Miss SAKE News/Blog

株式会社中日新聞社様、株式会社秋田屋様、株式会社SHC様を、2023 Miss SAKE 愛知 森川裕希恵が表敬訪問させていただきました

皆様、こんにちは。
2023 Miss SAKE 愛知 森川裕希恵です。

先日、愛知県内にて「株式会社中日新聞社様、株式会社秋田屋様、株式会社SHC様」に表敬訪問させていただきましたのでご報告させていただきます。

株式会社中日新聞社様

愛知県名古屋市中区に本社があります株式会社中日新聞社様。

中日新聞社様が発行する中日新聞は、東海地方を中心としたエリアで発行される日刊紙で、ブロック紙として国内最大の発行部数を誇ります。

私自身も、家庭では中日新聞を購読し、小中学生の頃は、よく先生方から、中日新聞の一面に掲載されているコラム「中日春秋」を読み、文章の書き方を学ぶようにとご指導いただきました。

Miss SAKE 愛知大会の際は、中日新聞社様に大会の様子を取り上げていただき、たくさんの反響を頂戴し、その影響力に改めて感服いたしました。今回は、インタビューという形で、「ナデシコプログラム」のご報告、最終選考会を前に大会への意気込み、そして愛知県の日本酒、地域振興への想いをお話させていただき、こちらも5月10日発行の中日新聞紙面にて、大きく掲載いただきました。

中日新聞社様のご後援のもと、地元愛知県でも、Miss SAKEの活動が浸透し、多くの方々から関心を寄せていただいていると実感しており、心より感謝申し上げます。

株式会社秋田屋様

愛知県名古屋市に本社があります株式会社秋田屋様。

秋田屋様は、安政2年(1855年)創業。本社のある愛知県を中心とした東海4県を地盤に、酒類の卸売を行うお酒の専門商社です。

秋田屋様では、全国各地の銘酒から、世界各地のワイン、ウイスキー、ビールなど、他社では手に入らない商品を数多く揃え、なんと取り扱う商品は3万点以上。

“全国には、少量しか造れないけれど、美味しいお酒を造る酒蔵がある”

秋田屋様は、大手企業が利益率の少なさから取引をしない酒蔵様と深く関係を築き、少量品種を全国に流通させる独自のノウハウをお持ちです。

それはひとえに“良いものを世の中に送り出したい”という想いから。

造り手と消費者の架け橋となり、人との繋がりを大切にする。160年以上の長きに渡り、お酒業界を牽引し続けてきた秋田屋様の企業理念に感動いたしました。

今回表敬訪問でお伺いさせていただきました秋田屋様の本社ビルは、2013年に完成した新社屋。名古屋城からほど近い場所にあり、この辺り一帯は、風情溢れる街並みが今も残る城下町です。そんな中に佇む5階建てのビルは、白壁を基調とし、エントランスには、海鼠塀や瓦が施され、伝統建築と現代建築の融合が印象的で、歴代当主へのリスペクトと、老舗企業の矜持を感じました。

秋田屋様は、卸売業以外にも、一般消費者向けのイベントの企画・運営、SNSを活用した情報発信、業務用酒販売店向けの展示会や試飲会など、幅広く事業を展開していらっしゃる、まさに「お酒の伝道師」です。

秋田屋様10代目代表取締役である浅野弘義様より、一緒にお酒業界を盛り上げていきましょうというお言葉をいただき、大変心強く、嬉しく思いました。

この度は、貴重なお時間を、誠にありがとうございました。

株式会社SHC様

Miss SAKE 愛知大会のスポンサー企業様であります株式会社SHC様。

株式会社SHC様は、2011年創業。インターネットを軸に、サービス、情報機器の販売を事業としてスタートし、現在では、アライアンス事業、AMS事業、テレマーケティング事業など、事業の多角化も進む、エネルギー溢れる企業様です。

SHCという社名は「Smile&Happy Create」の頭文字を取り名付けられ、「目の前のお客様一人一人に誠実に向き合う。笑顔の発信源として誇れる対応をする。一つの対応から多くの価値を連鎖させる。」をモットーに経営を行っていらっしゃいます。

その想いは、顧客だけでなく、SHC様で働く従業員の皆様にも向けられ、SHC様は、令和3年度より継続して「健康経営優良法人」を取得しています。

「健康経営」とは、従業員の健康・増進を図ることが「コスト」ではなく、将来的に企業の収益性などを高める「投資」と捉え、健康管理を企業視点から戦略的に取り組んでいくもので、経済産業省・日本健康会議より認定を受けます。

今回、SHC様の本社へお伺いさせていただき、出迎えてくださった社員様の笑顔や溌溂さがとても印象的でした。
また、観葉植物が多く設置され、木目調を基調としたオフィスはとてもリラックスできる空間で、代表取締役社長である須田宗樹様のこだわりを感じました。

SHC様は、SDGsへの取り組みや、地元地域で開催されるイベントへの支援にも力を注いでいらっしゃり、地域振興という観点から、Miss SAKEの活動に賛同してくださっています。

心強い地元企業様の応援の下、今後もMiss SAKEの活動に邁進してまいります。

今回は、貴重なお時間を、誠にありがとうございました。
引き続き、どうぞ宜しくお願いいたします。

2023 Miss SAKE 愛知 森川裕希恵

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ONESTORYプロデュース『加温熟成解脱酒』ペアリングイベントに2018 ミス…

    2019.01.31
  2. 三光正宗様に、2023 Miss SAKE 岡山 中島咲希が訪問いたしました。

    2023.04.19
  3. 『ブリュッセル国際コンクール SAKE selection 2018 アワードセ…

    2018.11.23
  4. ANAクラウンプラザホテル新潟にて「2024 Miss  SAKE 新潟大会」が…

    2024.02.29
  5. 「吟舞の祭典」表彰式に、2019 Miss SAKE 新潟 鈴木聖袈が参加して参…

    2019.10.11
  6. 2018 ミス日本酒 須藤亜紗実が『全米日本酒歓評会』の出品酒仕分け業務に参加し…

    2018.03.30

Miss SAKEとは?

2023 Miss SAKE Japan ファイナリスト

2023 Miss SAKE 最終選考会 Full Movie

2022 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Mr SAKE

Mr SAKE

最近の記事

PAGE TOP
Translate »