Miss SAKE News/Blog

2024 Miss SAKEメンバーとともにキャビアソムリエ認定試験を2024 Miss SAKE Japan南侑里が受けてまいりました。English follows

皆様こんにちは。

2024 Miss SAKE Japanの南侑里です。6月14日に、2024 Miss SAKE メンバーでキャビアソムリエ認定試験を受けてまいりましたのでご報告いたします。

この試験を開催しておられる一般社団法人日本キャビアソムリエ協会(JCSA)は、日本におけるキャビアの普及、及びキャビアに関するリテラシー、知識の普及を通じて、食文化の向上、食文化に携わる人々の社会的な向上をはかり、広く社会へ貢献することを目的として設立されました。

その一般社団法人日本キャビアソムリエ協会の代表理事は出口彰様。そして我々一般社団法人Miss SAKEの代表理事である大西美香 が理事を務めております。

その関係で今回私たちにも学びのチャンスを与えていただくこととなりました。

本日試験を受ける前に、代表理事の出口彰様による大変楽しい講義を受けさせていただき、その後に試験を受けるという大変有意義な時間を過ごさせていただきました。講義では座学だけでなく、テイスティングのお時間もいただき実践で学ぶというお時間もございました。

以下、この日学びましたキャビアの魅力について共有いたします。

 

歴史

キャビアの歴史は古く、その起源は紀元前まで遡ります。最初にキャビアを食用にしたのは、現在のイラン地域の古代ペルシャ人だとされています。彼らはカスピ海や黒海で獲れるチョウザメの卵を食べ、これがキャビアの始まりとなりました。その当時、キャビアは日常的な食品であり、特別な贅沢品とは見なされていませんでした。キャビアが高級食材としての地位を確立したのは、中世のヨーロッパから。特にロシアやイランでは、チョウザメが豊富に獲れることから、王侯貴族に珍重されるようになりました。

種類の豊富さ

キャビアの世界はその種類の豊富さと特徴の多様性によって魅力的です。特に、ベルーガ、セブルーガ、オシェトラは、キャビア愛好家にとって最も人気のある3つの主要な種類です。

 

以下いくつかチョウザメの種類をご紹介します

 

  • ベルーガ

オオチョウザメのことを指す。

熟成には20年必要で、キャビアは大粒で味は繊細。

わずかに柑橘系の香りが感じられる。

 

  • オシェトラ

ロシアチョウザメのことを指す。

キャビアは中粒で色は茶色がかった灰色からゴールドまで変化に富む。

くるみやヘーゼルナッツのような味わい。

 

  • セヴルーガ

ホシチョウザメ。

キャビアは、小粒で色は暗灰色。

繊細で独特な風味。

 

  • スターレット

コチョウザメ。

ロシア皇帝への献上品ともされる、最高級品種・最高品質のキャビア。

 

  • トランスモンタニュス

アメリカ原産、シロチョウザメ。粒たちもよく、ミネラルを強く感じる。クリーミー。

 

そして以下の分類でもキャビアは分けることができます。

 

  • フレッシュキャビア

生の原料を塩漬けにし、熟成させた非加熱のキャビアのこと。

 

  • パストライズ(低温殺菌)キャビア

フレッシュキャビアを約60度で20〜30分加熱することにより保存性を増したキャビア。

このようなキャビアの基礎知識を幅広くお伺いした後は、待ちに待ったテイスティングタイム。 キャビアのスペシャリストである出口様と共に味について吟味し、感覚を確かめ合うという大変貴重なお時間でございました。

そしてついにキャビアソムリエ認定試験の時間に。この時間で吸収したこと、これまで自宅学習で学んだことを、思い起こしながら試験を受けさせていただきました。

試験結果が届くまで、緊張は止まりません。

 

この講義を受けて…なんだか大人の食べ物のように感じていたキャビアがこの講義を通して身近なものになり、大人の階段をまたひとつ登ったような気持ちになりました

人生で初めて大人の階段を登ったと感じたのは、お酒を初めて飲んだ時。

2度目は、キャビアソムリエ認定試験でした。

私は、キャビアは大人の嗜好品だと思っています。今回受けたキャビアソムリエ認定試験は、その嗜好品の幅を広げて、もらえるきっかけとなったと感じています。

そのような嗜みを教えてくださいました出口様、ありがとうございました。

2024 Miss SAKE Japan 南侑里

ーEnglish ver.ー

Hello everyone.

My name is Yuri Minami, 2024 Miss SAKE Japan.

I am pleased to report that on June 14, 2024 Miss SAKE members took the caviar sommelier certification exam.

 

The Japan Caviar Sommelier Association (JCSA), which holds this exam, was established for the purpose of contributing to society at large by promoting caviar in Japan and improving the food culture and social advancement of people involved in food culture through the spread of caviar literacy and knowledge. The Japan Caviar Association was established for the purpose of contributing to society at large.

 

The president of the Japan Caviar Sommelier Association is Mr. Akira Deguchi. Mrs. Mika Onishi, the representative director of Miss SAKE, is also a member of the board of directors.

 

We have been given the opportunity to learn from him.

Before taking the exam today, we had a very enjoyable lecture by Mr. Akira Deguchi, the president of Miss SAKE, followed by the exam.

 

The lecture was not only a classroom lecture, but there was also time for tasting and learning through practice.

 

Below I would like to share with you some of the fascinating things we learned about caviar.

 

 

History

Caviar has a long history, dating back to BC. It is believed that the first people to eat caviar were the ancient Persians in what is now the Iranian region. They ate the eggs of sturgeon caught in the Caspian Sea and the Black Sea, and this was the beginning of caviar. At that time, caviar was an everyday food and was not considered a special luxury item. It was not until Europe in the Middle Ages that caviar established itself as a luxury food. Especially in Russia and Iran, where sturgeon was caught in abundance, it became prized by royalty and aristocrats.

 

Types

The world of caviar is fascinating due to its variety and diversity of characteristics. In particular,Beluga, Sevruga , and Oscetra are the three main species most popular with caviar lovers.

 

Below are a few sturgeon species.

 

Beluga

Refers to the sturgeon.

It requires 20 years to mature. The caviar is large and delicate in taste.

The caviar is large, with a delicate taste and a slight citrus note.

 

Oscietra

Russian sturgeon.

The caviar is medium-sized and varies in color from brownish gray to gold.

Tastes like walnuts and hazelnuts.

 

Sevruga

White sturgeon.

Caviar is small and dark gray in color.Delicate and unique flavor.

 

Starlet

Sturgeon.

The finest variety and highest quality caviar, considered a gift to the Czar of Russia.

 

Transmontane Sturgeon

White sturgeon, native to the United States. The grains are well formed, with a strong mineral taste. Creamy.

 

Caviar can also be divided into the following categories

 

Fresh Caviar

Unpasteurized caviar made from raw material that has been salted and aged.

 

Pasturized caviar

Caviar whose shelf life is increased by heating fresh caviar at about 60 degrees Celsius for 20 to 30 minutes.

 

After learning about the basics of caviar, it was time for the long-awaited tasting.

 

It was a very precious time for us to examine the taste and confirm our senses together with Mr. Deguchi, a caviar specialist.

 

Finally, it was time for the caviar sommelier certification exam.

 

I took the exam, recalling what I had absorbed during this time and what I had learned in my home study so far.

 

My nerves did not stop until I received the results of the exam.

 

After this lecture…

Caviar, which had felt like an adult food, became familiar to me through this lecture, and I felt as if I had climbed another flight of stairs to adulthood.

 

The first time in my life that I felt like I had climbed the stairs to adulthood was when I drank alcohol for the first time.

 

The second time was at the caviar sommelier certification exam.

 

I believe caviar is a luxury food for adults.

I feel that the caviar sommelier certification exam I took this time was an opportunity to broaden my tastes.

 

Thank you, Mr. Deguchi, for teaching me such a taste.

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ワシントンD.C.の在米日本大使館を初め4カ国の大使館に、2022 Miss S…

  2. 「第13回 大阪酒の陣〜大人の縁日〜」に、2023 Miss SAKE 大阪 清…

  3. 「八方のお酒をあなたが造る」酒米稲刈り体験ツアーに2023 Miss SAKE …

  4. 「野田聖子先生のさらなる飛躍を期待する会」に、2023 Miss SAKE 岐阜…

  5. 金紋秋田酒造様の『KURA ONE TRIP.』PR動画撮影に、2018 Mis…

  6. ケーブルテレビナイト2018に2018 ミス日本酒 須藤亜紗実と2018 ミス日…

2024 Miss SAKE Japan ファイナリスト

2023 Miss SAKE 最終選考会 Full Movie

2023 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Mrs SAKE

Mr SAKE

Mr SAKE

最近の記事

PAGE TOP
Translate »