは組織間液に水分が染み出すこと。水を飲むだけでは染み出さない。

・お酒のお供には果物がおすすめ

⇒水分のみならずカリウム(細胞の浸透圧を維持する成分)も接種できるため、むくみ予防ができる

そして、目玉のマッサージ法です。以下に記載するもの全て力を入れることは不要です!力を抜いてやってみてください。

①足の甲の骨を一本一本動かす。

②足の甲をまっすぐにした状態で踵を手で固定し、小指側に向かってじっくり押す。

③股関節のくぼみ箇所を優しくなでる。

④太もも前後を下から上にさすり、股関節のくぼみ箇所まで流し、再度くぼみ箇所を優しくなでる。

⑤ひざの裏関節の部分を優しくなでる。

⑥ふくらはぎを下から上にさすり、膝の裏関節部分まで流し、再度優しくなでる。

⑦④を再度行う。

 

〜学び/感じたこと〜

マッサージは上述の通り、目から鱗でした。いつも力を入れて筋肉をほぐすようにマッサージしており、それで疲れがたまってしまうので、マッサージで疲れが取れるのか疲れるのか本末転倒な状態になってしまうときもありました。ですが本日教えていただいたマッサージは、本当に力を入れず、何なら撫でてるだけ。それだけで効果を感じるので驚きですよね。

私の施術前後です。左がafter、右がbeforeです。血色が全然違いますよね。リンパの滞りが解消され、巡り出した感覚がありました。また、帰宅し母にもやってあげました!私と同じようにこれだけで!?と効果に驚いていたので、是非皆さんもやってみてください。

輸出に関するお話からは、鮮度を維持した輸送が困難であり、輸出量増加の妨げになっていいる話を踏まえ、日本の酒販店や飲食店が日本酒の保管方法を正しく知り、リスペクトを持っているのだろうと感じます。日本ではお酒を美味しくいただけるお店が当たり前のように沢山あること、幸せなことですね。

そしてお酒のお供には果物がおすすめというところですが、なかなかフレッシュフルーツと相性が良いお酒が思い浮かばないと思った方もいらっしゃるかもしれません。私のおすすめはフルーティー系(その中でもさわやかなリンゴやマスカット系)と、苺等甘くてすっきりしている果物を合わせることです。是非お試しください。

日本酒表現 English version(2023 Miss SAKE 山田琴子様)

英語堪能な山田様より、日本酒に係る英語表現方法を教えていただきました。表現方法だけでなく、実体験をもってどの様なことを海外の方が知りたいのかという点についても教えていただいたように感じます。

自己紹介や代表県の特色について、これから聞かれるシーンが増えることを想定し、日本語でも英語でもどの様なことを要素として伝えたいか日本語と英語で考えました。

特に代表県の特色については、山田様の沢山の海外での活動を踏まえ、どんな要素があると伝わるか/覚えてもらえるかも教えていただきました。

今まで海外の方とお話をした際は、

「Miss SAKE は日本酒と日本文化を発信するアンバサダーです」

”Miss SAKE is Ambassador of Japanese SAKE and culture.”

といったレベル感でしかお話できていませんでしたが、今後は

「私たちはMiss SAKEと呼ばれているけれども、日本酒は日本文化をよく知るための入り口になることから、SAKEのみならず日本文化全体をも広げることを狙いとしています」

”We are named Miss SAKE but we represent all Japanese culture, cause Japanese SAKE is a great entry way to dive into Japanese culture ”

といった、Miss SAKEとしての活動意義の部分までお伝えするようにしたいと思っております。

また、製造過程や日本酒の歴史、種類、楽しみ方まで、幅広く英語で表現する方法を教えていただきました。英語では日本語の絶妙なニュアンスを完全に伝えることは難しいですが、WSET Level3をベースとした大変勉強になる講義でした。

味わいを表現する際に、「キレがある」という表現をしばしばしますが、海外でよく飲まれるワインと比較すると、ワインではキレのあるものより、香りや味わいの余韻が長く続く方が良いとされており、この様な認識の差異を知った上で周知しなければなりません。

更に同じ辛口でも、淡麗系はDry、しっかり目系はSpicyと表現します。繊細な日本語を英語に直訳することは難しく、うまく伝わらない可能性もあるため、海外の方にわかりやすく伝えるための学びを重ねなければならないと感じています。 

Screenshot

さて、本日はうどんすきという、大阪の鍋をいただきました。うどんすきとは、鍋にうどんを入れ、鶏肉や海老、野菜など沢山の具材と一緒に煮込んだ鍋です。副菜には白和えと牛タンたたきもろみ添え。どれも大変美味しくいただきました。

そしてお待ちかねの全国の日本酒です!ひとつひとつ丁寧に飲んでは味わいをメモする私でした。私は、土屋酒造さんの亀の海を持参しました。日本文化に触れていると、「伝統と革新」という言葉に触れます。土屋酒造さんは伝統と革新をテーマに酒造りをされていることから、こちらを選びました。

美味しく楽しく飲んでいる姿を見て、とても幸せな気持ちになりました。1つのお酒を皆で囲み、そこからまた新しい輪が広がってゆく。日本酒の縁を繋ぐ力を再確認しました。

 

講師の皆さま、本日も素敵な学びの場を提供くださり、誠にありがとうございました。

2024 Miss SAKE 長野 宮澤麗

 

—————————-

Hi, my name is Urara Miyazawa, 2024 Miss SAKE Nagano.

The 11th Nadeshiko Program was held on April 27, 2024. Through this lecture, we learned “how to create a heart”. Have you ever had the experience of being told to have/be aware of compassion? I had an experience of being told to be compassionate when I was a child, but I did not have an answer on how to keep being aware of it or how to have that mind spontaneously. However, after today’s lecture, I feel that I have been able to find the answer to this question within myself.

  • Ikebana: Toward 2024 and Beyond (Mr.Ryuho Sasaoka, Misyo-ryu)
  • How to deal with alcohol recommended by a physiotherapist – Practical swelling reduction method (Ms. Rieko Matsui, physiotherapist, Executive Director of Industrial Liaison Co.)
  • Sake Expression English version (Ms. Kotoko Yamada, 2023 Miss SAKE)

Ikebana – Toward 2024 and Beyond (Mr. Ryuho Sasaoka, Misyo-ryu)

Mr. Ryuho Sasaoka of the Misyo-Ryu school taught us what ikebana essentially is, how he learned ikebana, and the heart of ikebana through the introduction of his works. He also teaches ikebana to elementary school students to pass on Japanese culture.

〜What he taught us about ikebana

⚫︎About Ikebana

Mr. Sasaoka was taught ikebana by his grandfather before him. He learned from his grandfather and others of the same generation that there is more to ikebana than just making flowers beautiful and bright. When he threw away excess or damaged flowers, he did not just throw them in the trash, but wrapped them in half-wrapped paper and poured sake over them to purify them before discarding them. He taught us that ikebana is not only art, but also includes gratitude to nature and memorial services.

Since the Edo period (1603-1867), it has been said that ikebana is the act of arranging flowers in the imagination of the earth, the universe, the sun, and the pre-creation period, all of which are related to flowers.

Ikebana expresses the invisible philosophical aspects of flowers.

That is what Ikebana is all about.

⚫︎About Misyo-ryu

Misyo-ryu is a school that combines tradition and innovation, with the theme of creating something rich with a minimum of elements. With tradition as the basic foundation, Misyo-ryu innovates by “breaking the mold” and pursues a new beauty that fits the times. Mr. Sasaoka, who is actively involved in cultural heritage sites, collaborates with fashion brands and renovated properties to create flower arrangements, and also provides learning opportunities for students.

 

〜What I learned and felt

I thought that passing on Japanese culture means not only passing on what we can see, but also passing on the traditions by telling people how it is done and what they can learn by knowing how it is done. I also feel that the process of creating flowers in a vase is part of the expression, not just the enjoyment of the finished product. This is not only a refined, finished product, but also a reflection of the Japanese mind, which finds its flavor in the passage of time and the change of seasons. Mr. Sasaoka’s words, “Imperfection is the deepest nostalgia,” left a deep impression on me.

Ikebana does not end once it is arranged, but requires daily maintenance, such as replacing or cutting the flowers. In the process of maintenance, we see the damage and the process of flower arranging, and that is when we begin to feel gratitude and appreciation for the flowers. This is the way to have a sense of compassion for things. As an example, if we can understand what true compassion is even if we are aware of having compassion, and what kind of change in feelings and behavior occurs when we have compassion, we will be able to capture the essence of the concept.

During the lecture, I asked, “What are you aware of in order to increase your drawers?” I asked. Mr. Sasaoka answered, “I visit things that I want to do or want to see on my own initiative. I received the message that it is important to take the effort to actually go to the place, see it with your own eyes, and feel it.

 

How to deal with alcohol recommended by a physiotherapist – Practical swelling reduction method (Ms. Rieko Matsui, physiotherapist, Executive Director of Industrial Liaison Co.)

 

Ms. Matsui is the Executive Director of Joy of Sake, a non-profit organization dedicated to promoting sake awareness. As the name suggests, the best way to understand sake is to actually taste a variety of sake, so Joy of Sake holds sake tasting programs throughout the year and hosts the largest sake event outside of Japan, the National Sake Competition, in cities around the world each year.

〜What She taught us

You not only plan and organize events, but you also export sake. She told us why it is so difficult to export sake. The reasons are

Regulations are cumbersome (not only for sake, but also for labels).

Licenses differ from state to state.

Difficulty in transportation to maintain freshness.

She told us that he was also a physiotherapist and taught us various methods to reduce swelling! I shared them with everyone. I found it to be an eye-opener, so please take a look.

Cold is the cause of all illnesses, so it is good to warm up various necks.

⇒Each neck controls blood flow, and warming them improves blood circulation.

Gently rub around the ribs.

⇒Deepen breathing, and as a result, oxygen is circulated throughout the body.

Drink water to prevent edema.

⇒The mechanism of swelling is that water seeps into the interstitial fluid. Drinking water alone does not cause seepage.

Fruits are recommended to accompany alcoholic drinks

⇒It inoculates not only water but also potassium (an ingredient that maintains cell osmotic pressure), which helps prevent swelling.

And the highlight is the massage method. All of the following do not require force! Just relax and try it.

①Move the bones of the instep one by one.

② Fix your heel with your hand while keeping the instep straight and press slowly toward the side of the little toe.

③Gently stroke the hollow point of the hip joint.

④Rub the front and back of the thigh from bottom to top until you reach the hollow point of the hip joint, and then gently stroke the hollow point again.

⑤Gently stroke the back joint of the knee.

⑥Gently rub the calf from bottom to top, down to the joint at the back of the knee, and then gently stroke it again.

⑦ Repeat ④.

 

〜What I learned/felt

As mentioned above, the massage was an eye-opener. I have always massaged my muscles with a lot of force, and that makes me tired, so I sometimes end up in a state where I don’t know if the massage will relieve my tiredness or not. However, the massage you taught me today really doesn’t require much effort, just stroking if you will. It is amazing to feel the effect just by doing that, isn’t it?

Here are before and after my treatment. The left is after and the right is before. The blood color is totally different. I felt that the stagnation of the lymphatic system had been eliminated and the lymphatic circulation had started to improve. I also went home and gave it to my mother! She was surprised at the effect of this alone, just like me! She was surprised at the results, so I encourage everyone to give it a try.

Based on the story about exports and the difficulty in transporting sake while maintaining freshness, which is hindering the increase in export volume, I feel that Japanese sake retailers and restaurants must know and respect the proper way to store sake. It is a blessing that there are so many restaurants in Japan where one can enjoy sake as a matter of course.

And as for the part about recommending fruit to accompany sake, some of you may be thinking that it is difficult to think of a sake that goes well with fresh fruit. My recommendation is to combine fruity fruits (especially refreshing apples and muscats) with sweet and refreshing fruits such as strawberries. Please give it a try.

 

Sake Expression English version (Ms. Kotoko Yamada, 2023 Miss SAKE)

Ms. Yamada, who is fluent in English, taught us how to express ourselves in English regarding Japanese sake. I feel that he taught us not only how to express ourselves, but also what foreign people would like to know about us through his actual experience.

In anticipation of the increasing number of occasions in which I will be asked about my self-introduction and the characteristics of the representative prefecture, I thought about what elements I would like to convey in both Japanese and English.

In particular, Ms. Yamada told us about the characteristics of the representative prefectures and what elements would help people understand and remember them, based on his many overseas activities.

When I have talked with people from overseas, I said, 

“Miss SAKE is Ambassador of Japanese SAKE and culture.”

But from now on, I would like to say something like this

“We are named Miss SAKE but we represent all Japanese culture, cause Japanese SAKE is a great entry way to dive into Japanese culture”.

We have also been taught how to express in English a wide range of information about the manufacturing process, the history of sake, the types of sake, and even how to enjoy sake. It is difficult to fully convey the exquisite nuances of Japanese in English, but this was a very informative lecture based on WSET Level 3.

When describing flavors, we often use the expression “sharp,” but compared to wines often drunk overseas, wines with a long-lasting aroma and flavor are considered better than those with a sharp taste, and we must be aware of this difference in perception before making it known.

Even within the same category of dry taste, light one is described as “dry” and strong one is described as “spicy. It is difficult to translate delicate Japanese directly into English, and there is a possibility that it may not be conveyed well, so I feel that we must continue to learn how to communicate in a way that is easy for people overseas to understand. 

 

Today, we had a nabe called udon suki, which is a hot pot in Osaka. Udon-suki is a nabe dish in which udon noodles are placed in a pot and simmered with many other ingredients such as chicken, shrimp, and vegetables. For side dishes, we had tofu paste and beef tongue tataki with moromi. All were very tasty.

Then came the long-awaited sake from all over Japan! I carefully drank each sake and took notes of the flavors. I brought a bottle of Tsuchiya Sake Brewery’s Kame no Umi. When you are exposed to Japanese culture, you come across the words “tradition and innovation. I chose this one because Tsuchiya Shuzo brews sake under the theme of tradition and innovation.

I felt very happy when I saw people enjoying drinking sake, and I felt a new circle of friends spreading out from there. It reaffirmed the power of sake to connect people together.

Thank you to all the lecturers for providing us with another wonderful learning opportunity.

2024 Miss SAKE Nagano Urara Miyazawa

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 『第19回 和酒フェス in 中目黒』に、2022 Miss SAKE 磯部里紗…

  2. 2024 Miss SAKE 大阪 南侑里 第5回ナデシコプログラムレポート …

  3. Miss SAKE 岐阜大会が初開催され、2023 Miss SAKE 岐阜に高…

  4. 「越後の美酒美食スペシャルディナーブッフェクルーズ」に、2021 Miss SA…

  5. 第11回ナデシコプログラム~今後の活動を見据えた学び~ 2024 Miss SA…

  6. 敷嶋「亀崎酒蔵祭」に、2021 Miss SAKEが出演いたしました。

2024 Miss SAKE Japan ファイナリスト

2023 Miss SAKE 最終選考会 Full Movie

2023 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Mrs SAKE

Mr SAKE

Mr SAKE

最近の記事

PAGE TOP
Translate »