Miss SAKE News/Blog

Miss SAKEオススメ!『日本酒に合う塩ハンバーグ』うま味溢れる至福のペアリングをご紹介します。

ハンバーグと日本酒って合うの?」なんていう声が聞こえてきそうですが、ハッキリと言わせていただきます。

「最高に合います!」

特にソースを使わないこちらの塩ハンバーグは格別です。
そんな塩ハンバーグを皆様にも味わっていただきたい!それもおうちで!!
そんなお取寄せグルメですでに反響を呼んでいる塩ハンバーグはこちらで購入可能です!

おうちで至福の日本酒ペアリングできるお取寄せグルメ、独自開発の塩と厳選された素材で仕込まれた塩ハンバーグを皆様へ

[English follows]


皆さま、こんにちは。

2020 Miss SAKEの松井詩です。

日本酒に合う「塩ハンバーグ」があるということで、自由が丘駅より徒歩3分の場所にお店を構える「(自由が丘)ワインと肉料理オーグ-ORG」の方へお邪魔しました。

(自由が丘)ワインと肉料理オーグ-ORG

階段を上がった二階に、広々とした店内が広がっておりました。

シェフを務める水口敏也氏は以前から、人々の生活を充実させることに興味を持っており、当初はアパレル業界に身を置かれておりました。
その後、ご活躍の場を飲食の道に移し他店で経験を経て、2019年5月に自身がプロデュースするダイニングバーを開店されました。

シェフを務める水口敏也氏と

カウンターと広々としたテーブル席を備え、おひとりさまから団体様まで対応可能なオーグ-ORG様では厳選したお肉と旬な野菜をリーズナブルな価格帯での提供を実現。
老若男女問わず、多くの方に楽しんでいただける空間となっております。

この日は水口氏自慢の、【日本酒】とのペアリングが楽しめる【塩ハンバーグ】を心ゆくまで堪能させていただきました。

鉄板の上でアツアツの状態で提供される塩ハンバーグからは、スパイスとお肉の香りがふわりと鼻孔をくすぐります。

思わず顔がほころぶその香りを楽しみながら、ナイフを入れ、一口。

口に含むと、溢れんばかりの肉汁で口がいっぱいに。

それもそのはず、こちらのハンバーグはナイフを入れても、肉汁が溢れません。

お口のなかでこそおいしさが広がってほしいとの熱い思いから、うま味(=肉汁)は素材に閉じ込めるべく、緻密に計算された独自の製法で作られているのです。

塩とスパイスのシンプルながら、肉の旨味を最大限引き延ばす奥深い味わい。

これを実現する鍵となるのは、これまた計算され尽くされた国産/US牛と玉ねぎの配合量と、独自開発であるお塩です。

玉ねぎの甘味と、独自開発のお塩の塩味。それらにより引き出されるお肉の旨味。

口いっぱいに広がるその味わいはまさに至福のひと時でした。

肉感を思う存分楽しんでいる中、ご提供いただいたのは純米吟醸酒の【雪の茅舎】


こちらのお酒を、ハンバーグを頂いた後に口に含むと、上品な香りと心地よい酸味がハンバーグの複雑な味わいを包み込んでいるように感じました。

またお米由来の綺麗で淡白な旨みと、お肉の脂の甘味が見事に合わさり、口の中で重なってほどけていきました。

【ハンバーグ】と【純米吟醸酒】とのペアリングは、『お口の中の脂を日本酒が洗い流すことによってインターバルとなり』、また一口忘れられないお肉の感動を味わいたいと、『口内において永遠のループが繰り広げられる』これまでにない驚きの体験でした。

美味しいハンバーグと、美味しい日本酒を心ゆくまで堪能させていただき、幸福に満ち溢れた一時。

忘れられないペアリング体験をさせて頂いた、こちらの【塩ハンバーグ】は、なんとお取り寄せが可能となっております。

ご自宅では湯煎して焼き色を付けるだけで、お店の味がなんとご自宅で再現可能です。

またソースを使用しておりませんので、目玉焼きをのせてマイルドに、おつまみ用に大根おろしと合わせたり、デミグラスソースでロコモコ風にと、 アレンジもお手軽にお楽しみいただけます。

購入はこちらからご注文頂けます

ぜひ皆様もご自宅での団欒の際に、その感動を味わってみてください!

お料理をご提供くださった水口敏也氏、オーグの皆様、そして東京夜市の皆様、この度は素敵な時間を誠にありがとうございました。

2020 Miss SAKE 松井詩

『(自由が丘)ワインと肉料理オーグ-ORG』

住所 〒152-0035  東京都目黒区自由が丘2-11-9 2F
時間 11:30~15:00 17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 不定休日あり
TEL 050-5597-9289

『大人の中華 東京夜市 <ネットショップ運営店>』

住所 東京都世田谷区深沢5-6-16
時間 18:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 月曜日、(臨時休業日あり)
TEL 050-5596-8274

 

[For English Speakers]

On the 28th of November,  visited “ORG” a restaurant located in Jiyugaoka, enjoyed [Salt Hamburg Steak] along with Sake.

Hello everyone, this is Shihori Matsui 2020 Miss SAKE Japan.

On the 28th of November, I have visited “ORG” a restaurant located in Jiyugaoka.

Dining restaurant Org, was opened in May 2019, by Chief Mr. Mizuguchi.

This day I had a combination of Sake with [Salt Hamburg Steak]- one of the main dish from Org.

The first bites made it clear that the tasting session would be full of surprises.

Tender slices of Hamgurg steak along with “Yuki-no-kasha” Junmai Ginjo was a splendid combination.

Sake contains various umami ingredients such as sugar, organic acids, and amino acids.

Amino acids give sake richness and umami, and are expressed by the numerical value of amino acid content.

Sake contains about 20 types of amino acids that are generated during fermentation, and one of them is “glutamic acid”.

And meat contains an umami ingredient called “inosinic acid”.

Due to the synergistic effect of glutamic acid and inosinic acid, I was astonished by the combination of Hamburg steak and Sake.

The amazing mouth watering Salt Hamburg Steak I enjoyed this day, can be ordered online.

Please enjoy this tasty dish at home!

Thank you Mr.Mizuguchi and all the people from Restaurant Org for an amazing day.

Shihori Matsui, 2020 Miss SAKE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数量限定!400年もの歳月をかけて湧き出した雪峰月山の伏流水を使用したこの冬しぼりたての純米吟醸 生酒!【月山酒造】×【Miss SAKE】

【獣医師を目指す】Miss SAKEのサステイナブルな習慣をご紹介:天然成分100%草ストロー

関連記事

  1. 英語で学ぶ『日本酒の造り方 (How to Brew Japanese SAKE…

    2019.06.27
  2. 『うまいもんと伏見の酒まつり in 天満橋 スペシャルクルーズ』に2019 Mi…

    2019.10.02
  3. 南部杜氏発祥の地・岩手県紫波郡紫波町の高橋酒造店様に2018 ミス日本酒 須藤亜…

    2018.07.02
  4. 国税庁様の元へ2018 ミス日本酒 須藤亜紗実が表敬訪問に伺って参りました。

    2018.12.05
  5. 地酒イベント【SAKE Fes in 上田】に、2019 Miss SAKE 長…

    2019.06.04
  6. 『ひょうごの食材に合うお酒のコンテスト』ひょうごのお酒の味比べ 〜兵庫の土地に酒…

    2020.11.16

Miss SAKEについて

About Miss SAKE

2020 Miss SAKE 最終選考会 Full Movie

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Miss SAKEメールマガジン

最近の記事

PAGE TOP
Translate »