Miss SAKE News/Blog

2021 Miss SAKE 石川 稲垣知葉 / 第4回ナデシコプログラムレポート

2021年4月3日 第4回ナデシコプログラム

前井雅美様による振袖自装、2度目の講座です。

前回の学びの大きな3点

  • 準備を大切にする(周囲の整頓、紐のセッティング、仮畳みなど)
  • 着付けの所作
  • 補正を大切にする

を生かし、自宅で練習をしてみておりました。

あとは第2回自装講座は帯の作り方を重点的に行うということで、帯の予習も致しました。帯は何度やってもなかなか苦手で手順を覚えるのが精一杯でした。しかし自宅での練習でそれも解決。綺麗なふくら雀作りが出来るようになりました。

このような状態で挑んだ講座ですが、結果としてなかなか落ち込みました。

着物は復習通り一通り着ることはできました。が、鏡が目の前になかったこともあり少し時間がかかりました。本来ならば鏡なしで着付けられなければならないのでこれも反省のひとつです。

でもそれよりも大きかったのは、改良枕の上のガーゼと帯揚げの固定が甘く、背負ってもリボン部分がグラグラで、背中から浮いたような状態になってしまったことです。

その後修正してなんとか形になった帯。なんだか可愛げがないふくら雀。背中心と帯の中心がズレ、更に垂れが斜めになってしまっています。

「着付けは自分でレッスンも少し通ったし!」と多少きちんと出来るつもりで勝手に周りと比べてなんだか気持ちが焦っていたのだと思います。
ファイナリストの皆様が優秀で、お着付けのスピードが早く、急く気持ちのあまり、「丁寧」な気持ちを忘れていたと猛省いたしました。

ふと、自分で少し前に着付けた写真を見返すと、背中にぴったりくっついた帯で、少し膨らんでいて、とてもかわいらしいふくら雀が作られていました。まあまあ時間をかけての結果でしたが…。

スピードは確かに大切だけど綺麗に着られないと元も子もないのです。

明日は着付け自装仕上げの講座。美容学生ならば試験の日。

周りを気にせず、自分のスピードで、とにかく丁寧に、大切に大切にお着付けに挑みたいです。

こちらの写真もサッシュの付け方に大反省。 首元が詰まりすぎです…

 

午後は株式会社マニモード代表取締役、Miss SAKE公式ネイリスト 山田裕美子様による美容関連の講座が行われました。

まずはネイルケアについて。

私は昨年3月からネイルサロンに通いはじめ、1年が経過しました。きっかけは、自爪で乾燥肌を掻くせいで肌の傷が酷かったからですが、通院し乾燥肌が改善された今でも通っています。

美しい指先は女性としてのテンションが上がりますし、それだけでなく、ジェルネイルによって爪の健康を守れるからです。

そもそも、良い爪、美しい爪とは、程よい強度と水分、柔軟性があり、白い部分とピンクの部分の比率が1:2であることだそうです。

私の爪は一年かけてハイポニキウムもだいぶ成長し、自爪がだいぶ縦長になってきました。

左 : 一年前 右 : 現在。形、サイズが全然違います

ホームケアはキューティクルオイルとクリームを季節関係なく塗ることが大切だと教えていただきました。この時期から夏にかけても、1番油断しやすく、指先や爪が乾燥しやすいそうです。気を抜かないよう心がけます。

普段爪切りはもちろん爪やすりさえ使いませんが、やすりは往復でかけてはいけないことを初めて知りました。

また、フィルインの利点もたくさん教えてくださりました。

フィルインとはベースジェルの層を残して上に塗りなおすオフの方法で、1番爪の負担となる塗りなおしの際も爪の表面を削らずに済むので、①負担をかけすることなくジェルを続けられる②上のジェルを塗りなおしてもネイル自体が長持ちしやすい、というメリットがあります。

そしてこれは大変難しい技術らしく、今通っているサロンは正解だったなと安心いたしました。

期間が空いてしまって5週間経過してもピッタリ爪から浮かないでいてくれるので。でもこれは美意識が低すぎる。きちんと3週間に一度のペースを守って通います。


続いてはパーフェクト付け睫毛講座です。

2021 Miss SAKE 愛知大会以降、普段から練習用のナチュラルめな付け睫を愛用するようになった私ですが、まだまだ先生のようにはつけられないことを痛感いたしました。

私のMiss SAKE用付け睫毛は目尻に重みを置いた、毛足の長いものです。顔が外に広がりがちなのであまり外につけ過ぎないようにします。

左目のみ山田先生に付けていただきました。

写真だとわからないのですが、自分で装着した右目は、目頭が浮いていて、真ん中の接着部分も少し上過ぎます。もっと食い込ませるように装着することが大切です。

最後にお肌の美容について教えていただきました。

お肌は表皮、真皮、皮下組織から成っており、真皮には線維芽細胞、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などが含まれています。

老化の要因は紫外線などによる光老化と加齢老化があります。光老化はUVケアの徹底で食い止められますが、加齢はなるべく進行をゆっくりに遅らせることしかできません。

特になくなるとたるみに繋がるエラスチンは赤ちゃん以降減少して行き、細胞の接着剤であるヒアルロン酸は40歳以降急減少していくそうです。怖い!と漠然と思いました。まだ23歳で、今のところ肌も褒めてもらえる方ですが、いつまでも美しくいるために、やはり日頃のケアは徹底します。

お話いただいた幹細胞美容液及び化粧品が気になりました。

  • 幹細胞とは、幹細胞は、自己複製能と様々な細胞に分化する能力(多分化能)を持つ特殊な細胞である。 この2つの能力により、発生や組織の再生などを担う細胞であると考えられている。 幹細胞には、その由来や能力などから、幾つかの分類がされており、主に胚性幹細胞(ES細胞)、成体幹細胞、iPS細胞などが挙げられる。(Wikipediaより)

このような素晴らしい医療の技術が美容にも用いられているなんて。なんといっても効果が凄そうです。 

午後の講義を通して、美しいMiss SAKEであるために、石川県の代表として、日本の代表を目指す身として、美意識は常に高く持つべきだと再認識いたしました。

Miss SAKEとして人前に出る際はその会場に存在する誰よりも華やかでならねばならないとの先生のお言葉も印象的でした。

美容もメイクもファッションも大好きですが、私は生まれてこの方じぶんのことをちゃんと美しいと思えたのは、Miss SAKE愛知大会の時が初めてでした。あの日はプロによるヘアメイクアップの魔法と、それによって自信を持ってステージに立てた私自身に感激いたしました。

全国大会は周りの県代表の方々が本当に綺麗で、回を増すごとに意識が高まり美しくなる周りを見渡すたび、集合写真を見るたび落ち込みます。

このままでは決してダメで、自分も認めてあげられるくらい美しくいないと県代表として相応しくないのです。私はMissなんだ、サッシュをつけるんだ、愛知も石川も背負っているのだと責任感を持ち、自分に自信を与えてあげられるよう日々努力をします。何事も継続と練習あるのみ。

山田先生のメイクアップ復習講座も大変楽しみです。よろしくお願いいたします。

前井雅美様、山田裕美子様、ありがとうございました。

For English Speakers

This is the second lesson of furisode self-dressing by Ms.Masami Maei.

 Three big points for me from the previous lesson,

Take care of your preparation (Organize the surroundings, settings of the tool, how to fold etc.)

 Dressing behavior

 To make the body flat 

 I was trying to practice at home with careful of these points.

 Then, the 2nd self-dressing lesson focused on how to make obi, so I also prepared for that.

No matter how many times I tried the obi, I wasn’t very good at it, and I was trying my best to learn the procedure.  However, that was solved by practicing at home.  I could able to make beautiful obi “Fukura suzume”.

Today was the lesson that I challenged in such a state, but the result was quite depressed.

 I was able to wear the kimono as self practice, however, it took time because the mirror was not in front of me.  This is also one of my reflections because Miss SAKE sometimes have to wear furisode without a mirror.

 An even bigger reflection point was gauze and obi-age on the improved were loosely fixed, and even when I carried it on my back, the ribbon part was wobbly and it seemed to float from my back.

(After that, I remade obi. It looks isn’t cute. The center of the back and the center of the obi are misaligned, and the sagging is slanted.)

I think I was impatient because I compared myself with those around me.  The finalists were excellent, the speed of dressing was fast, I really regret I forgot my polite feelings.

 Suddenly, when I looked back at the photo I wore a  furisode while ago, I found that it was attached to my back, slightly bulging, and a very cute Fukura suzume was made.  But It was a result of taking a long time.

Speed ​​is certainly important, but if I don’t wear it neatly, It defeats the purpose.

Next is a last self-dressing lesson.

Exam day for If I am a cosmetology students.

I want to wear furisode carefully and carefully, and at my own speed, without worrying about the surroundings.

In the afternoon, a beauty-related lecture was held by Ms. Yumiko Yamada, CEO of Manimode Co., Ltd. and Miss SAKE official manicurist for Miss SAKE Association.

 First of all, about nail care.

 It’s been a year since I started going to a nail salon in March last year.  The reason was that my nails scratched my dry skin and my skin was badly damaged, but I still go through it even now that my dry skin has improved.

 Beautiful fingertips increase the mind as a woman, and not only that, gel nails protect the health of my nails.

 In the first place, good nails have moderate strength, moisture, and flexibility, and the ratio of white to pink is 1: 2.

 Over the course of a year, my nails have grown a lot with hyponicium, and my nails have become quite vertically long.

(Left: One year ago , Right: Present)

 For home care, it is important to apply cuticle oil and cream regardless of the season.

 I don’t usually use nail clippers or even nail files, but for the first time I learned that nail files shouldn’t be used in a round trip.

Ms.Yamada taught us many advantages of fill-in , and I was relieved that the salon I was attending was the correct answer.

 Next is the perfect false eyelashes lecture.

 Since the Aichi competition, I’ve been using natural false eyelashes on a regular basis, but I realized that I still can’t wear them like Ms.Yamada.

 (Only the left eye was attached by Ms.Yamada.)

 

 It’s hard to see in the photo, but the inner corner of the eye is floating, and the adhesive part in the middle is a little too high.  It is important to attach it bites in more.

Finally, we learned about skin beauty.

The skin consists of the epidermis, dermis, and subcutaneous tissue, which contains fibroblasts, collagen, elastin, hyaluronic acid, and more.

 Factors of aging include photoaging due to ultraviolet rays and aging.  Photoaging can be stopped by thorough UV care, but aging can only slow down the progression as slowly as possible.

 Especially when it disappears, elastin, which leads to sagging, decreases after the baby, and hyaluronic acid, which is a cell adhesive, decreases sharply after the age of 40.  How scared…I vaguely thought.  I’m 23 years old, but I still take thorough care to keep it beautiful forever.

 I was curious about the stem cell serum and cosmetics.

 Stem cells are special cells that have self-renewal ability and ability to differentiate into various cells (pluripotency).  Due to these two abilities, it is considered to be a cell responsible for development and tissue regeneration.  Stem cells are classified into several categories according to their origin and ability, and mainly include embryonic stem cells (ES cells), adult stem cells, and iPS cells.  (From Wikipedia)

Medical technology is also used for beauty…

After all, the effect seems to be amazing. 

Through the afternoon lecture, I reaffirmed that I should always have a high sense of beauty as a representative of Ishikawa Prefecture and as a representative of Japan in order to be a beautiful Miss SAKE.

 I was also impressed by Ms. Yamada’s words that we must be more gorgeous than anyone else at the venue when we appears in public as Miss SAKE.

 I love beauty, make-up, and fashion, but it was the first time I was born that I thought ‘I was beautiful’ at the Miss SAKE Aichi competition.  On that day, I was deeply moved by the magic of professional hair and makeup and myself who confidently stood on the stage.

 At now, the finalists are really beautiful, and every time I look around and see the group photo, I get depressed.

 It’s no good as it is, and if it’s not beautiful enough to be recognized by me, it’s not suitable as a prefecture representative.  I take responsibility for being “Miss”, wearing sashes, and carrying both Aichi and Ishikawa, and I strive every day to give myself confidence.  There is only continuation of practice.

 I am very much looking forward to Ms. Yamada’s makeup review lesson.  

Thank you to 

Ms.Masami Maei and Ms.Yumiko Yamada.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021 Miss SAKE 長崎 樋口友紀 / 第4回ナデシコプログラムレポート

2021 Miss SAKE 千葉 阿部さくら / 第五回ナデシコプログラムレポート

関連記事

  1. ミス日本酒 振袖自装着付け講座(動画解説付き)

    2018.02.16
  2. 第四回ナデシコプログラムに2018 ミス日本酒 須藤亜紗実が参加して参りました。…

    2019.02.05
  3. 2021 Miss SAKE 千葉 阿部さくら / 第14回ナデシコプログラムレ…

    2021.06.10
  4. 2021 Miss SAKE 宮城 斉藤百香 / 第9回ナデシコプログラムレポー…

    2021.05.07
  5. 2021 Miss SAKE 京都 中野由美子 / 第10回ナデシコプログラム…

    2021.05.18
  6. 2021 Miss SAKE 長崎 樋口友紀 / 第8回ナデシコプログラムレポー…

    2021.05.01

Miss SAKEについて

>About Miss SAKE

 

>2021 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

 

>2021 Miss SAKE Japan ファイナリスト

 

>2020 Miss SAKE 最終選考会 Full Movie

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Miss SAKEメールマガジン

最近の記事

  1. online sake fair 2021 miss sake
PAGE TOP
Translate »