Miss SAKE News/Blog

『世界基準であるワインを学び、日本酒への理解を深める』2022 Miss SAKE 滋賀 磯部里紗

第10回ナデシコプログラムレポート

講義内容

  1. WSET Level1 Winesの講義/キャプランワインアカデミー 木下 明子講師
  2. WSET Level1 Winesの試験

Miss SAKEと私とワイン

本日は、キャプランワインアカデミー 大手町にて、WSET Level1 Winesの講義を受講した後、試験を受験させて頂きました。

▼WSETとは?

ロンドンに本部を置く世界最大のワイン教育機関で、ワイン産業をサポートする英国のワイン商組合『Vintners Company』により1969年に創設されました。

現在では世界70カ国でWSETの教育組織が運営され、年間約95,000人が認定試験を受験するなど、国際的に認められている認定資格です。

日本ではソムリエ協会の認定する資格の方が有名かもしれませんが、世界的に認知されている資格はこちらのWSETです。

ワイン以外にも日本酒に特化した講座・試験もあり、Miss SAKEのナデシコプログラムでは、ワイン(本日)と日本酒(5/29)を受講させて頂くことになっています。

WSET wine

▼なぜMiss SAKEがワイン?

比較することでより自分の理解を深められるだけでなく、海外の人に日本酒を説明する際にワインと比較して説明してあげるとより理解してもらいやすいため、Miss SAKEとして重要な教養の一つとして学ばせて頂きました。

▼私とワインの関係は?

実は私は20歳になってから1年半の間、あまりお酒が得意ではなく、弱いカクテル以外はほとんど飲んでいませんでした。

しかし、大学3年生の時にフランスのアルザス地方に留学して白ワインの美味しさに気づき、それからワインを好きになり、どんどんお酒に興味が湧いて、日本に帰国してから日本酒を好きになり今に至る、という経緯があります。

私にお酒の美味しさを最初に教えてくれたアルザス地方のワインには、今でも大感謝です。

ちなみにアルザス地方では、講義にも出てきたように、リースリングの白ワインが有名です。講義の中で試飲したドイツのリースリングは甘口でしたが、アルザスのリースリングはほとんどが辛口です。レストランでリースリングを見つけたら、産地のチェックをお忘れずに!

ワインを体系的に学ぶ

キャプランワインアカデミー 木下 明子講師より、WSET Level1 Winesをご指導いただきました。
木下先生の説明はとても丁寧で分かりやすく、
単に「知っているか知らないか」を問うことよりも、「何故そうなのか」を考えさせることを重要視していて、大変勉強になりました。

例えば、「アルコール発酵とは、酵母が糖に作用し、アルコールと炭酸ガスに変化させること」ですが、それを知るだけでたくさんのことを論理的に導き出すことができます。

→糖度の高いブドウを使ってアルコール発酵させると、アルコール度数が高くなる。
→糖度の低いブドウを使えば、その逆になる。
→酵母がすべての糖に働けば、出来上がったワインに糖は残らないので、辛口になる。
→逆にワインを甘口にするためには、適切なタイミングでアルコール発酵を止めればよい。

また、同じ品種でも産地の気候によってワインの味わいが変わりますが、それも論理的に説明できます。

当たり前のことですが、「ブドウは成熟すると、糖度が上がり、酸度が下がり、風味が円熟する」ので、

→冷涼な気候だとブドウは成熟しにくいため、ブドウの酸味が高く、糖度が低い。
→温暖な気候だとブドウはよく成熟するため、酸味が低く、糖度が高く、風味も円熟する。
→よって、シャルドネという品種はフランスのブルゴーニュでもカリフォルニアでも広範囲で育てられているが、冷涼なブルゴーニュの方が酸味が高く、リンゴやレモンの香りを持ちすっきりとした印象である一方で、温暖なカリフォルニアの方が酸味が低くなり、モモやパイナップルのような甘い香りになる。

(フランスワイン事典HPより引用)

いかがでしょうか?とても分かりやすく、すっきりと頭に入ってきませんか?

私はフランスやイタリアに留学をしていたこともあり、ワインに詳しい友人が多く、よく色々な知識を教えてもらっていたのですが、断片的な知識だったせいか、なかなか覚えることができませんでした。

しかしようやくワインを体系的に学ぶ機会を得て、これまで教えてもらっていたことやこれまで頂いたワインの断片的な記憶が少しずつ繋がっていき、とても感動しました・・!

日本酒についても、体系的に学ばせて頂くことで新たな発見が出来そうで、断然楽しみになってきました。次回5/29が待ち遠しいです!

2022 Miss SAKE 滋賀 磯部里紗
https://www.misssake.org/2022-miss-sake-japan-finalists/isobe-risa/

▼Instagram
https://instagram.com/misssake_risa?igshid=YmMyMTA2M2Y=

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「世界に誇る、日本の美しい手仕事に触れる。」2022 Miss SAKE 福岡 白石 萌莉

2022 Miss SAKE 茨城 渡辺瑠奈 / 第9回ナデシコプログラム

関連記事

  1. 2021 Miss  SAKE 長崎 樋口友紀 / 第12回ナデシコプログラムレ…

    2021.05.27
  2. 2021 Miss SAKE 千葉 阿部さくら / 第11回ナデシコプログラムレ…

    2021.05.22
  3. 第一回ナデシコプログラムレポート「Miss SAKE としての第一歩 〜心構え…

    2022.03.31
  4. 2018 ミス日本酒ファイナリスト【第13回ナデシコプログラム】に参加して参りま…

    2018.03.05
  5. 第7回・第8回 2022 Miss SAKEナデシコプログラムに、2021 Mi…

    2022.05.11
  6. 2021 Miss SAKE 宮城 斉藤百香 / 第14回ナデシコプログラムレポ…

    2021.06.09

Miss SAKEとは?

2022 Miss SAKE Japan ファイナリスト

2021 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Mr SAKE

最近の記事

PAGE TOP
Translate »