Miss SAKE blog

岩手県紫波郡の文化ウィーク『徳丹城フェスティバル』に、2019 Miss SAKE 準グランプリの塚原菜実香が参加して参りました。

Namika Tsukahara, 2019 Miss SAKE runner-up participated in “ Tokutan-Castle Festival” held in Iwate prefecture.

[English Follows]

皆様、こんにちは。
2019 Miss SAKE 準グランプリの塚原菜実香です。

10月5日、岩手県の徳田小学校体育館で行われた『紫波郡の文化ウィーク 徳丹城フェスティバル』に参加して参りました。

徳丹城とは、西暦812年ころ、征夷大将軍 文室綿麻呂により造られた律令制最後の城柵です。城柵とは、本州の北東部を征服するために大和朝廷が築いた施設のことです。軍事的・政治的側面を持ち、当時複合的な役割を担っていた拠点であると考えられています。
今回伺った徳丹城跡にはそのお城の姿は残っていませんが、広大な敷地内には建物があった場所に柱が建てられており、当時のお城の大きさ、荘厳さを感じることができます。

『徳丹城フェスティバル』は、そんな徳丹城が国史跡に指定されてから50周年を迎えたことを記念して開催されたイベントです。残念ながら台風の影響で開催場所は徳丹城跡ではありませんでしたが、多くのお客様がいらっしゃり会場は終始大盛り上がりでした。

イベントは、「第1部 歴史文化トークショー 〜徳丹城の歴史と南部杜氏の酒造り文化〜」「第2部 芸能フェスティバル 〜芸能と民謡の饗宴〜」で構成されておりました。第1部は更に「Part1 徳丹城の歴史」「Part2 南部杜氏と酒造り文化」に分かれており、私は「Part2 南部杜氏と酒造り文化」に参加させていただきました。

トークショーでは、南部杜氏協会会長 直町昊悦様、酒サムライ叙任者であり元ユネスコ大使の門司健次郎様と共に登壇させていただきました。直町様からは、日本最大規模の杜氏集団である「南部杜氏」の歴史や文化についてお話があり、南部杜氏の方々の日本酒への情熱に、私も心が動かされる思いがいたしました。門司様からは、日本酒が世界で愛されるようになった理由や日本酒の魅力についてのお話がありました。お話を拝聴し、日本文化が凝縮された日本酒ならではの良さを再認識するとともに、それをより多くの方々に知っていただくために自分は何ができるのか、考えさせられました。

そしてトークショーの最後には、日本酒の魅力と未来についてお話させていただきました。私は、確かな技術により造り手の思いが込められて生み出される日本酒は、日本が誇るべき日本文化のひとつであると思います。海外の方にはもちろん、日本酒を普段飲まれない方、日本酒の飲酒率が低い若年層の方にもその魅力をお伝えして参りたいです。今回『紫波郡の文化ウィーク 徳丹城フェスティバル』に参加させていただいたことで、Miss SAKEの一員として一層励んで活動していかなければと身が引き締まる思いがいたしました。

幸せ出ずる国いわて実行委員会様、矢巾町の皆様、ご来場いただいた皆様、そして関係者の皆様、この度は素晴らしい機会を誠にありがとうございました。

2019 Miss SAKE 準グランプリ 塚原菜実香

[For English Speakers]

Hello, everyone. I am Namika Tsukahara, 2019 Miss SAKE runner-up.
On October 5th, I participated in “ Tokutan-Castle Festival” held in Iwate prefecture.

Tokutan-Castle is said to be established by Funnyano-Watamaro, who was the Shogun at that time, in 812 as the last official defense site in laws and ordinance system period. Now although the castle does not exist, you can see the size and feel the magnificence of it in the site of the castle city park.

“ Tokutan-Castle Festival” was held in commemoration of fiftieth anniversary of the castle registered as national historic landmark. Unfortunately, because of the typhoon, the place was not in the Tokutan-Castle, but many people came to the event and the place was full of cheers from the start to the end.

The festival composed of “ Talk Show about the history of Tokutan-Castle and the culture of Nambu-Toji” and “ Treating with entertainment and folk songs in Iwate.” I joined in the latter part of the talk show and talked about sake.

In the talk show, I was honored to take the platform with Mr. Koetsu Sugumachi, the chairman of Nambu-Toji Association and Mr. Kenjiro Monji, who is in charge of appointing Sake Samurai and was the UNESCO Goodwill Ambassador. Mr Sugumachi talked about Nambu-Toji, the biggest group of sake breweries in Japan. Their passion to make sake I learned from his speech made me impressed. Mr. Monji explained why sake is now popular among those from other countries. By listening to him, I realized the specific charms of sake and his thought-provoking speech made me think what I can do to spread the charms.

At the end of the talk show, I talked about the charms and the future of sake. I think sake, that needs high-level technique and that made by the desire of the brewers should be one of the proudest Japanese culture. I want those who usually do not drink sake to learn how wonderful sake is, and as a member of Miss SAKE, I will keep trying harder to achieve it.

Those who promoted the event, people in Yahaba-cho, and everyone involved in this event, thank you very much for the wonderful experience.

Namika Tsukahara, 2019 Miss SAKE runner-up

「吟舞の祭典」表彰式に、2019 Miss SAKE 新潟 鈴木聖袈が参加して参りました

「ぐんまの酒と食の祭典 -2019- KANPAI!GUNMA」に、2018 ミス日本酒 群馬 髙橋まゆりが参加して参りました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP