Miss SAKE News/Blog

「田植え体験を通し、日本の農業の未来に思いを馳せる。」2022 Miss SAKE 福岡 白石 萌莉

2022 Miss SAKE 福岡 白石 萌莉

第11回ナデシコプログラムに参加いたしました。

[English below]

皆さま、こんにちは。2022 Miss SAKE 福岡 白石 萌莉です。

先日、第11回ナデシコプログラムに参加してまいりましたので、ご報告をさせていただきます。

本記事では、関東甲信クボタ様による講義 / 田植え体験についてお伝えしてまいります。

関東甲信クボタ様講義

今回のナデシコプログラムは長野県・松本市での開催!

関東甲信クボタ様にお時間をいただき、酒造りに欠かせない米作りについて教えていただきました。

世界的に有名なクボタ様、勿論知ってはいたものの実は具体的にどんな事業をされているのかはよく理解しておらず、というところでした。

創業は1890年と歴史ある会社様。

これまで食料・水・環境に関わる社会課題の解決に取り組んでこられたクボタ様は、「資源開発ソリューション」「水環境プラットフォーム」「スマート農業」という3つの柱を持ち幅広く事業展開をされています。

出典:https://www.kubota.co.jp/corporate/vision/index.html

特に今回のプログラムで深くお話を聞かせていただいたのは「スマート農業」

高齢化や人口減少による深刻な労働力不足など、日本の農家を取り巻く環境は厳しいものですが、クボタ様はデータ活用による精密農業や、自動化・無人化を促進する農機などのソリューションを提供し、この課題の解決へと動かれております。

日本人の主食であり栄養価も高いお米を、これからも食すことができるように、クボタ様は日本の農業を支えてくださっておりました。

様々なソリューションを提供されている中でも、今特に力を入れているのが「アグリロボ」。

苗の植え方によって育ち方が変わってくるため、正確な作業が要求され、かつ人力では屈んでの作業となる重労働である田植え。そこで活躍するのが田植え機です。

のちの田植え体験の際も「アグリロボ」の実演を実際に見せていただいたのですが、これがとっても優れもの!

正確かつ均一に苗を植えることができ、また田植えと同時に肥料や薬剤の散布などを同時に行うことができる優れもの。
聞くところによると全て内製で技術開発をされているそうで、流石「世界のクボタ」だと感じました。

リリース直後でこれから全国に普及をされていくとのことで、今後アグリロボの活躍により日本の農業シーンがどう変わっていくのか?期待に胸が膨らみます。

田植え体験

講義後はバスで移動し、早速田植え体験へ!

前日までの雨が嘘のように、雲の合間から太陽が覗き天候にも恵まれた田植え体験。

なんと今回はクボタ様のご厚意にて、作業着や帽子までご用意いただき、社員の方々と同じ装いで作業に取り組ませていただきました。

長靴を履いて田んぼの中に足を踏み入れると、柔らかな土の中に自分の足が沈んでいく感覚。

それだけのことなのになんだかとても新鮮で、そして包み込まれるようなそんな安心感を覚えます。

私を含め、現代に暮らす人々は土や緑に日常的に触れ合う機会は少ないですが、私たちの先祖はずっと昔から自然と共に暮らしてきました。だからこそ、どこか懐かしくゆったりとした気持ちへ戻れるのでしょうか。

苗を頂き、泥に足を取られながら一歩一歩前に進む。

苗を2~3本取り束にして、決められた線に沿って等間隔で田んぼの中に植えていく。

「大きくなって、立派な穂をつけてね」という気持ちを込めて、丁寧に。

作業が終わったあとの達成感はひとしおです。

今回の田植え体験を経て、いつも自分が口に運んでいるお米がこんな小さな苗から生まれているのだと改めて思い至り、なんだか不思議な心持ちがいたしました。

また、自分で手を動かしていると、米作りについて、そして日本の農業について、自分が何も知らないことを思い知らされます。

日本酒造りには、お米が欠かせません。

日本酒を広める役割を担うMissSAKEとして、もっと米作りやそれを取り巻く環境について学びを深めなければならないと感じる大きなきっかけを頂きました。

関東甲信クボタの皆さま、休日にも関わらず貴重なお時間をいただき、また細部にわたり暖かいお心遣いをいただき本当にありがとうございました。

今回のプログラムの様子は中日新聞様にもご掲載いただいておりますので、こちらも併せてご覧ください。

【For English Speakers】

Participating in the 11th Nadeshiko Program “Thinking about the Future of Japanese Agriculture through the Rice Planting Experience

2022 Miss SAKE Fukuoka MOERI SHIRAISHI

[English below]

Hello everyone, my name is Moeri Shiraishi from 2022 Miss SAKE Fukuoka.

I am pleased to report that I recently participated in the 11th Nadeshiko Program.

In this article, I would like to report on the special lecture on rice and sake rice given by Kanto Koshin Kubota and the rice planting experience.

## Lecture by Kanto Koshin Kubota

This Nadeshiko Program was held in Matsumoto City, Nagano Prefecture!

Kanto Koshin Kubota Corporation has kindly given us time to learn about rice cultivation, which is essential for sake brewing.

Kubota is a world-renowned company, and although I knew of them, I did not really understand what exactly they do for a living.

Kubota is a company with a long history, having been founded in 1890.

Kubota has been working to solve social issues related to food, water, and the environment, and is developing a wide range of businesses with three pillars: “Resource Development Solutions,” “Water Environment Platform,” and “Smart Agriculture.

In particular, we were deeply interested in “Smart Agriculture” in this program.

The environment surrounding Japanese farmers is severe, with a serious labor shortage due to the aging and shrinking population, but Kubota is working to solve this problem by providing solutions such as precision agriculture using data and agricultural machinery that promotes automation and unmanned production.

Kubota has been supporting Japanese agriculture so that we can continue to eat rice, which is the staple food of the Japanese people and highly nutritious.

Among the various solutions they provide, they are now particularly focusing on “Agri-Robo”.

https://agriculture.kubota.co.jp/product/agri_robo/

Rice planting is a heavy work that requires precise work and bending over if it is done manually, since the way the seedlings are planted changes the way they grow. This is where rice transplanters come in handy.

We were shown a demonstration of the “Agri-Robo” during our rice planting experience later on, and it is a very good machine!

It can plant seedlings accurately and evenly, and can also spray fertilizers and chemicals at the same time as planting. I was told that all the technology was developed in-house, and I felt that Kubota is the “world’s leading manufacturer of rice transplanters.

I am very excited to see how the agri-robot will change the Japanese agricultural scene in the future. We are excited to see how the agri-robot will change Japan’s agricultural scene in the future.

## Rice planting experience

After the lecture, we moved by bus to the rice-planting experience!

The rain of the previous day was a lie, as the sun peeked through the clouds and we were blessed with good weather.

Kubota kindly provided us with work clothes and hats so that we could work in the same attire as their employees.

Putting on boots and stepping into the rice paddies, we felt our feet sink into the soft soil.

It’s just a simple thing, but it feels so fresh and reassuring, as if you are enveloped by the soil.

People today, including myself, do not have many opportunities to come into contact with soil and greenery on a daily basis, but our ancestors have been living with nature for a long time. Perhaps that is why we can return to a somewhat nostalgic and relaxed feeling.

We receive a seedling and move forward step by step, our feet caught in the mud.

We took two or three seedlings and planted them in bunches in the rice paddies at equal spacing along a predetermined line.

They carefully plant the seedlings with the hope that they will grow into large, magnificent ears.

After the work is done, the sense of accomplishment is quite special.

After the rice planting experience this time, I realized once again that the rice I usually eat is born from such small seedlings, and I felt a strange feeling.

Working with my own hands made me realize how little I know about rice cultivation and Japanese agriculture.

Rice is essential to sake production.

As MissSAKE, which is responsible for promoting sake, I felt I had a great opportunity to learn more about rice cultivation and the environment surrounding it.

We would like to thank everyone at Kanto Koshin Kubota for giving us their valuable time even though it was a holiday, and for their warm attention to detail.

Please refer to the Chunichi Shimbun newspaper for a report on this program.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第12回 2022 Miss SAKEナデシコプログラムに、2021 Miss SAKEが参加いたしました。

文化を背景にした「愛感謝仕込み」とは?〜長野県大信州酒造様の酒蔵見学を通じて〜 / 2022 Miss SAKE 神奈川 横田早紀

関連記事

  1. 2018 ミス日本酒ファイナリスト【第9回ナデシコプログラム】に参加して参りまし…

    2018.02.21
  2. 2021 Miss SAKE 京都 中野由美子 / 第11回ナデシコプログラムレ…

    2021.05.23
  3. 2021 Miss SAKE 兵庫 川崎悠加里 / 第6回ナデシコプログラムレポ…

    2021.04.26
  4. 2021 Miss SAKE 長野代表 糟谷恵理子 / 第15回ナデシコプロ…

    2021.06.11
  5. 2021 Miss SAKE 長崎 樋口友紀 / 第8回ナデシコプログラムレポー…

    2021.05.01
  6. 『2021 Miss SAKE ファイナリスト& 5代目 Mr SAK…

    2021.03.22

Miss SAKEとは?

2022 Miss SAKE Japan ファイナリスト

2021 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Mr SAKE

最近の記事

PAGE TOP
Translate »