Miss SAKE blog

『日本水処理生物学会第55回(郡山)大会 懇親会』に2018 ミス日本酒 福島代表 堀井雅世が参加して参りました。

Masayo Horii,2018 Miss SAKE Fukushima participated in a social gathering of the 55th Competition of the Japanese Society of Water Treatment Biology.

皆さん、こんにちは。2018 ミス日本酒 福島代表 堀井雅世です。

11月3日、日本大学工学部キャンパスにて日本水処理生物学会第55回(郡山)大会 懇親会が開催され、参加して参りました。

日本水処理生物学会は「水処理生物学およびそれに関係のある学術の進歩ならびに応用を図る」ことを目的に1964年に設立され、約50年間、学会誌の刊行、講演会・講習会と全国大会の開催など、積極的な活動を続けておられます。

当日は数々の優れた研究発表が行われ、大会終了後の懇親会では県内の魅力溢れるお食事やお飲み物が用意される中、学会賞・論文賞・ベストプレゼンテーション賞の表彰式も行われました。

私は、受賞者の皆様と記念撮影をさせて頂いた他、大変光栄なことにスピーチの機会も頂戴し、ミス日本酒 福島代表として、これまでの活動報告、並びに県産酒のPRをさせて頂きました。

日本酒ブースでは豊富なランナップの地酒を振る舞わせて頂きましたが、お気に入りの日本酒を見つけ、ブースに度々足を運んで下さる方が多く、私自身も有意義で楽しい時間を過ごせた事に感謝しております。

日本水処理生物学会の皆様は、日本酒造りへの関心も大変高く、皆様との会話を通じて、美味しい日本酒には天然の良水が必要不可欠であることを再認識致しました。

福島県は豊かな自然風土に恵まれ、素晴らしい環境で日本酒が造られていることを誇りに思います。

今後も自然に育まれた品質の良い水とともに、県産酒の魅力を一人でも多くの方へ伝えられるよう、活動に励んで参ります。

日本水処理生物学会の皆様、この度は貴重な経験を誠に有難うございました。

2018 ミス日本酒 福島代表 準グランプリ 堀井雅世

[for English speakers]

On November 3, I participated in a social gathering of “the 55th competition of the Japanese Society of Water Treatment Biology” at Nihon University College of Engineering.

The Japanese Society of Water Treatment Biology was founded in 1964 and has been actively engaged in academic journals, publications, lectures, seminars and competitions for nearly 50 years.

At the social gathering, we enjoyed delicious meals and beverages, and award ceremonies were also held for academic awards, dissertation awards and best presentation awards.

I took some memorial photo with the winners, and it was a great honor for me to have a chance to make a speech and introduced various sake brewed in Fukushima Prefecture.

Many students and professors were interested in Japanese sake brewing, and through conversation with them, I once again realized that a good quality of sake lies on the quality of water being used for brewing.

I am proud to say that my home town Fukushima is famous for rich nature and sake brewing.

I will continue to do my best for the activity of Miss SAKE so that many people visit Fukushima and taste delicious sake made from crystal clear water.

Thank you very much for giving me such a wonderful opportunity

Masayo Horii, 2018 Miss SAKE Fukushima 2018 Miss SAKE runner-up

【中文版】

11月3日、第5回(郡山)日本水处理生物学会大会于日本大学工学部校区举办了慰劳会、我参加了这次聚会

日本水处理生物学会是以【推进水处理生物学以及与其相关的学术的进步及应用】为目的于1964年设立的组织。大约50年间、发行学会杂志、开展讲演会、学习会与全国大会等、积极地进行着活动,

在众多优秀的研究发表结束后、在慰劳会上准备了县内非常有魅力的食物与饮品、并且进行了学会奖、论文奖以及最佳汇报奖的颁奖典礼。

我在与受奖者拍纪念照以外、还非常荣幸的获得了演讲的机会。作为Miss日本酒 福岛县的代表、做了关于迄今为止的活动报告和宣传了福岛县产酒。

日本酒展台有我为大家提供了丰富的地产酒、发现了喜欢酒的客人会多次来到展台、我自己也感觉度过了一段非常有意义且快乐的时间。

日本水处理生物学会的各位、对日本酒的制造也非常的关心、通过与各位交谈、再次认识到想要制造美味的日本酒、天然的好水是必不可少的。

福岛县有非常丰厚的自然资源、我为拥有在这样优美的环境里制造出的日本酒而自豪。

今后也会不断努力希望把这天然的好水和县产酒的魅力传达给更多的朋友。

日本水处理生物学会的各位、这次能够给我机会获得如此珍贵的经验非常感谢。

2018 Miss 日本酒大赛 亚军 福岛县代表 堀井雅世

 

国民民主党 幹事長 古川元久様主催『古川元久君を励ます会』に2018 ミス日本酒 須藤亜紗実が参加して参りました。

第3回 大津商人祭り「アキサイ!」に2018 ミス日本酒 準グランプリ 堀井雅世が参加して参りました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP