Miss SAKE blog

2018ミス日本酒 群馬代表 高橋まゆり 第1回ナデシコプログラムについて

2018 ミス日本酒 群馬 / 高橋 まゆり Mayuri Takahashi

ファイナリストの心得:一般社団法人ミス日本酒代表理事 愛葉宣明様

私は、愛葉代表のお話から主に2点のことを心に刻みました。

1点目は、自分自身がミス日本酒というブランドイメージを背負っている事実を自覚することの重要性です

これまでに生じた問題を具体的に挙げていただいたように、常に誰かから見られているという緊張感をもつことが不可欠であると感じました。

ミス日本酒として活動するうえで、お酒の場でのコミュニケーションは必須ですし、また活動範囲外でも周囲の方々が私を見る目は従来とは変化したはずです。

私の言動を通して、ミス日本酒という団体や活動に対する印象を持つ方々もいらっしゃいます。活動するうえで重要な健康管理や体型管理も含めて、自分で自分自身の立ち居振る舞いや印象を管理できるよう、己を律する習慣を日常生活から身につけていきたいと思いました。

2点目は、私達の代の行動が今後のミス日本酒の活動に影響を与える自覚を持つことの重要性です。

正直に申し上げると、お話を聞くまで私は今置かれた状況や最終選考会までに自分がすべきこと、といった目先のことまでにしか考えが及んでおりませんでした。

しかしファイナリストとして活動している今この瞬間も、今後のミス日本酒の活動を左右する可能性があるのです。自分の配慮や注意の欠いた言動で、今後の活動を制限してしまうことが決してないよう、これまでのミスの方々が守り、引き継いでこられた伝統を今後のミスの方々にお繋ぎしたいです。

裏を返せば、私達の行いが今後のミス日本酒の活動をより良い方向へと導く可能性もあると私は思います。これから御礼のお手紙の書き方を教えていただきますが、おひとりおひとりに対して真心をもち、思いを丁寧にお伝えすることを大切にしていきたいです。

ミス日本酒の活動について:初代 ミス日本酒 森田真衣様

初代のミス日本酒として、森田さんが愛葉代表と試行錯誤しながらミス日本酒としての活動の場を切り拓いてきたお話を聞き、その日々の積み重ねのうえで、今の私達の活動があることに大変重みを感じました。

森田さんは、私達にナデシコプログラムが準備されていることや、ミス日本酒という存在に対して酒業界の方々から認知されていることに対して、「恵まれている」と何度もおっしゃっていました。

今おかれている環境を当然と思わず、感謝の念を抱きながら活動のひとつひとつを大切にしていかなければなりませんし、また自分自身がミス日本酒の更なる発展のために道を切り拓いていく、という信念を持って取りみたいという思いが深まりました。

森田様はミス日本酒として活動するうえで心がけておられた重要なことを沢山お話してくださいましたが、そのなかで私が特に考えたのは、「日本人女性としての品格や美学とは一体何なのか?」ということです。

私は、ミス日本酒という存在を通して、日本人女性の魅力を国内外の方々に感じていただいきたいと考えています。

自分自身の意志や信念、内に秘めた情熱を持つことは重要ですが、それを自ら誇示するのは私が抱く大和撫子の姿とは異なります。

相手の方を敬い、たてるなかで自分だけの個性を発揮していく、当たり前かもしれませんが、決して容易ではないと思います。

今後いかなる場面においても、大和撫子の精神を念頭において活動に取り組んでまいります。また、自分なりの日本人女性の像を最終発表会までに確立させたいです。

日本にいてもわからない日本(酒)の真実:名古屋大学客員教授 佐藤宣之様

佐藤様は日本酒とパリ、日本酒とワインという、私が日本酒の魅力を知った経緯と大変に近いお話をしてくださり、活動の方向性に大きなヒントをいただきました。

私が留学したフランスで最も印象的だったのは、日本の食分野やサムライ・エドといった歴史、日本人の黒髪や華奢な容姿までもが現地の方々から愛されていることです。

フランス人の方々は、確かに自国の文化や芸術的感覚に対して誇りをもっていらっしゃいますが、その研ぎ澄まされた美意識で認めたものに対しては、勉強熱心で大変に愛情深いです。

また、パリという都市は、ファッションにおいても、美術においても、発信する場であり続けています。ブランド発信力と付加価値性がある都市なのです。

現在の日本酒は、ワインを飲みなれた方も唸らせるピュアで繊細なものが現れています。群馬県の永井酒造様がつくられた水芭蕉は、フランスで行われた初めての日本酒コンクールで受賞し、また南仏にある三ツ星レストランで採用されています。

ワインのプロフェッショナルの世界で、日本酒が認知され始めています。日本文化やサービスと共に、日本酒のフランスでの市場拡大に向け、勉強中のフランス語に更に磨きをかけ、活動してまいりたいです。

【川場村 表敬訪問🌸】 群馬県利根郡に位置する川場村を訪問致しました。 . . 川場村は武尊山の麓に広がる田園風景が大変美しい村です🗻 道の駅「川場田園プラザ」は関東で人気No.1に輝いています✨✨ . . 尾瀬の大地を活かした永井酒造、土田酒造といった酒蔵もあり🍶、ブランド米「雪ほたか」を中心にブルーベリーなどの果物の栽培も盛んです🌾 . . 外山村長と今後の活動についてお話しをさせていただきました。 川場村の皆様、ご多忙のなか温かく迎えてくださり、ありがとうございます。 . 私も幼い頃から家族で訪れておりましたが、今回の訪問でより川場村の魅力の虜になってしまいました💐

Mayuri Takahashiさん(@mayuringooo6)がシェアした投稿 –

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ミス日本酒(Miss SAKE)「ナデシコプログラム」とは

2018 ミス日本酒 神奈川代表 須藤亜紗実 第2回ナデシコプログラムについて

関連記事

  1. ミス日本酒(Miss SAKE)「ナデシコプログラム」とは

    2018.02.17
  2. ミス日本酒 「ふくら雀の作り帯」作り方講座

    2018.02.22
  3. 2018ミス日本酒 栃木代表 高野桃子 第5回ナデシコプログラムについて

    2018.02.19
  4. 2018 ミス日本酒ファイナリスト【第10回ナデシコプログラム】に参加して参りま…

    2018.02.21
  5. 2018ミス日本酒 長野代表 児玉アメリア彩 第7回ナデシコプログラムについて

    2018.02.19
  6. 2018 ミス日本酒ファイナリスト【第8回ナデシコプログラム】に参加して参りまし…

    2018.02.12

最近の記事

PAGE TOP