ヘッダーメッセージ

Miss SAKE News/Blog

「第3回津南町米・食味分析鑑定コンクール」に、2022 Miss SAKEが参加いたしました。

Miss SAKE 2022 attended the “3rd Contest on Rice Taste Evaluation in Tsunan” [English and French below]

皆様、こんにちは。
2022 Miss SAKEの磯部里紗です。

12月10日(土)、新潟県津南町にあるニュー・グリーンピア津南にて開催された、「第3回津南町米・食味分析鑑定コンクール」に、来場者のお出迎えや表彰式での授与補助として参加致しました。

津南町では、令和5年に国内最大規模を誇る米のコンクールである、「第25回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会inつなん」を開催予定です。そのため、この国際大会の開催に向けたプレイベントとして実施されました。

令和4年「第24回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会in小諸」は、つい先日12月2日・3日に長野県小諸市において執り行われ、こちらもMiss SAKEが出演致しましたので、ぜひブログをご覧ください。

開会、そして講演

実行委員長である津南町長 桑原悠氏より開会のご挨拶、ご来賓である新潟県議会議員 尾身孝昭氏、小山大志氏よりお言葉を頂戴し、プレイベントがスタート致しました。

講演は、NPO法人越後妻有里山協働機構より、FC越後妻有様が「越後妻有地域での農業×サッカーの活動について」お話しくださいました。 全国から越後妻有に移住した女子サッカー選手が、棚田の保全活動や大地の芸術祭運営に励みながらトップリーグを目指す取り組みをされていて、選手12名全員がNPOの社員として従事されています。

通常のサッカー選手であれば、休みの日はなるべく体を休めてサッカーのパフォーマンスに注力していますが、FC越後妻有の選手たちはサッカー以外の時間を農業に充てています。しかしそんな環境の中でも、今年は北信越リーグ2部では無敗かつ優勝、さらに新潟日報杯も優勝するほどサッカーの成績は順調で、 監督はその様子を「サッカーを与えられているのではなく、自分達で掴み取るのがたくましい。根が深くて強い。」とお話しされていたのが大変印象的でした。

選手たちも生き生きとして取り組んでいらっしゃいますし、過疎高齢化による農業の担い手不足、女子サッカー選手のセカンドキャリア形成にも繋がるという、素晴らしいお取り組みだと感じました。

食味審査

今回のコンクールでは、津南町をはじめ、近隣地域の魚沼市、南魚沼市、十日町市などから合計20名からお米の出品がありました。総勢14名の審査員の方々に、全20種類のお米が配られて、審査が行われました。その間、会場でも試食ができるように試食用のお米が提供されていたので、私も5種類のお米を食べ比べてみました。香りや粘り気、水分量や硬さなどに少しずつの違いはありながらも、どのお米も美味しくて、新潟県はやはり日本が誇る米どころだと感じました。

そして、厳正な審査の結果、最優秀賞を獲得されたのは南魚沼市の桑原農産様でした。誠におめでとうございます!
他にも優秀賞、入賞、特別賞を受賞された農家の方々もいらっしゃいます。結果は津南町HPよりご覧ください。

2023 Miss SAKE 新潟大会の開催

そして、新潟といえば、来年は2023 Miss SAKE 新潟大会が開催されます!
新潟は日本国内で最多の酒蔵数を誇る日本酒県ですので、新潟大会の開催を機に、新潟においてもっともっとMiss SAKEの活動が拡大していくことを祈っております。
※新潟出身、在住以外でも、新潟に縁のある方なら応募できますので、是非ご応募お待ちしております!

Miss SAKE 新潟大会

開催日:2023年2月18日(土)
会場:ANAクラウンプラザホテル新潟 飛翔
HP:https://ichishima.com/misssake-niigata/

この度は、「第3回津南町米・食味分析鑑定コンクール」へのご招待をありがとうございました。
来年の「第25回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会inつなん」でもよろしくお願いいたします。

2022 Miss SAKE 磯部里紗

津南町長とお写真を撮影させていただきました

Hello everyone.
My name is Risa Isobe of 2022 Miss SAKE.

On Saturday, December 10, I participated in the “3rd Contest on Rice Taste Evaluation in Tsunan” held at New Greenpia Tsunan in Tsunan, Niigata Prefecture, welcoming visitors and assisting in awarding prizes at the ceremony.

Tsunan Town is planning to hold the “25th International Contest on Rice Taste Evaluation in Tsunan,” the largest rice competition in Japan, in 2023, so this year was held as a pre-event for the upcoming international competition.

By the way, the 24th International Rice and Taste Analysis Competition in Komoro, 2022, was held on December 2 and 3 in Komoro City, Nagano Prefecture, and Miss SAKE performed at this event as well, so please check out the blog.

The pre-event started with opening remarks by Mrs. Haruka Kuwabara, Mayor of Tsunan Town, who is the chairman of the executive committee of the event.

A total of 20 people from Tsunan Town, Uonuma City, Minami Uonuma City, Tokamachi City, and other nearby areas submitted rice for this year’s competition. A total of 14 judges were given a total of 20 varieties of rice to judge. During the judging, rice for tasting was provided for the visitors at the venue and I was able to compare five different varieties of rice. While there were slight differences in aroma, consistency, moisture content, and texture, all the rice was delicious, and I felt that Niigata Prefecture is indeed Japan’s pride in rice production.

After a strict judging process, the grand prize was awarded to Kuwabara Farms of Minamiuonuma City. Congratulations!

Thank you very much for inviting me.
I look forward to the “25th International Contest on Rice Taste Evaluation in Tsunan” next year.

2022 Miss SAKE Risa Isobe

Bonjour à tous.
Je m’appelle Risa Isobe de Miss SAKE 2022.

Le samedi 10 décembre, j’ai participé au “3e concours d’évaluation du goût du riz à Tsunan” qui s’est tenu au New Greenpia Tsunan à Tsunan, dans la préfecture de Niigata, en accueillant les visiteurs et en aidant à la remise des prix lors de la cérémonie.

La ville de Tsunan prévoit d’organiser le “25e concours international d’évaluation du goût du riz à Tsunan”, le plus grand concours de riz au Japon, en 2023, et cette année a donc été organisée comme un événement préalable au prochain concours international.

D’ailleurs, le 24e concours international d’analyse du riz et du goût en 2022 s’est tenu les 2 et 3 décembre à Komoro, dans la préfecture de Nagano (blog).

Le pré-événement a commencé par le discours d’ouverture de Mme Haruka Kuwabara, maire de la ville de Tsunan, qui est la présidente du comité exécutif de l’événement.

Un total de 20 personnes de Tsunan, Uonuma, Minami Uonuma, Tokamachi et d’autres régions voisines ont participé au concours de cette année. Un total de 14 juges ont fait les évaluations.
Pendant le jugement, du riz à déguster était mis à la disposition des visiteurs sur le site et j’ai goûté cinq variétés de riz différentes. Bien qu’il y ait de légères différences d’arôme, de consistance, de teneur en eau et de texture, tous les riz étaient délicieux et j’ai eu le sentiment que la préfecture de Niigata est effectivement la fierté du Japon en matière de production de riz.

Après un processus de jugement strict, le grand prix a été décerné à Kuwabara Farms de la ville de Minamiuonuma. Félicitations !

Merci encore de m’avoir invitée.
J’ai hâte de participer au “25e concours international d’évaluation du goût du riz à Tsunan” l’année prochaine.

2022 Mlle SAKE Risa Isobe

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 白鶴銀座天空農園にて、”田植え”に2021 Miss SAKE ファイナリストが…

    2021.06.16
  2. ユネスコ日本政府代表部へ、2022 Miss SAKEが表敬訪問いたしました。

    2022.11.20
  3. 『2020 創立95周年記念 ヰセキ全国表彰大会』に、2019 Miss SAK…

    2020.01.20
  4. 全国燗酒コンテスト2022審査会に、2022 Miss SAKEが参加しました。…

    2022.09.01
  5. ニューヨークのメトロポリタン・パビリオンにて開催される “THE J…

    2018.06.14
  6. 『全国燗酒コンテスト 2018』表彰式に2018 ミス日本酒 須藤亜紗実が参加し…

    2018.09.27

2022 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

Miss SAKEとは?

2022 Miss SAKE Japan ファイナリスト

2022 Miss SAKE 最終選考会 Full Movie

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Mr SAKE

Mr SAKE

最近の記事

PAGE TOP
Translate »