Miss SAKE blog

2018 ミス日本酒 須藤亜紗実が人間国宝 近藤悠三 記念館【柳水】にて開催された桜barに参加して参りました。

Asami Sudo, 2018 Miss SAKE, joined the “Sakura bar” at RYUSUI -YUZO KONDO Museum- in Kyoto.

[English Follows]

皆様、こんにちは。

2018 ミス日本酒の須藤亜紗実です。

ぽかぽかとした春の陽気に心華やぐ一日となった4月4日、

京都 清水寺のすぐそばに位置する人間国宝 近藤悠三記念館【柳水】にて、

桜をテーマとした日本酒をお楽しみいただけるイベント “桜bar” が開催され、私も参加して参りました。

     

【柳水】は人間国宝でいらっしゃる近藤悠三先生をはじめ近藤家の皆様の芸術作品をご覧いただきながら、併設のバーにてお抹茶や日本酒をお楽しみいただける新しいスタイルの記念館です。

*京都清水寺からすぐにある【柳水】詳細はこちらからどうぞ。

目と鼻の先に清水寺を見上げられる素晴らしい場所に位置しながら、

一歩足を踏み入れるとしばし日常を忘れてしまうような幻想的な空間が広がっています。

    

 

そんな【柳水】で開催された “桜bar” では、この時期にぴったりな桜をイメージした日本酒をご用意させていただきました。

桜の花の酵母で作られた日本酒や、

赤色酵母の働きで桃色をまとった日本酒、

ピンク色のラベルに包まれた春らしい華やかな香りの日本酒など、

この時期にぴったりなラインナップを近藤悠三先生の美しい酒器でお楽しみいただきました。

 

日本酒には味わいや香り、そしてラベルのデザインも含め、

四季を感じられる要素がたくさん散りばめられています。

“季節の変化に応じて楽しみ方を変えながら、その時期ならではの魅力を存分に味わう”

そんな趣深い日本酒の嗜み方は、古くから四季折々の変化を愛でてきた日本人ならではの文化の賜物であるように思います。

 

    

そして一人一人、味わいの好みや感じ方が異なるからこそ、

一杯一杯の日本酒はお越しいただいた皆様の会話に多くの花を咲かせておりました。

“近藤悠三先生の素晴らしい酒器で、季節の日本酒を味わう”

そんな贅沢な日本酒体験に、当日【柳水】にお越しいただいた方々からは多くの喜びのお声をいただきました。

そして、ミス日本酒の顧問でいらっしゃる月の桂-株式会社増田德兵衞商店 代表取締役社長 増田德兵衞様ご夫妻も桜barに足を運んでくださいました。

  

皆様と直接お話ししながら日本酒を味わっていただくことができ、私自身とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

当日お越し頂いた皆様、誠に有難うございました。

 

また、今回の “桜bar” は特別企画でございましたが、【柳水】では日頃よりお抹茶や日本酒を提供していらっしゃいます。

皆様も是非一度、近藤悠三記念館併設バー【柳水】にて、普段とは一味違う『日本文化体験』をお楽しみくださいませ。

2018 ミス日本酒 須藤亜紗実

[for English Speakers]

Hello, everyone.

This is Asami Sudo, 2018 Miss SAKE.

On April 4th, a warm and pleasant spring day, we held “Sakura bar” at RYUSUI-YUZO KONDO Museum- in Kyoto.

    

RYUSUI is a bar space inside the YUZO KONDO Museum, where you can enjoy Japanese sake or green tea while watching the works of Yuzo Kondo.

Yuzo Kondo was a Japanese artist designated as a living national treasure and left a remarkable legacy to Japanese ceramics.

https://ryusui.co.jp

    

The YUZO KONDO Museum was located just outside the gate of Kiyomizu Temple.

As you step in, you can feel a sophisticated and stylish atmosphere.

At the museum, we he held “Sakura bar”, where we served 5 kinds of Japanese sake to give an impression of spring, with sake vessels made by Yuzo Kondo.

 

Our sake lineup included

a sake brewed with sakura yeast ,

pink-colored one by the effects of red yeast,

floral flavored one in a bottle with a pink-colored label and etc.

 

Japanese sake has lots of elements for us to feel the sense of seasons

sometime by its taste and flavor, and sometime by its appearance.

Enjoying different attractions of sake depending on the season.

Such an interesting way of sake tasting seems to be typically Japanese,

as we have long valued the sense of four seasons.

The guests to the Sakura bar enjoyed lively conversations over the various kinds of spring sakes.

And Mr. Masuda who is an adviser of Miss SAKE and the president of TSUKINO KATSURA SAKE, visited us at RYUSUI with his wife, too.

From beginning to end, I could have a precious time talking with the guests, whose smiles and words of thanks made me smile, too.

Thank you very much for visiting us at RYUSUI.

Although the sakura bar was a specially held event, you can always enjoy sake and green tea at RYUSUI in YUZO KONDO Museum.

So, please visit there to experience an elegant and stylish Japanese Culture.

Thank you.

Asami Sudo, 2018 Miss SAKE

2018 ミス日本酒 須藤亜紗実が株式会社 秋田屋様主催『第23回 日本のお酒を味わう会』に参加して参りました。

2018 ミス日本酒 須藤亜紗実、2018 ミス日本酒準グランプリ 児玉アメリア彩、堀井雅世が『2018よい仕事おこしフェア』 地域連携プロジェクト発表会に参加して参りました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP