Miss SAKE blog

『第6回 日本食文化賞表彰・顕彰式及び祝賀懇親会』に2018 ミス日本酒 須藤亜紗実が参加して参りました。

Asami Sudo, 2018 Miss SAKE, attended the 6th Japanese Cuisine awarding ceremony and the celebration party at the Foreign Correspondents’ Club of Japan.

[English Follows]

皆様こんにちは。2018 ミス日本酒の須藤亜紗実です。

昨日11月24日は、日本外国人特派員協会にて開催された、一般社団法人 日本食文化協会様 主催 『第6回 日本食文化賞表彰・顕彰式及び祝賀懇親会』に参加して参りました。

日本食文化協会様は日本の食文化の伝承と啓蒙を目指し、日本食文化検定、日本食文化賞表彰・顕彰式、日本食文化教室、日本語文化教室等の活動を行っていらっしゃいます。

この度の第6回日本食文化賞表彰・顕彰式では3名の方々が表彰され、参議院議員、日本食文化普及推進議員連盟会長でいらっしゃる山東昭子様により賞状の授与が行われ、私も景品授与のお手伝いをさせて頂きました。

(写真)参議院議員、日本食文化普及推進議員連盟会長でいらっしゃる山東昭子様によるご挨拶の様子。

 

また、式典には元文化庁長官 近藤誠一様、東京家政学院大学 名誉教授 江原絢子様もご出席なさっており、山東様、近藤様、江原様のお三方からは、日本食の持つ「自然」との所縁深さや「四季」との関わり等、世界を魅了する和食の魅力をご紹介いただきました。

 

そして、表彰・顕彰式後に開催された祝賀懇親会では、僭越ながら乾杯のご挨拶をさせて頂きました。

私自身ミス日本酒としてこれまで国内外にて様々な活動をさせて頂く中で、「日本酒」「日本食」という国の名前がつくお酒・食文化があるということはなんと素晴らしく、誇らしいことであるのだろう、そうした思いを日々感じております。

「日本酒」「日本食」は古くから私達の社会生活と深く結びついてきた文化の賜物であります。そして現在ではそこに日本の技術力や新たな趣向が加わり、今やSAKEや Japanese Cuisineは多様な魅力の詰まった「日本の宝」と言えるものであると感じております。

この度受賞されましたお三方に改めまして心よりお祝いを申し上げますとともに、日本の誇る「飲・食」について私も一層学びを深め、多くの方にその魅力をお伝えできますよう努めて参りたいと思っております。

この度は貴重な機会を頂戴致しまして誠に有難うございました。

(写真左)会の司会進行は、聖心女子大学アナウンス研究会の皆様により行われました。(写真右)一般社団法人 日本食文化 理事長 小俣日出郎様とともに。

 

2018 ミス日本酒 須藤亜紗実

[for English Speakers]

Hello, everyone. This is Asami Sudo, 2018 Miss SAKE.

On November 24th, I attended the 6th Japanese Cuisine awarding ceremony and the celebration party at the Foreign Correspondents’ Club of Japan.

Japanese Cuisine awarding ceremony was organized by Japanese Cuisine Association which has worked to pass down and introduce the traditional Japanese food.

This time, 3 people got prizes for the contribution to the development of Japanese Cuisine. And at the awarding ceremony, I served as assistant presenters. Once again, I offer the prize winners my congratulation and wish continued success.

At the ceremony, Ms. Akiko Santo, a member of the House of Councillors in the Diet, and Mr. Seiichi Kondo, former Commissioner for Cultural Affairs and Ms. Ayako Ehara, professor emerita of Tokyo Case Gakuin University made speeches for us. Their Speech was filled with learning of Japanese Cuisine which has profound connection with nature and has much sense of seasons.

And At the celebration party, I had a chance to make speech for a toast. Through the activities as Miss SAKE, I have felt how splendid to have national alcohol beverage and national cuisine named after our nation. As you know, SAKE and Japanese food are important cultural assets that has long been familiar with Japanese people.

After the toast with Japanese SAKE, I was glad to see the guests enjoy lively conversations with each other while enjoying Japanese SAKE.

Once again, I express the prize winners my congratulations and wish them continued success. And as Miss SAKE. I’ d like to deepen my knowledge on Japanese food and beverage and try harder to convey the greatness to more people.

I extend my deep appreciation to all the people involved.

Asami Sudo, 2018 Miss SAKE 

『JOY OF SAKE TOKYO 2018』及び『全米日本酒歓評会 2018 授賞式』に参加して参りました。

ハワイにて開催された『広島の地酒を楽しむパーティ』に2018 ミス日本酒 準グランプリ 児玉アメリア彩が参加してまいりました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP