Miss SAKE blog

北京市内にある北海道料理店「和縁亭」にて『北海道産米・道産酒のPRイベント』が開催され、2018 ミス日本酒 準グランプリ 堀井雅世が参加して参りました。

Masayo Horii,2018 Miss SAKE runner-up participated in a PR event of rice and sake made in Hokkaido at a Japanese restaurant “Waentei” in Beijing city.

皆様、こんにちは。 2018 ミス日本酒 準グランプリ 堀井雅世です。

1220日、北京市内にある北海道料理店『和縁亭』にて北海道産米・道産酒のPRイベントが開催され、2018 ミス日本酒 準グランプリとして参加して参りました。

『和縁亭』は、本場の北海道料理と道産酒を中国で堪能出来る大型の和食店として2013年より北京にてオープン以降、席数300を超える店内は平日でも多くのお客様が訪れております。

当日は、商談会も同時に開催され、中国で日系飲食店を経営されている方々など、特別にご招待されたお客様にご参加頂き、北海道の観光紹介をはじめ、道産酒の試飲や銘柄米「ななつぼし」の試食が行われました。

この度、私は日本の伝統文化である『日本酒』について、そして本イベントのメインである『道産米と道産酒』について、僭越ながら30分ほど講演をさせていただく機会を頂戴し、日本酒の原料、製造方法、ラベルの読み方等、全て中国語でプレゼンテーションをさせて頂きました。

また、日本酒コーナーでは金滴酒造様、小林酒造様、国稀酒造様よりご用意頂きました5種類の地酒を振る舞わせて頂きましたが、多くの方がお気に入りの日本酒を見つけ、保管の仕方や中華料理とのペアリング等ついて、質問して下さり、日本酒に対する興味・理解を深めて頂けた事に大変感謝しております。

日中間での「酒文化」を通して、道産酒の魅力を直接中国の方々へお伝え出来る機会を嬉しく思うのと同時に、現地の皆様との交流や日本酒の嗜好に関するヒアリングを通して、私自身も多くの学びや気付きを得られる有意義な時間を過ごさせて頂きました。

また、イベント前日には、在中華人民共和国日本国大使館に表敬訪問をさせて頂きました。在中国日本国大使館の皆様には、今年4月に開催された在中国日本国大使館本館「大使公邸春の交流会(日中平和友好条約締結40周年記念)」にもご招待いただき、この度再会を果たす事が出来ました事を大変嬉しく思います。

残念ながら、飛行機の遅延により振袖での訪問は叶わなかったものの、温かく歓迎して頂き、事前打ち合わせを通して、中国における道産酒の未来についても様々なお話を伺うことができました。

2日間の中で、改めて国境を越えた「北海道」のブランド力の高さと道産米及び道産酒の持つ新たな可能性を、身を以て実感させて頂く貴重な経験となりました。

今後も、国内外の多くの方々に道産酒の魅力をお伝えできるよう、引き続きミス日本酒の活動に励んで参ります。 主催者の皆様、関係者の皆様、この度はこのような素晴らしいイベントに参加させて頂き、誠に有難うございました。

 2018 ミス日本酒 準グランプリ 堀井雅世

[for English speakers]

On December 20, I participated in a PR event of rice and sake made in Hokkaido at a Japanese restaurant “Waentei” in Beijing city. “Waentei” is one of the biggest Japanese restaurants where you can enjoy authentic Hokkaido food and SAKE in Beijing.

At this event, business meeting was held at the same time, many Chinese guests gathered together and enjoyed tasting of sake, brewed by 3 different sake breweries in Hokkaido. I was very glad that I could hear a lot of expressions of “delicious” from them.

It was a great honor for me to have an opportunity to make a presentations about sake tasting, sake ingredients, and brewing process in Chinese and many guests have deepened interest in Hokkaido.

On the previous day, I participated in the advanced meeting at the Japanese Embassy in Beijing.At the meeting, people from the Japanese Embassy in Beijing welcomed us warmly and taught us the possibility of sake brewed in Hokkaido.  (We also attended the spring reception at ambassador’s residence in April, you can see the details on the reception party from the following link.)

https://www.misssake.org/japanese-embassy-beijing-40th-anniversary/

By participating in this PR event, I once again realized that Hokkaido’s food and sake have high brand power and strongly supported not only in Japan but also overseas.As Miss SAKE, I will continue to make efforts to contribute to the development of sake in china.

Thank you very much for giving me such valuable opportunities.

Masayo Horii, 2018 Miss SAKE runner up

【中文版】

12月20日、于北京市内的北海道料理店「和缘亭」开展了北海道大米、道产酒推介会。我作为2018 Miss日本酒 准冠军 前往参加了这次聚会。

「和缘亭」是一间纯正的北海道风味料理店、可以品尝到正宗的北海道料理和道产酒。作为能够在北京品尝正宗和食、并拥有300余个座位的大型料理店、于2013年在北京开张营业。

当日、商谈会也同时进行、一些被特别招待的客人也到场参加了此次会议。会议开始对北海道的观光做了简单的介绍、并且对道产酒和名牌大米「七星」进行了品尝。这次、我就日本的传统文化「日本酒「」和「道产米和道产酒」进行了30分钟左右的演讲。我用中文为大家介绍了关于日本酒的原料、制造方法、标签的读法等知识。

并且在日本酒展台、我们准备了共5种当地产酒。大家在品尝过后、都表示非常感兴趣、并向我询问了日本酒的保存方法、如何与中华料理配合等。非常感谢大家能够对日本酒持有如此浓厚的兴趣。

并且、在活动前日,有幸再次前往日本驻北京大使馆进行致敬访问、非常高兴能与今年四月【大使公邸春之交流会】时的工作人员们再次相遇。虽然这天非常遗憾由于飞机的延误导致没有办法穿着和服去访问、但是依然收到大家的热情招待、并且就道产酒的未来进行了许多交流。

在这两天里、我再次认识到了“北海道”这个品牌的影响力之大、以及道产酒及道产米的可能性。今后也为了能让更多的朋友了解到道产酒的魅力、我会继续作为Miss日本酒努力下去的。

非常感谢主办方以及相关的工作人员能够邀请我参加如此有意义的活动。

2018 Miss日本酒 准冠军 堀井雅世

 

 

『2019 ミス日本酒 兵庫大会』グランプリに石田まりさんが選ばれました。

朝日新聞 年末『國酒』特集欄にて2018 ミス日本酒の須藤亜紗実のインタビューを掲載して頂きました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP