Miss SAKE News/Blog

石川県金沢市の福光屋様にて、「寛永2年創業の老舗酒蔵テイスティング×Miss SAKE石川」が開催されました

皆様こんにちは。
2021 Miss SAKE 石川の稲垣知葉です。

先日、石川県金沢市の福光屋様にて、「寛永2年創業の老舗酒蔵テイスティング×Miss SAKE石川」が開催されましたので、今回は大阪港運協会の皆様をご案内させていただきました。

金沢は毎年浮き足立つ6月の頭。

この週末は百万石祭りでした。

加賀藩・前田利家公が金沢城に入場したことをお祝いするお祭りで、金沢最大のイベント。コロナ禍も明け、久方ぶりに行列以外も伝統通りの開催です。

福光屋様もお祭り仕様で提灯を揚げていらっしゃいました。

しかし生憎の台風による大雨。大阪から皆様が無事に到着されることを願いながら、私も運休前ラストのしらさぎで向かいました。

ちょうど、本日発売のお酒があったのでご紹介いただきました。

その名も「氷室献上」。

皆様、氷室ってご存知ですか?

金沢では、7月1日を「氷室の日」としています。

加賀藩では、冬に積もった雪を氷室と呼ばれる保冷庫に保存し、夏に取り出してその氷を江戸に献上していたのです。

その際、氷は食べられないけれども庶民も無病息災を願って「氷室饅頭」を食べます。

私も金沢にいた頃は学校でも貰って食べました。懐かしい気持ちです。

それに由来した「氷室献上」は、搾りたての純米吟醸を氷温で貯蔵したお酒です。

生酒に含まれる酵素が氷温でじっくり働いて、フルーティ且つ角のない、まぁるいお酒でした。甘みがありつつスッキリしているのに。不思議!

「このお酒、嫌いな人なんていないんじゃないですか?!」と岡本様と盛り上がりました。

皆様はとにかく辛口のお酒を求めていらっしゃるように感じました。地域別にやはりお酒の好みって分かれるものなのでしょうか。

「大阪でも加賀鳶は飲んだことあるよ」とお話ししてくださる方が多かったです。

また、さすが大阪港の皆様。お酒の輸出についてもたくさんお話しくださいました。

また、岡本様から特別に福光屋様自慢の熟成酒をテイスティングさせていただきました。

福光屋様は、長期熟成の研究を1959年から試みられています。

「禱と稔」(inori to minori)シリーズは、契約栽培した有機栽培米のみを使い、有機純米酒の新ブランドです。

使用されているお米は、右から、長女・山田錦、次女・金紋錦、三女・フクノハナ。

「長女は安心して任せられるし、三女は末っ子らしく、なんだかチャーミングですよね」など語られる岡本様は本当に娘の話をしているように愛情たっぷりでした。

こちらは2016年からの熟成されています。

お米も削りすぎず、しっかりと熟成されたそれぞれのお米の旨みや性格が味わえました。

「初心で醸す。初心が熟す。」こちらの「初心」シリーズ。

酒の芸術品とも言われている山廃仕込純米大吟醸の熟成!

美味しくないわけがない日本語の羅列ですよね。

山廃といえば、とイメージする特有の癖が全くなく驚きました。

左の「光蔵」は3年熟成、右の「壽蔵」は1年熟成です。

そして濃熟の系譜「百々登勢」!

こちらは、変身する長期熟成酒です。

10年と30年をいただきました。

30年は11万円。私めには手が出せない価格なのでいただくのもドキドキです。

日本酒の可能性に愕然する香りと味。

常識を覆し、今まで日本酒と合わせてこなかったようなお料理とのマリアージュを妄想させます。

中華など味の濃いお肉とかはもちろん、バニラアイスにとろっとかけても美味しそう。グラッパのように食後に嗜んでも美味しそう。

こちら、なんと50年熟成のものが発表されました。

「百々登勢 1970」。110万円!

もう購入申し込み受付は終了されています。

そして今回はどうしてもご紹介したいのがこちら。

福光屋様が初めて挑んだ本格オーガニックスキンケアシリーズ「Frenava」。

選び抜かれたお米、白山から流れる百年水、無限の可能性を秘めた米発酵、、、。

酒蔵ならではの有機原料を惜しみなく使われています。

肌に乗せると、深呼吸して吸い込みたくなるとっても良い香りがしました。

百年水の水源地、白山に生息している野生のクロモジの香りです。

このクロモジを守り育てることで、スギの生育環境や白山の森まで守っているそうです。

午後からしらさぎが運休になってしまい、スキンケア用品を持ち合わせていない状態で夜を迎えましたので早速、お試しキットを使わせていただきました。

パッケージデザインも本の挿絵のようでとても素敵です。

クレンジングクリーム、化粧水、美容オイル、美容液のセットでした。

配合成分は有機酒粕パウダー、有機酒粕エキス、有機酒粕オイル、日本酒酵母エキス、、と日本酒だらけ。でも日本酒由来化粧品特有の、「お酒の匂いだ!」はクロモジの香気であまり感じられません。日本酒由来なんだよ、とわざわざ言わないと気づかないことでしょう。

朝になってもまだ肌にプルプルと成分が残ってくれているのを感じました。

このセットは6日分ですので使い続けてみようと思います。

福光屋の皆様、株式会社JTB様、関係者の皆様、今回も素晴らしい機会をありがとうございました。

2021 Miss SAKE 石川 稲垣知葉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. CAC 40周年公開生放送に、2021 Miss SAKEが出演いたしました。

  2. 「世界酒蔵ランキング2023」授与式に2023 Miss SAKE 準グランプリ…

  3. 〜伝統と革新〜第十四回目のナデシコプログラム 2024 Miss SAKE 兵庫…

  4. 「立春朝搾りの会 with Miss SAKE」に2023 Miss SAKE …

  5. 「国民民主党パーティー2023」に、Miss SAKEが参加いたしました。

  6. 英語で学ぶ『日本酒とワインの違い(The Differences between…

2024 Miss SAKE Japan ファイナリスト

2023 Miss SAKE 最終選考会 Full Movie

2023 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Mrs SAKE

Mr SAKE

Mr SAKE

最近の記事

PAGE TOP
Translate »