Miss SAKE blog

「第5回 郷酒フェスタfor WOMEN 2018」 に2018 ミス日本酒 準グランプリ 堀井雅世が参加して参りました。

Masayo Horii, 2018 Miss SAKE runner up joined the “The 5th Satozake festa for WOMEN 2018”

皆様、こんにちは。

2018 ミス日本酒 準グランプリ 堀井雅世です。

9月1日、東京交通会館にて「第5回 郷酒フェスタfor WOMEN 2018」が開催され、2018 ミス日本酒 準グランプリ 堀井雅世が参加して参りました。

「郷酒」とは「酒蔵のある都道府県内、または半径100キロ圏内で生産された米と水から造られた酒」を意味します。

5回目となる同フェスタは故郷が育んだ生粋の地酒「郷酒」を味わう「女性のための郷酒と酒肴の祭典」をテーマに開催され、史上最多となる、全国35蔵、約180種類以上の日本酒、焼酎、リキュールが振る舞われました。

私は日本酒スタイリストとしてMCを務められた島田律子様、日本酒プロデューサーであられる上杉孝久様とともに、御二方のリードのもと、会場内を回り、酒蔵ブースの紹介をさせて頂きました。

各ブースには郷自慢の「酒肴」が用意されており、多くの方々が満面の笑みで「郷酒」とのペアリングを楽しまれていた姿も印象的です。

開演前には、ケーブルテレビ番組の生中継もあり、蔵元様と交流をさせて頂きながら、郷酒に対する想いや情熱をお聞かせ頂き、私自身も胸が熱くなりました。

また、海外からお越し下さった郷酒ファンの方も多く、参加者によって人気銘柄を決める「郷酒大賞」投票の為に熱心に利き酒をされている皆様の様子から、郷酒が国境を越えて注目されていることを、身を以て実感致しました。

南北に長く連なる日本列島は、地域によって文化や風土も様々ですが、故郷の人々によって醸された『郷酒』が一同に集結したこの日は、会場の皆様と心を一つに出来た瞬間であったと思います。

今後もミス日本酒の活動を通して「郷酒」に触れる中で、日本人女性としての豊な心を育み、また発信していけましたら幸いです。

主催者の皆様、関係者の皆様、ご来場者の皆様、この度は素晴らしい機会を頂き、誠に有難うございました。

2018 ミス日本酒 準グランプリ 堀井雅世

[for English speakers]

On September 1, I participated in“The 5th Satozake festa for WOMEN 2018”at the Tokyo traffic Hall.

This event was held with 35 selected sake brewers from all across Japan, and women who visited this day tasted delicious sake, sparkling sake, plum wine and even shochu.

From the beginning, the venue was crowded with many people, and I got a chance to guide each sake booth together with Ms. Ritsuko Shimada the sake stylist, and Mr. Takahisa Uesugi the Sake Producer.

Everyone enjoyed over 180 kinds of local sake with the slected food prepared by sake brewery.

It was a valuable opportunity to once again realize that there are many satozake fans not only in Japan, but around the world.

I felt the joy of being able to connect with many people through satosake.

Thank you very much for participating in a wonderful event this time.

I sincerely appreciate everyone’s support.

Masayo Horii, 2018 Miss Sake runner up

【中文版】

9月1日、在东京交通会馆【第五回 乡酒节for WOMEN 2018】正式拉开帷幕。

我作为2018 Miss日本酒 亚军 参加了这次活动。

所谓「乡酒」指的是在有酒庄的都道府县内、或半径100千米范围内生产的米和水制成的酒。

作为此祭典的第五回活动是以品尝由故乡生产的地道的【乡酒】为目的、以【面向女性的乡酒与菜肴祭典】为主题、聚集了史上最多的全国35家酒庄、约180种以上的日本酒、烧酒以及甜酒。

我与日本酒的专家、主持人岛田律子、上杉孝久一同在场内负责酒庄展台的介绍工作。

各展台都准备了代表性的「酒肴」、许多的来宾满脸笑容的享受着与「乡酒」配对的乐趣。

开演之前、有来自有线电视节目组的直播、在与酒庄负责人交流的过程中让我了解到了各位对乡酒的热情与想法。听了这番话我自身也感到热血沸腾。

并且有很多从海外赶来的乡酒爱好者、大家为了评选出「乡酒大赛」的冠军热心的品酒的样子让我再次切身感受到「乡酒」已经是跨越了国界受到了全世界的瞩目。

虽然贯穿南北的日本列岛、根据地区的不同孕育出不同的风土人情以及文化。

但是由故乡的人们酿造出的「乡酒」今天聚集于此、让我感到在场的所有人的心也都聚集到了一起。

希望今后也能通过Miss日本酒的活动接触到「乡酒」的同时、不断提升自己作为日本女性的优秀品格。

2018 Miss日本酒 亚军 堀井雅世

 

中国国内で人気のWeb Media “空腹視頻 KongFood.TV” 様より2018 ミス日本酒 須藤亜紗実と2018 ミス日本酒 準グランプリ 堀井雅世がインタビューを受けて参りました。

「ふくしま フードフェス2018」に2018 ミス日本酒 福島代表・準グランプリ 堀井雅世が参加して参りました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP