Miss SAKE News/Blog

2021 Miss SAKE 宮城 斉藤百香 / 第15回ナデシコプログラムレポート

〜株式会社Clearさまの活動を通し見えたMiss SAKEのあり方〜

第15回ナデシコプログラムは、午前中に株式会社Clear 代表取締役CEO 生駒龍史さまのご講義、午後には最終選考会のリハーサルが行われました。

日本酒のよりよい未来をつくることを目指す、株式会社Clear。会社の取り組みと生駒さまの自己紹介を通して、日本酒業界の未来に向けての課題や可能性をご教示いただいた講義となりました。

株式会社Clearの事業の2大トピックスは以下のとおりです。

10年前、ひょんなことから日本酒の面白さに気づき虜になられた生駒様。

事業を立ち上げ、まず取り掛かったのは、日本酒メディアの創造でした。

日本酒メディアSAKETIMESとは

日本酒をもっと知りたくなる情報を提供してくれる国内最大の日本酒専門WEBメディアです。

月間およそ55万人の方がアクセスされるとのこと!

具体的な数字を伺うと、WEBメディアは「人の興味関心が可視化される」とてもいい媒体だなと感じます。

生駒様は、日本酒を飲んでもらうには、まずは知ることがベースにあると考え、そのアプローチとしてSAKETIMESを生み出しました。

生駒様が参入する以前、日本酒業界には、つくり手・売り手はいても、広げるというポジションである「伝え手」がいなかったそうです。

その先駆けとなった生駒様の苦労は、筆舌に尽くし難い、並々ならぬものでした。

SAKETIMESは”伝え手”という面で、Miss SAKEの活動と通じるものがあります。

我々が世界の窓口となり、私たちを通して、日本酒のファンを増やす。

特に私は、Miss SAKE以外にもラジオという広がりのある世界に身を置いています。

そんな中で自由に発信できることは、私しかない強みでもありますし、日本酒に関わる者としても、私をフックとして新たなファンを増やせたらこれ以上の幸せはありません。

日本酒ブランドSAKE HUNDREDとは

世界中の人々の『心を満たし、人生を彩る』を掲げた日本酒ブランドです。

生駒様がSAKE HUNDREDで目指すのは、”グローバルラグジュアリーブランド”。

エルメスなどに代表される様な、高価格かつ高品質で世界で尊敬され愛される唯一無二のブランドを創造することです。

名古屋大学客員教授である佐藤様も語っていらしたように、ブランド化がいかに大切なのかを生駒様の講義を通しより感じられました。

同時に、1人のタレントとしても、またMiss SAKEと活動する上でも自身のブランド化・ラグジュアリー化も絶対に必要になってきます。

自身の価値=発言力・発信力と直結するものです。

日本酒の魅力を国内外に発信する身として、より多くの、かつ多様な立場の方に知っていただくには、Miss SAKEの品位と価値を上げて行かなければならないと考えます。

どう自分を高く、価値のある存在にみせるか。

まだまだ短いタレント人生ではありますが、このことが何より大切なのだと学びました。

これらを肝に銘じ、今後の私生活や活動にどう取り組んで行くかをしっかりと考えてまいります。

「日本酒は可能性と希望の塊です」

そう語る生駒さまからは、日本酒に対する熱い思いが伝わってきました。

我々もかくあるべし。

最後に人の心を打つのは「情熱」です。

最終選考会では、自分の中に燃える情熱を全力でぶつけたいと思います。

最終選考会リハーサル

午後は、そんな思いを胸に抱きながらの最終選考会リハーサルでした。
リハーサルと言えど、ファイナリストは皆本番だと思って挑みます。

愛葉代表と中村事務局長に見ていただきながら、私が思い描く最終選考会のイメージが伝わるよう、丁寧に言葉を紡ぎました。

来たる6月21日の最終選考会。

新型コロナウイルスの蔓延に伴い、規模は縮小され、有観客でもなくなってしまいました。

決まった時は悔しい気持ちもありましたがどんな会場、どんな状況でも、私のすることは変わりません。

今抱いている思いを言葉に乗せて相手に届ける。

ただそれだけです。

お二方が並ぶ姿を前にして、第1次選考のことが思い出されます。

あの日から今日まで、本当に沢山のことを学ばせていただきました。

直接ご講義をして頂いたというのももちろんありますが、何よりも、多くの学びの場を提供してくださったことに心から感謝申し上げます。

愛葉代表がこれまで築いてきた関係性あってこその、多様で、かつ一流の講師陣によるご講義の数々は、私の視野を広げてくださいました。

今日に至るまで、我々ファイナリストのために何人の方が動いてくださったのだろうか。

感謝の気持ちを胸に、最終選考まで駆け抜けたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021 Miss SAKE 青森 落合由佳 / 第15回ナデシコプログラムレポート

2021 Miss SAKE 長崎 樋口友紀 / 第16回ナデシコプログラムレポート

関連記事

  1. 第12回 2022 Miss SAKEナデシコプログラムに、2021 Miss …

    2022.05.20
  2. 2021 Miss SAKE 千葉 阿部さくら / 第7回ナデシコプログラムレポ…

    2021.04.28
  3. 2022 Miss SAKE 滋賀 磯部里紗 / 第4回ナデシコプログラムレポー…

    2022.04.15
  4. 2021 Miss SAKE 長野代表 糟谷恵理子 / 第14回ナデシコプログラ…

    2021.06.09
  5. 「今」を見つめてその先へ / 2022Miss SAKE 京都 大国桜

    2022.06.04
  6. 「醸造機器の発展・働き方改革へ」最後のナデシコプログラムに参加いたしました。

    2022.07.04

2022 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

Miss SAKEとは?

2022 Miss SAKE Japan ファイナリスト

2022 Miss SAKE 最終選考会 Full Movie

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Mr SAKE

最近の記事

PAGE TOP
Translate »