Miss SAKE blog

『全国きき酒選手権 埼玉県大会』及び『第15回埼玉34酒蔵 大試飲会』に2018 ミス日本酒 須藤亜紗実、同 準グランプリ 堀井雅世、 児玉アメリア彩が参加して参りました。

Asami Sudo, 2018 Miss SAKE,  joined the “Saitama Regional Preliminary for the National SAKE Tasting Competition” and “the 15th Saitama SAKE FESTIVAL” with Miss Masayo Hori and Miss Aya Amelia Kodama, 2018 Miss SAKE runner-ups.

[English Follows]

皆様こんにちは。2018 ミス日本酒の須藤亜紗実です。10月11日大宮ソニックシティ にて開催された『全国きき酒選手権 埼玉県大会』及び『第15回埼玉34酒蔵 大試飲会』に2018 ミス日本酒 準グランプリ 堀井雅世さん、同 児玉アメリア彩さんとともに参加して参りました。

(写真)左より2018 ミス日本酒 準グランプリ 堀井雅世さん、同 児玉アメリア彩さん、2018 ミス日本酒  須藤亜紗実、「帝松」蔵元 松岡醸造株式会社代表取締役社長・埼玉県酒造組合会長 松岡良治様。

 

『全国きき酒選手権 埼玉県大会』
埼玉県は清酒出荷量全国4位を誇っており、『首都圏の隠れた酒どころ』とも言われております。県内には34の酒蔵様があり、それぞれに伝統的の技と新しい技術とが織り成す、魅力溢れる日本酒の数々を製造していらっしゃいます。この度は、そんな彩の国・埼玉県の全国きき酒選手権代表を選出する大会が行われました。大会開会式では私たちミス日本酒も皆様に応援のお言葉を送らせて頂きました。そして出場者の皆様が結果を待つ間には、利き酒師の漫才師「にほんしゅ」のお二人による『お酒の教養講座』も実施され、私達も皆様とともに楽しく講座を拝見させて頂きました。

(写真左)利き酒師の漫才師「にほんしゅ」のお二人とともに。(写真右)利き酒師の漫才師「にほんしゅ」のお二人による『お酒の教養講座』の様子。

そして表彰式では、埼玉県酒造組合会長 松岡良治様より、受賞された皆様に賞状と景品の授与がなされ、私達ミス日本酒は壇上にてプレゼンター・アシスタントを務めさせて頂きました。受賞されました皆様、改めましておめでとうございました。全国大会でのご活躍もお祈りしております。

 

『第15回埼玉34酒蔵 大試飲会』
そして『全国きき酒選手権 埼玉県大会』終了後は、大宮ソニックシティ 展示場にて開催された『第15回埼玉34酒蔵 大試飲会』に参加して参りました。毎年多くの方々に楽しんで頂いているこちらのイベントには、今年も開場とともにたくさんの来場者様にお越し頂き、会場は終始大変な熱気に包まれておりました。

イベント中には利き酒師の漫才師「にほんしゅ」のお二人のご案内の元、複数回にわたり、会場の皆様全員での「乾杯」の発声が行われました。私達も壇上にて乾杯に参加させて頂きましたが、会場いっぱいの皆様での一斉乾杯の様子は圧巻の一言でした。

また、この日は埼玉県酒造組合会長 松岡良治様にご案内頂き、私たちも各ブースを回らせて頂きました。各酒蔵様より直接お話を伺うことができ、改めて埼玉県の日本酒の魅力に魅せられたひと時となりました。そして会場ではたくさんの方々にお声掛けをして掛け頂き、ミス日本酒の活動に多くの応援のお声を頂戴致しましたことを大変光栄に思っております。

 

 

最後まで熱気冷めやらぬ素晴らしい会に参加させて頂き、埼玉県の地酒の勢い、そして日本酒の持つパワーを改めて実感することができた気がしております。来場者の皆様、蔵元の皆様とともに、私達自身も大変楽しい時を過ごさせて頂きました。日本酒・地酒の持つこの勢いをさらに加速させ、そしてより広く広めていくお手伝いができますよう、今後も精一杯励んで参りたいと思っております。

この度は素晴らしい会に参加させて頂き、誠に有難うございました。

2018 ミス日本酒 須藤亜紗実

[for English Speakers ]

Hello, everyone. This is Asami Sudo, 2018 Miss SAKE. 

On October 11th, I joined the “Saitama Regional Preliminary for the National SAKE Tasting Competition” and “the 15th Saitama SAKE FESTIVAL” with Miss Masayo Hori and Miss Aya Amelia Kodama, 2018 Miss SAKE runner-ups. 

Saitama Prefecture has 34 SAKE breweries and produces the 4th highest amount of SAKE of all the prefectures in Japan. 

On the day, “the Regional Preliminary for the National SAKE Tasting Competition” was held and we served as assistant presenters at the prize awarding ceremony. Once again, we offer the prize winners our congratulations and wish great successes at the National Competition.

After the Regional Preliminary, we joined the 15th Saitama SAKE FESTIVAL at Omiya Sonic City Exhibition Hall. The famous and popular festival welcomed so many visitors as in the past, and from beginning to end, an energetic atmosphere prevailed at the venue.

Several times during the event, “Kampai events” were done on the stage, where we made toasts with all the people at the venue. The Kampai calls of all the visitors and brewers were so impressive that we could feel the power and energy of Saitama SAKE.

On the day, Mr. Ryoji Matsuoka, executive chairperson of Saitama Sake Brewer’s Association, introduced us all the SAKE breweries in Saitama. Great SAKE of each brewery and the direct conversation with each brewer made us more attracted to Saitama SAKE than before.

 

We were glad to see lots of visitors express great smiles after drinking SAKE. Also, It was an honor for us to have many words of encouragement to our activities. Together with the visitors, we could spend a wonderful time, too.

As goodwill ambassadors of Japanese culture and SAKE, we’d like to continue to try our best. We extend our appreciation to all the people involved in the event. 

Asami Sudo, 2018 Miss SAKE

2019 ミス日本酒(Miss SAKE) 応募締切が近づいてます。

『白鶴 銀座天空農園』白鶴錦 稲刈りイベントに2018 ミス日本酒 須藤亜紗実が参加して参りました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP