Miss SAKE News/Blog

国税庁様の元へ2020 Miss SAKE松井詩が表敬訪問に伺って参りました。

Shihori Matsui, 2020 Miss SAKE, made a courtesy visit to the National Tax Agency, which has officially supported our activities as Miss SAKEs.

[English Follows]

皆さま、こんにちは。

2020 Miss SAKEの松井詩です。

9月15日、Miss SAKEの活動にご後援を頂いております国税庁様の元へ表敬訪問に伺わせて頂きました。

日本酒をはじめとした「酒類」には酒税が課されておりますが、酒税は明治以降、一時は最大の国税収入源として国家財政における重要な役割を果たしてきた歴史があります。

13 世紀初頭、酒づくりに必要な酒麹売業者に課税したことがその始まりと言われております。その後の明治時代には近代的な【酒税法】が制定され、ピーク時には全体の3-4割を占める最大の国税収入源として国家財政における重要な役割を果たしてきました。

現在、酒税からなる収入額は約1.3兆円であり、安定的な財源として重要視されております。

そうした経緯から酒類業の所管官庁は国税庁様でいらっしゃり、国税庁様は酒税の保全、酒類業の健全な発達を図るための総合的施策を行うとともに、官民一体となった日本産酒類の輸出拡大・輸出環境整備に関する取組を進めていらっしゃいます。

この度は7月に行われました最終選考会での受賞のご挨拶および今後のMiss SAKEの活動についてご報告をさせて頂きました。

国税庁長官 可部哲生様と共に。お写真の時のみマスクを外して撮影していただきました。

(左より)国税庁 長官官房審議官 木村秀美様、国税庁長官 可部哲生様、国税庁次長 鑓水洋様

今年二月に行われましたナデシコプログラムでは、国税庁様より特別講演を行っていただき、鑑定官の皆様が日々尽力されている「国税の徴収及び酒類産業に対する技術的側面からの支援」を直接この目で見、多くを学ばせていただきました。

今年度はコロナ渦の影響によりイベントの開催ができず、活動は厳しさを強いられておりますが、そんな今だからこそ【地域創生】そして【日本酒における地理的表示(GI)保護制度】の重要性を国税庁長官 可部哲生様より教えていただきました。
地域には、伝統的な生産方法や気候・風土・土壌などの生産地等の特性が、品質等の特性に結びついている産品が多く存在しており、これらの産品の名称(地理的表示)を知的財産として登録し、保護する制度が「地理的表示保護制度」です。

世界規模での新型コロナウイルス感染拡大の影響により、今年1~5月の清酒における輸出金額は約25%も減少。国内出荷にも影響は大きく、料飲店の営業自粛やステイホーム、インバウンドの減少から、国内出荷数量は前年の1〜5月に比べて酒類全体で4%、清酒では約18%も減少しました。

この打開策として今注目されているのが地理的表示(GI)であり、国内外における日本産種類のブランド価値向上が解決の糸口となることを教えていただきました。

私で7代目となるMiss SAKEはこれまで数多くの国と地域を訪れ、各地で日本酒・日本文化のプロモーション活動を行って参りました。
そして今年度からは活動の場をYouTubeを初めとする様々なSNS媒体にも展開し、より多くの方々にその魅力をお伝えできるよう、努めて参りました。

こうしたこれまでの活動に対し、皆様より温かな労いのお言葉と応援のお言葉を頂戴いたしましたことを心より光栄に思っております。

Withコロナの時代。日本の誇る「飲・食」の魅力をより多くの方々に知っていただけるよう、Miss SAKEとして今後も精一杯励んで参りたく思っております。

改めまして、国税庁長官 可部哲生様、 国税庁長官官房審議官 木村秀美様、国税庁次長 鑓水洋様、国税庁酒税課長 郷敦様、そして国税庁酒税課 輸出促進室の皆様、この度はご多忙な中大変貴重なお時間を誠に有難うございました。

2020 Miss SAKE 松井詩

[for English Speakers]

Hello, everyone.

This is Shihori Matsui, 2020 Miss SAKE Japan.

On September 15th, I made a courtesy visit to the National Tax Agency, NTA, which has officially supported our activities as Miss SAKEs.

Now, we have imposed a liquor tax on alcoholic beverages, including sake.
The liquor tax in Japan was first levied at the beginning of the 13th century on sake koji vendors required to make sake.
The modern Liquor Tax Act was enacted in the Meiji era, and it has a history of playing an important role in national finance as the largest source of national tax revenue, accounting for 30% to 40% of the total at the peak.
At present, the income from liquor tax is about 1.3 trillion yen, which is regarded as a stable financial source.

Through these processes, the responsible agency of the liquor industry is the National Tax Agency, which is responsible for the proper and fair imposition and collection of domestic taxes, the sound development of the liquor industry, and the proper management of tax accountant business.
In addition to the comprehensive measures of the above, the public and private sectors are working together to expand the export of Japanese liquor and improve the export environment.

Due to the pandemic of COVID-19, exports of Japanese sake in overseas have decreased by 25 %.
In addition, the domestic export of Japanese Sake has decreased by 18 %.

The idea of geographical identification is the key- says Mr. Tetsuo Kabe the Commissioner of NTA.
A geographical indication (GI) is a name or sign used on products which correspond to a specific geographical location or origin.
They not only provide a way for businesses to leverage the value of their geographically unique products but also inform and attract consumers, which will become the key aspect of solving the severe damage in the Sake industry COVID-19 has caused.

As the 7th Miss SAKE, we have been participating in several events, domestic and overseas, to spread the fascination of a Japanese Sake.
Furthermore, starting from this year, we have expanded our activities on YouTube and other platforms.

I am very honored to have received warm words of encouragement for our activities from people at NTA. I would like to express my deepest gratitude to their considerable supports.

I will make the most use of what I have learned through the special lecture during the Nadeshiko program and continue do my best to spread the charm of Japanese “food”, “tradition” and “culture”.

During the 8th Nadeshiko program held at NTA, February 2020.

Mr. Tetsuo Kabe, the Commissioner of NTA, Ms. Hidemi Kimura, the Deputy Commissioner of NTA, Mr. Yo Yarimizu, the Senior Deputy Commissioner of NTA, Mr. Go Osamu, the Director of Liquor Tax and Industry Division, and the members of the International Promotion and Negotiation Office of Liquor Tax and Industry Division, I extend my deepest gratitude  for making a valuable time in their busy schedules.

Shihori Matsui, 2020 Miss SAKE Japan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Miss SAKEを呼べる!日本酒および日本の伝統・文化に関わる日本国内外イベントPR等への【特典付き Miss SAKEキャスティング概要】を発表します。

愛知件 山盛酒造様に伺う!お米からお酒ができるまで 〜前編〜

関連記事

  1. 『埼玉34酒蔵大試飲会』に2019 Miss SAKE 春田早重と2019 Mi…

    2019.09.25
  2. 大國魂神社「武蔵の國の酒祭り2018」に、2017 ミス日本酒 準グランプリ 加…

    2018.09.26
  3. 『Akashi-tai Sake Experience in Awaji』に20…

    2019.10.03
  4. 岩手県紫波町 Cafe Style Bar VIVID様にて開催された『堀の井を…

    2018.07.02
  5. ホテルオークラ神戸にて開催された某企業様レセプションパーティに、2018 ミス日…

    2019.08.10
  6. 大阪国税局様主催、在留外国人向け日本酒セミナー『DISCOVER SAKE』に2…

    2019.02.04

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Miss SAKE Weekly Report

最近の記事

PAGE TOP
Translate »