Miss SAKE blog

英会話Gaba × Miss SAKE「簡単で分かりやすい表現を用いる」

[English follows]

皆様、こんにちは。2019 Miss SAKEの春田早重です。

7月30日、都内のGaba様ラーニングスタジオにて、第14回目のレッスンを受講して参りました。

今回のテーマは、『味と香りで分かれる4タイプ』。

前回のUnit.7では、製造方法の違いや出荷時の状態別に日本酒を分類しましたが、今回は、香りと味に着目して日本酒を分類したいと思います。

以下に、本日学んだ日本酒の楽しみ方の日英対訳を記述させて頂きます。

英会話レッスンテーマ『味と香りで分かれる4タイプ(Four Types  of SAKE Classified by Taste and Flavor)』日英対訳

Unit 8. 味と香りで分かれる4タイプ

日本酒にはフルーティなものから力強く複雑な香りのもの、フレッシュな味わいから濃醇なものまで様々なバリエーションがございます。是非お好みのタイプを見つけてみてください。

①薫酒(フルーティタイプ)

  • 香り:華やかで透明感のある香りで、お花や果物の香りが特徴
  • 例:リンゴ、梨、洋梨、メロン、ライチ、バナナ、梅、藤など
  • 味わい:澄んだきれいな味わいが特徴で、旨味成分が少なく後口がさらりとしている

主に大吟醸酒系や吟醸酒系がこれに当てはまります。

②爽酒(軽快でなめらかタイプ)

  • 香り:穏やかで控えめな香り
  • 例:レモン、青リンゴ、ライム、グレープフルーツ、桜の花など
  • 味わい:口当たりがさらりとしていて、清涼感を感じる味わい

主に普通酒系、本醸造酒系、生酒系がこれに当てはまります。

③醇酒(コクのあるタイプ)

  • 香り:樹木の香りや乳製品のような旨味を感じさせる香りが特徴
  • 例:大豆、そば、餅、竹、クレソンなど
  • 味わい:充実した旨味とほどよいミネラル味などの深みのある味わいが特徴。温度の違いによって表情が変わる。燗にすると旨味の複雑さとキレの良さが楽しめる。

主に純米酒系、生酛系がこれに当てはまります。

④熟酒(熟成タイプ)

  • 香り:スパイスやドライフルーツのような力強く複雑な香りが特徴
  • 例:シナモン、お香、ナッツ、キノコ類、メープルシロップ、はちみつなど
  • 味わい:トロリとした甘みと熟成でマイルドになった酸が調和し丸みのある味わい。スパイスやナッツの香ばしさが、熟成した複雑な旨味とともに口の中に広がり、香りを伴う余韻が非常に長い。

主に古酒系、長期熟成酒系がこれに当てはまります。

【英訳】Unit 8. Four Types  of  SAKE Classified by Taste and Flavor

①Fruity type

  • Aroma: Features gorgeous aromas of fruit or flowers, and has a sense of clarity.
  • ex. apple, pear, melon, banana, plum, wisteria
  • Taste: Has moderate sweetness and roundness, balanced with a refreshing acidity.
  • Daiginjo-syu and Ginjo-shu are two varieties of sake that has this type of flavor.

②Light and Smooth type

  • Aroma: Features a mild and moderate aroma.
  • ex. lemon, green apple, lime, grapefruit, cherry blossom
  • Taste: Has a refreshing taste and a smooth feeling in the mouth.

Futsu-syu, Honjozo-shu and Namesake are three varieties of sake that has this type of flavor.

③Full-Bodied type

  • Aroma: Features a natural wood scent, or an aroma conveying Umami, like dairy products.
  • ex.:soybean, buck wheat, rice cake, bamboo, cress
  • Taste:Features rich taste with great Umami and moderate mineral flavor. This type has various flavors at different temperatures. If you drink it at warm temperature, you can enjoy the delicate taste of Umami and  a crisp taste.

Jyunmai-syu and Kimoto are two varieties of sake that has this type of flavor.

④Matured Type

  • Aroma:Features strong and complex aromas like spices or dried fruit.
  • ex:cinnamon, incense, nuts, different types of mushrooms, maple syrup and honey
  • Taste: It’s a balance of both sweet and acidic as it ages over time. The aroma of spice and nuts extend in the mouth with mellowed delicate Umami, and has a long aftertaste.

Kosyu and aged sake are two varieties of sake that has this type of flavor.

今回のレッスンでの一番の気づきは、「簡単で分かりやすい表現を用いる」ということです。

今回は、日本酒を味と香り別に4タイプに分け、紹介する練習をさせて頂きました。

私は、レッスンの度にインストラクターの方に「日本酒を飲んだことがありますか?」と尋ねています。嬉しいことに多くの方が日本酒を飲んだことがあると答えてくださいますが、種類の違いや自分の好みに合ったお酒がどれなのかが分からないと仰っていました。

日本酒には数多くの銘柄があり、味わいのバラエティも豊富です。だからこそ、一人一人お気に入りのお酒が必ずあるはず。日本酒はとても奥深いものであり、味わいや香りの表現にもユニークなものが多くあります。

その奥深さが日本酒の魅力の1つでもありますが、多くの方、特に海外の方に日本酒を楽しんで頂くには、日本酒が海外の方々にとって「身近で親しみやすいもの」という印象を与えることが一番大切であると考えています。

そのためにも、日本酒の説明をする際、あえて簡単な単語や文法を用い、決して堅苦しい印象や難しい印象を与えないように心掛けています。日本人の方はもちろん、海外の方にとっても日本酒を日常生活で気軽に楽しめる飲み物として認識して頂けるよう今後も頑張っていきたいと思います。

次回のレッスンのテーマは、『温度別!異なる名前と味わいの違い』です。また多くのことを吸収できますよう、一生懸命励んでまいります。

Gaba様、この度は素晴らしいレッスンを誠にありがとうございました。

2019 Miss SAKE 春田早重

*他のレッスン様子は以下よりご覧いただけます。

The theme for this time was “Four Types  of  SAKE Classified by Taste and Flavor”.

[for English Speakers]

Hello, everyone. I am Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan.

On July 30th, I took the 14th English lesson at GABA learning studio.

The theme for this time was “Four Types of SAKE Classified by Taste and Flavor”.

I described the explanations of four types of sake that I learned this time below.

Unit 8. Four Types  of  SAKE Classified by Taste and Flavor

①Fruity type

Aroma: Features gorgeous aromas of fruit or flowers, and has a sense of clarity.

ex. apple, pear, melon, banana, plum, wisteria

Taste: Has moderate sweetness and roundness, balanced with a refreshing acidity.

Daiginjo-syu and Ginjo-shu are two varieties of sake that has this type of flavor.

②Light and Smooth type

Aroma: Features a mild and moderate aroma.

ex. lemon, green apple, lime, grapefruit, cherry blossom

Taste: Has a refreshing taste and a smooth feeling in the mouth.

Futsu-syu, Honjozo-shu and Namesake are three varieties of sake that has this type of flavor.

③Full-Bodied type

Aroma: Features a natural wood scent, or an aroma conveying Umami, like dairy products.

ex.:soybean, buck wheat, rice cake, bamboo, cress

Taste:Features rich taste with great Umami and moderate mineral flavor. This type has various flavors at different temperatures. If you drink it at warm temperature, you can enjoy the delicate taste of Umami and  a crisp taste.

Jyunmai-syu and Kimono are two varieties of sake that has this type of flavor.

④Matured Type

Aroma:Features strong and complex aromas like spices or dried fruit.

ex:cinnamon, incense, nuts, different types of mushrooms, maple syrup and honey

Taste: It’s a balance of both sweet and acidic as it ages over time. The aroma of spice and nuts extend in the mouth with mellowed delicate Umami, and has a long aftertaste.

Kosyu and aged sake are two varieties of sake that has this type of flavor.

The theme for the next lesson is “Different Name and Taste for Each Temperature”.

I will work hard to absorb many things in the next lesson.

GABA, thank you very much for this wonderful lesson.

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan.

*他のレッスン様子は以下よりご覧いただけます。

 

2019 miss SAKE 準グランプリ/埼玉代表)冨田梨花が、『全国清酒鑑評会金賞受賞 埼玉県知事感謝状贈呈式』に参加して参りました。

英会話Gaba × Miss SAKE「一番伝えたいことを明確にする」

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP