Miss SAKE News/Blog

「立春朝搾りの会 with Miss SAKE」に2023 Miss SAKE 千葉が参加してまいりました [*English follows]

Miss SAKE Chiba attended the “Risshun freshly pressed Sake event” at Iinuma Honke [*English follows]

皆さま、こんにちは。

2023 Miss SAKE 準グランプリ 齋藤ひかりです。

旧暦で一年のはじまりである立春の日に開催されました、「立春朝搾りの会 with Miss SAKE」に2023 Miss SAKE 千葉が参加させていただきました。

こちらは千葉県印旛郡酒々井町に蔵を構える飯沼本家様にて開催されたちばぎん商店の企画で、当日の早朝に搾りあがったばかりの立春朝搾りを、立春をテーマにしたお料理とともにお客様にお楽しみいただきました。

イベントの詳細はこちらのリンクより、ご覧ください。

搾りたて生原酒を味わう年に一度のイベント「立春朝搾りの会 with Miss SAKE」
(リンク: https://www.c-value.jp/projects/iinumahonke003

春を迎える祝い酒「立春朝搾り」とは

立春朝搾り」は、春を迎える特別な日本酒として提供される限定酒です。

この日本酒は、節分の夜から一晩中丹精込めてもろみを搾り続け、翌朝の立春の早朝には火入れを一切行わず、生まれたての新鮮な状態で瓶詰めされます。搾り上がりが立春の日と決まっているため、それに向けた厳格な管理と調整は吟醸造り以上に神経を使うと言われています。

 

立春の日には、蔵元の近郊にある日本名門酒会に加盟している酒販店の方々が早朝から蔵を訪れ、注文分の酒を直接運び出します。出荷作業の合間には、近隣の神社の神主さんによるお祓いが行われ、立春朝搾りに携わるすべての方々の無病息災、家内安全、商売繁盛を祈念します。皆様の素晴らしい連携と努力により、新鮮でフルーティな香りと躍動感に満ちた味わいの縁起酒が、心温まる形で皆さまの手元に届きます。

 

今年は全国から43蔵が参加し、飯沼本家様もそのうちの1蔵でした。

参加蔵元および、立春朝搾りを購入できる日本名門酒会加盟店舗につきましては、日本名門酒会のホームページよりご覧ください。

(日本名門酒会 – ◆立春朝搾り◆ 新しい春を迎える祝い酒:https://www.meimonshu.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=377#lineup

立春朝搾りの会 

会場となった「きのえねomoya」は、代々飯沼本家の当主が住み継いできた築約300年の母屋をリノベーションしたレストランです。東京の名店「日本料理 よし邑」の料理長が監修の二十四節気料理を、蔵元でしか味わえない特別な日本酒と共に味わっていただけます。当日も立春をイメージした季節の献立でお客様をおもてなしいたしました。

日本酒のラインナップ:

・甲子 立春朝搾り 純米吟醸生原酒
・甲子純米やわらか
・甲子純米うまから
・甲子辛口(燗酒)

会の途中には、飯沼本家 専務取締役である飯沼一喜様主催の「千葉・日本酒クイズ」も行われ、優勝者には立春朝絞りがプレゼントされました。中には千葉県民でも難しい問題もあり、日本酒を賭けたクイズ大会は大いに盛り上がりました。

また、今回のイベントには、当日朝から酒蔵の様子を見学されていた漫画家の本郷司先生とヤングキング編集長 村岡志保様にもご参加いただきました。

本郷先生は現在、株式会社少年画報社の『ヤングキング』にて、日本酒をテーマにした漫画「やえの酒めぐり」を連載されています。第一巻は絶賛発売中ですので、皆様もぜひお手に取ってみてください。

立春朝搾りは、新しい季節の訪れを感じることができる特別なお酒です。この贅沢な日本酒は、酒蔵の方々の熱意と技術が詰まった結晶であり、酒販店やお酒に関わる皆様にとっても一年の中での特別な一本になっていることでしょう。

 

季節ごとに変わるお酒の味わいとともに、これからも多くの方に日本の四季の美しさを祝福していただき、その素晴らしさを感じながら楽しんでいただければ幸いです。次世代にもこの伝統が受け継がれるよう、酒蔵の皆さんの努力と情熱に感謝し、これからも日本酒文化についても発信していきたく存じます。

この度は、立春朝搾りの会に参加させていただきまして、誠にありがとうございます。

今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

2023 Miss SAKE 準グランプリ 齋藤ひかり

 

[for English Speakers]

Hello everyone. My name is Hikari Saito, 2023 Miss SAKE Japan Runner-up.

On Feb 4th 2023, I attended the “Risshun Asa-Shibori Sake event” at Iinuma Honke.

About Risshun Asa-Shibori

The day of Risshun marks the beginning of spring in the traditional Japanese calendar. It usually falls around February 4th or 5th, signaling the end of winter and the start of warmer weather. This period is associated with the awakening of nature, as plants and trees start to bloom, and people celebrate the arrival of a new season.

Risshun Asa-Shibori” is a sake that is freshly pressed on the morning of Risshun (Asa = morning, Shibori = pressing). Starting from the night before, the moromi (mash) is carefully pressed continuously and then bottled without any heat treatment, maintaining a freshly pressed state in the early morning of Risshun. Since the pressing is scheduled for Risshun day, sake brewers require strict management and adjustments.

On the day of Risshun, local liquor retailers visit the brewery early in the morning to pick up their ordered sake. In between the shipping activities, a purification ritual is conducted by the local shrine priest, praying for the well-being, safety, and prosperity of everyone involved in Risshun Asa-Shibori. 

Thanks to everyone’s fantastic collaboration and effort, this auspicious sake, filled with a fresh and fruity aroma and lively flavor, reaches everyone in a heartwarming manner.

“Risshun Asa-Shibori Sake event” 

The event was held at Kinoene Omoya which is run by Iinuma Honke, a sake brewery in Chiba Prefecture. This restaurant serves Japanese seasonal dishes along with Iinuma Honke’s sake.

We had a wonderful time together with the special sake which allowed us to feel the new season coming. Along with the taste of sake that changes every season, I strongly want to continue to spread the story of sake culture so that many people can enjoy the beauty of Japan’s four seasons and pass on this tradition to the next generation.

Thank you very much to everyone who came to the event and to everyone involved for making it such a valuable experience.

Best Regards,

2023 Miss SAKE Japan Runner-up

Hikari Saito

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ~心身ともに整え、最高の自分になる~ 2024 Miss SAKE 千葉 寺崎千…

  2. 英語で学ぶ『日本酒の造り方 (How to Brew Japanese SAKE…

  3. 全国燗酒コンテスト2022審査会に、2022 Miss SAKEが参加しました。…

  4. 『より美しく着こなすために』第四回ナデシコプログラムレポート

  5. 2023 Miss SAKE 愛知 森川裕希恵が、テレビ愛知様を表敬訪問いたしま…

  6. 「BOSO地酒バルトレイン内房」に2023 Miss SAKE 準グランプリ 齋…

2024 Miss SAKE Japan ファイナリスト

2024 Miss SAKE 最終選考会 Full Movie

2023 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Mrs SAKE

Mr SAKE

Mr SAKE

最近の記事

PAGE TOP
Translate »