Miss SAKE blog

福島県白河市 千駒酒造様へ2018 ミス日本酒 福島代表 準グランプリ 堀井雅世が酒蔵見学に行って参りました。

Masayo Horii, 2018 Miss SAKE Fukushima, visited the Senkoma Sake Brewery in Shirakawa-City, Fukushima Prefecture.

皆様、こんにちは。

2018 ミス日本酒 福島代表 準グランプリ 堀井雅世です。

9月29日、福島県白河市の中心部に蔵を構える千駒酒造様に、2018 ミス日本酒 福島代表として酒蔵見学に行って参りました。

今回は、私がリポーターを務めている、テレビ埼玉の戸田市広報番組『ふれあい戸田』のロケを通して、取材及び見学をさせて頂く機会を頂戴しました。

埼玉県戸田市は友好都市として福島県白河市との交流があり、関係を深めたいという意向のもと、市民の皆様が参加できる白河市へのバスツアー等も企画されています。

この度、訪問させて頂いた千駒酒造様は、大正12年(1924)に池島酒店として創業し、自然豊かな歴史ある街で地元の方々に愛され続けている蔵元様です。

美しい外観が目を引くこちらの蔵は、白河市歴史的建造物にも認定されており、東日本大震災以降、修復が行われ、より一層酒蔵らしい雰囲気と風情に溢れておりました。

当日は、千駒酒造様自慢の大吟醸、純米大吟醸を大変美味しく頂戴し、杜氏の菊地忠治様よりそれぞれの特徴や味わい方を丁寧にご説明頂きました。

白河地方が昔から馬市で盛んであったことから、「千駒」の名には若駒の蹄の音とたくましい姿、そして、人々の健康を祈る思いが込められているそうです。

那須山系からの豊富な伏流水を仕込み水として作られたこれらのお酒は、華やかな香りやお米の旨みが感じられ、口に含んだ瞬間、白河の恵まれた自然や壮大な風景が脳裏に浮かび上がりました。

またご多忙の中大変光栄なことに、菊池様に歴史ある酒蔵も案内して頂き、「一年で売り切る分量だけを造り、いつも美味しい状態で酒を出荷する」酒造りへのこだわりも伺うことが出来ました。

千駒酒造様は、古くからの伝統的な味わいを大切し、普通酒から大吟醸、純米大吟醸まで、多種多様なお酒を造られている一方で、日本酒ベースの梅酒や白河市認定の萌え系キャラクター「小峰シロ」とのコラボ商品など、若い世代へ向けた新たな挑戦にも意欲的に取り組んでいらっしゃいます。

今回このようなご縁があり、実際に訪問させて頂いたことで、日本酒造りの素晴らしさと奥深さを学ばせて頂きながら、一本の日本酒に込められた蔵元様の熱い想いを、身を以て実感致しました。

放送日は、来月となりますが、毎週日曜日、AM09:15~9:25 テレビ埼玉にて放映される他、

戸田市の公式動画チャンネル「戸田市TV」(You tube) にも本放送終了後、動画がアップされます。

番組では酒蔵見学以外にも、しらかわキャラ市の様子や小峰城、南湖公園をはじめとした白河の観光スポットも紹介する予定ですので、是非ご覧ください。

杜氏の菊地様、そして千駒酒造の皆様、この度は大変貴重な経験を誠に有難うございました。

2018 ミス日本酒 福島代表 準グランプリ 堀井雅世

[for English speakers]

On September 29, I visited the Senkoma Sake Brewery in Shirakawa-City, Fukushima Prefecture.

Senkoma Sake Brewery was founded in 1924 as the Ikeshima Sake Store, and has a history of nearly 100 years.

I got an opportunity to interview and participate in brewery tour as a reporter for TV Saitama’s program “Fureai Toda”.

Senkoma Sake Brewery, a historical building in Shirakawa city, was also affected by the Great East Japan Earthquake, but the building has been restored to its original condition, and I was impressed by its beautiful facade.

I had a chance to taste Daiginjo, Junmai-Daiginjo, and Mr. Kikuchi, chief brewer at a Senkoma Sake Brewery, explained the characteristics and features of each type of sake.

In addition, I was very glad that Mr. Kikuchi showed me the facility where various kinds of sake are produced and told me about the process of sake brewing.

Although Senkoma Sake Brewery has a traditional taste of sake, but they are also trying new approaches to young people. Through this valuable experience, I learned the wonderfulness of sake brewing.

Please check the on-air schedule below.

Broadcast on TV Saitama:December 02 (Sun) / 09 (Sun) / 16 (Sun) / 23 (Sun) / 30 (Sun) AM 09: 15 – AM 09: 25

You can also watch our program from you tube.

Thank you very much for giving me this kind of opportunity.

I would like to express my deep appreciation to Mr. Kikuchi and people in Senkoma Sake Brewery.

 

Masayo Horii, 2018 Miss SAKE Fukushima, 2018 Miss SAKE runnr-up

【中文版】

9月29日,我参观了位于福岛县白河市中心的千驹造酒场的酒庄。

这次,我作为埼玉电视台的户田市宣传节目《接触户田》的播报员,得到了前往采访和学习参观的机会。

埼玉县户田市与福岛县白河市作为友好都市会有各种交流并且也会时常组织市民可以参加的前往白河市的巴士旅行。

千驹造酒于大正12年(1924)以池岛酒店起家,在这个自然丰厚并且拥有悠久历史的街道上深受地方人民的喜爱。

酒庄的外观非常引人注目,并且被白河市认定为白河市历史建筑,在东日本大地震后进行了修复,使得酒庄更加有韵味。

当日,有幸品尝了千驹造酒的得意大吟酿和纯米大吟酿。造酒人 菊地忠治为我们介绍了两者不同的特征以及品尝方法。

白河地方以前作为马市曾经繁荣过一段时间。「千驹」的名字也是包含了如万马奔腾的姿态的意思,并且祈愿人们的健康。

用那须山系上流下丰富的伏流水制作而成的美酒,香味非常纯正与典雅。入口的瞬间,就可以在大脑内描绘出白河的美景以及大自然的壮丽。

并且在百忙之中,菊池先生为我介绍了拥有悠久历史的酒庄。「只制造一年内可以销售完的量,保证任何时候销售的酒都是在最美味的状态」是这里长年坚持的理念。

千驹造酒自古都非常重视传统的味道,从普通酒到大吟酿和纯米大吟酿,在制造各种各样的美酒的同时,也会制造一些以日本酒为基础的梅酒,与白河市认定萌系吉祥物「小峰白」的联动商品等。努力开发面向年轻人的商品以及新的挑战。

这次能够来到现场学习到日本造酒的美妙以及奥妙,让我感受到了每一瓶日本酒所包含的造酒人的热情,我感到非常荣幸。

播出时间:下个月 每周日,早09:15-9:25,埼玉电视台《接触户田》

并且会在户田市的官方频道「户田市TV」(You tube)上传动画。

在节目内,还会介绍小峰城,南湖公园等观光景点,请一定不要错过!

非常感谢造酒人的菊地先生以及千驹造酒的各位,这次能给我这样的机会,真的是让我受益匪浅。

2018 Miss 日本酒大赛 亚军 福岛县代表

堀井雅世

 

「酒座てんまみち」主催 大阪酒の陣『大吟醸を楽しむ会』に2018 ミス日本酒 須藤亜紗実が参加して参りました。

『国際me-byoフェスタ 2018 ~秋の夜長 Camplugged~』に2018 ミス日本酒 須藤亜紗実が参加して参りました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP