Miss SAKE News/Blog

「awa酒振興議員連盟」総会・試飲会に2023 Miss SAKE 準グランプリ齋藤ひかりが参加させていただきました [*English follows]

Hikari Saito, 2023 Miss SAKE Runner-up attended the General Meeting and Tasting of “Parliamentary Association of AWA SAKE Promotion”  [*English follows]


皆さま、こんにちは。

2023 Miss SAKE 準グランプリ 齋藤ひかりです。

節分を過ぎ、寒い中にも春の気配が感じられるようになった2月7日(水)、自民党の国会議員有志による「awa酒(あわさけ)振興議員連盟」の総会と試飲会に参加させていただきました。

当日は、全国のawa酒協会に加盟する蔵元の皆様もいらっしゃり、試飲会では出席した議員の方々にawa酒のこだわりや魅力をお伝えしました。

awa酒協会とawa酒振興議員連盟について

awa酒協会は、2016年11月に世界水準のスパークリング日本酒を製造し、これを通じて日本の文化、技術、伝統を広く世界に伝えることを目指し、設立されました。設立当時9蔵だった加盟蔵も、2024年2月現在は33蔵までに増えました。

awa酒協会では、厳しい認定基準をもと製造されたスパークリング日本酒のうち、外部の検査機関2カ所で品質検査に合格したお酒のみに「awa酒(あわさけ)」という称号を使うことを認めています。これにより、awa酒認定酒の品質を高く保つことに努めています。現在は37銘柄(21社)が認定酒として定められております。2022年に開催された認定お披露目会には、Miss SAKEも参加させていただきました。

『一般社団法人 awa酒協会 第5回認定お披露目会』に2022 Miss SAKE 磯部里紗が参加致しました。 

(リンク:https://www.misssake.org/5th-awasake-association-ceremony/

awa酒振興議員連盟は、2020年1月に現在会長を務める衆議院議員の遠藤先生をはじめ自民党の国会議員の先生方約30名が集まり発足されました。awa酒が世界の乾杯酒として広く認知されるよう後押しするため、海外からのVIPを招いたレセプションなどで積極的にawa酒を乾杯酒として推進されております。

awa酒振興議員連盟総会

まずはじめに、会長の遠藤利明先生より開会のご挨拶をいただきました。本議員連盟の設立経緯やawa酒協会とのこれまでの歩みについて振り返りながら、今後さらに多くの方にawa酒を乾杯酒として認知していただくための展望についてお話くださいました。


続いて、awa酒協会理事長の永井則吉様より、awa酒の現状や要望について詳しくお話しいただきました。2023年には広島で開催された首脳会議を含む7つのG7関連行事の会合でawa酒が採用されました。また、令和5年度の天皇誕生日レセプションでは、9カ国の日本国大使館でもawa酒が採用され、永井様はこれがawa酒が徐々に浸透している証でもあると述べていらっしゃいました。世界的なコンテストのスパークリング日本酒部門でも、awa酒認定酒が上位に入賞するようになり、協会に所属する蔵同士が切磋琢磨し合うことでより高い品質のお酒が生まれていることも強調されました。

その後、出席していた国税庁、外務省、農林水産省の関係者から、2023年の日本酒の輸出やawa酒のプロモーションの成果に基づき、引き続き2024年も促進に協力する姿勢が表明されました。

また、僭越ながら、私も日本酒のアンバサダーとしてご紹介いただき、Miss SAKEの活動内容や今後のawa酒の発信に対する意気込みについてお話させていただきました。

awa酒試飲会

総会後、さらにawa酒に親しんでいただくために試飲会が行われました。試飲に使用された『AWA Glass』は、awa酒用に特別に開発されたグラスで、五感すべてでawa酒を味わっていただけるようにデザインされています。

試飲会では、直接出席した議員の皆様にawa酒を試飲していただきながら、各蔵元の代表者が特徴やこだわりについて説明されました。私も試飲に参加させていただき、一本一本異なる香りや味わいを味わいました。乾杯酒としてのイメージが強かったスパークリングでしたが、中には食中酒としても楽しめるよう酸味や苦味を抑えたお酒もあり、そのバラエティの豊かさに大変驚きました。改めて、より多様なシーンで召し上がっていただけるよう努力されている蔵元の皆様の想いを感じることができるひとときでした。

awa酒振興議員連盟の総会に参加させていただき、新しい層にアプローチするためのブランディングの重要性を再認識しました。awa酒協会は、「AWA SAKE」として認定するお酒の基準を厳格に規定しています。これにより、シャンパンなどと同様に市場の統制価値向上を進めることができます。私たちMiss SAKEもこれまでの経験を生かし、日本酒のアンバサダーとしてawa酒の認知度向上に貢献できるよう努めてまいります。

先日、2023 Miss SAKE 鳥取 都田亜衣莉さんがawa酒協会に加盟している千代むすび酒造様にて対談をさせていただきましたので、ぜひご覧ください。

「日本キャビア×AWA SAKEの新たな可能性について」2023 Miss SAKE 鳥取 都田亜衣莉が対談させていただきました

(リンク:https://www.misssake.org/japancavier-awasake-2023misssake/

この度は、貴重な機会に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

2023 Miss SAKE 準グランプリ 齋藤ひかり

 

[for English Speakers]

Hello everyone. My name is Hikari Saito, 2023 Miss SAKE Japan Runner-up.

On February 7th, I attended the General Meeting and Tasting of “Parliamentary Association of AWA SAKE Promotion”.

About AWA SAKE

AWA SAKE is a Japanese sparkling sake with natural carbonation obtained

after secondary fermentation. 

The Japan Awasake Association was established in November 2016 with the aim of producing high quality sparkling sake and spreading the culture, technology and traditions of Japan through Awasake to the world. Currently, 37 brands (21 companies) are certified as Awasake.

In January 2020, the Parliamentary Association was established to push the promotion of Awasake as “the new Japanese toasting sensation that makes the world say “Kampai”! Currently they are actively promoting Awa sake at receptions for overseas VIPs.

The general meeting started with an opening address by Mr. Toshiaki Endo, chairman of the Parliamentary Association. He looked back on the history of the establishment of the Parliamentary Association, and the history of the relationship with the Awa Sakd Association.

Next, Mr. Noriyoshi Nagai, chairman of the Awa Sake Association, explained in detail about the current situation and achievements of Awa Sake.

Please refer to the history on Awa Sake official homepage to see their recent achievements.

After the general meeting, a tasting session was held and representatives of each brewery explained the characteristics and preferences while the members who attended in person tasted Awa sake. 

Before this session, I had a strong image of sparkling sake as a toast drink, but I was very surprised at the variety. Some  of the AWA SAKE had less acidity and bitterness so that it could be enjoyed during the meal.

It was a wonderful moment where I could feel the efforts of the brewery to serve AWA SAKE in more diverse scenes.

I am grateful to have such a precious opportunity.

We appreciate your continued guidance and encouragement.

Best Regards,

2023 Miss SAKE Japan Runner-up

Hikari Saito

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 千福・三宅本店様の『KURA ONE TRIP.』PR動画に2019 Miss …

  2. 「日本行政書士会連合会 会長会懇親会」に、2019 Miss SAKE 新潟 鈴…

  3. 白鶴酒造様「銀座天空農園田植えイベント」に、2023 Miss SAKE 秋田 …

  4. カンボジアの首都プノンペンにて、千古乃岩酒造様 日本酒プロモーションに2022 …

  5. GI信濃大町お披露目イベントにMiss SAKEが出演いたしました

  6. 2023 Miss SAKE 秋田 高橋凜が、【白鶴銀座天空農園 田植え 202…

2024 Miss SAKE Japan ファイナリスト

2023 Miss SAKE 最終選考会 Full Movie

2023 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Mrs SAKE

Mr SAKE

Mr SAKE

最近の記事

PAGE TOP
Translate »