Miss SAKE blog

ミス日本酒 「ふくら雀の作り帯」作り方講座

振袖・着物にオススメの、ふくら雀の作り帯の作り方、結び方をお伝えします。

【はじめに】

「ふくら雀(袋帯)」は、皇室の方々が結納の際に結ばれておられる日本の伝統的な帯結びです。
伝統と格式のある結びでありながらも、ふんわりと膨らむ愛らしい帯結びの作り方をご紹介致します。

【必要なもの】

  • 帯揚げ
  • 帯締め
  • 改良枕
  • 着物用クリップ2個
  • 伸縮しない紐2本
  • ガーゼ(縦18cm、長さ140cm程度)
  • ウエストの長さを図る紐

【箱ひだ】

帯は、両端をそれぞれ「手」と「たれ」という呼び方をします。

柄の付き方を見て判断する場合もありますが、基本的に、中無地からの距離が遠い方が「たれ」です。

  1. たれ先が左側になるように帯を置きます。
  2. たれ先に改良枕を置き、改良枕の3倍の長さの所にクリップを留めます。

改良枕1つ分の長さにクリップで目印を付ける

3倍の長さの所にクリップで目印を付ける

 

3. 3倍の長さの所を三つ折りにし、手前に折り返してクリップで留めます。
4. 上も同じように三つ折りにし、手前に折り返すと箱ひだが出来ます。

三つ折りにします

三つ折りにし、手前に折り返してクリップで留めます

箱ひだの完成です

 

【胴巻く部分】

  1. 改良枕を自分の方に向け、手先が右側に来るようにします。
  2. 2つ折りにします。この時、身長が高めの方は、写真のように少し幅を大きくします。

3. 紐をウエストに巻いてみて、長さを図ります。この際必ず、ウエストより10cm長くします。
4. 紐を窓の中心から、ウエストの長さの位置でクリップを挟み印を付け、左側に折り返します。

[ポイント]

ウエストを図る紐は、ウエストにピッタリではなく10cm長くしましょう!
帯を締める際には、補正タオルや襦袢、振袖を着ている為、思っている以上にウエストが太くなっています。

窓の中心からウエストの長さを図りクリップで留める

クリップの位置で折り返します

5. 手先を窓に通します。
6. 手先を右側に持ってきて、広げます。

入れすぎて、ウエストの長さが短くならないようにしましょう

手先を右側に持ってくる時、窓の後ろ(背中に当たる部分)がごわつかないようにしましょう。ごわつくと背負った時に、背中に添いにくくなります。

【羽根の部分】

1. 帯幅より約10cmプラスした所を持ち、屏風だたみしていきます。

手先から大体40cmのあたりですが、帯の柄などバランスを見てください

屏風だたみしていきます

2. 屏風だたみをし、枕の上に置きます。出来るだけ、裏はごわつかないようにしましょう。

裏はこんな風になっています

3. 裏から押しながら、真ん中にひだを作ります。しっかり持ったまま、上下にも三つ山ひだを作ります。
4. 中心を紐で固定します。

[ポイント]

ふくら雀は羽根が左右対称であることが大切です。紐の位置が中心からズレないよう、注意して結びましょう。

三つ山ひだを作り、紐で固定します

5. 枕にガーゼ、帯揚げを掛けます。

6. 改良枕の上に羽根を乗せて、窓から紐を通して一緒にくっ付けます。

[ポイント]

ここが緩むと、背負った時に羽根がグラグラし、中心がずれて左右対称にならなくなるので、しっかりと結んでください。

羽根と枕を一緒に結びます

左右対称になるよう中心を結びましょう

【仕上げ】

  1. 箱ひだを整えながら、羽根の上からかぶせます。

2. 右側の2つ折りにした帯の真ん中あたりに、帯締めを通します。

3. たれ先は人差し指の長さを出し、クリップで留めます。

帯締めがズレないようクリップで固定します

4. 折り返した際に余って見えている部分は、内側に折り込みクリップで留めます。

余る部分は、内側に折り込みクリップで留めます

完成!

ふくら雀の作り帯の完成です!

 

2018 ミス日本酒ファイナリスト【第10回ナデシコプログラム】に参加して参りました。

2018 ミス日本酒茨城 宮内菜奈子が、茨城県知事 大井川和彦様へ表敬訪問させていただきました

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP