Miss SAKE News/Blog

岡山県の地酒に関わる5か所に、2022 Miss SAKE 岡山 安藤恵が訪問いたしました。

JA全農おかやま様、岡山県酒造組合様、岡山県産業労働部 マーケティング推進室様、岡山県 総合政策局 広聴広報課様、岡山県備前県民局 地域政策部地域づくり推進課様へ訪問いたしました。

皆さまこんにちは。
2022 Miss SAKE 岡山の安藤恵です。

5月31日、岡山県の地酒に関わる5か所に弊社団 大西美香 代表理事、2022 Miss SAKE 岡山大会実行委員会 石原貴史同行のもと、訪問させていただきました。その際の様子を、ひとつずつご紹介します。

JA全農おかやま様への訪問について

<訪問先参加者各位>
JA全農おかやま 県本部長 伍賀弘様
農産・園芸部次長(農産・営農振興担当) 小原久典様
農産・園芸部次長 農産課 課長事務取扱 岩野靖之様
農産・園芸部 農産課 西村将太様


なかでもナデシコプログラムに関心を寄せてくださいました。
そこで、振袖の自装に関することや、関東甲信クボタ株式会社様のご協力で今回初めて実現した長野県での田植えなど、私の体験の数々をご紹介し、貴重な経験を積ませていただき、日々成長させていただいている現状をお伝えしました。

また、8月30日椿山荘東京にて開催される「雄町サミット」へのお手伝いの依頼もいただきました。
最後はイメージキャラクターを務めさせていただいている【つやま宵】と共に記念撮影をさせていただきました。

「雄町サミット」概要

雄町サミット:https://omachi.marumaru-okayama.jp
(主催:JA全農おかやま様、岡山県酒造好適米協議会様、岡山県酒造組合様)

酒米「雄町」の主産地である岡山県の生産者、全国の雄町米使用酒蔵、雄町を原料とした酒が一堂に会し、より多くの方に、雄町を好きになってもらいたいと願い、毎年開催されているイベントです。
お客様を入れての開催は実に2年ぶり。私も当日、現地でおもてなしをさせていただく予定です。
※幻の酒米「雄町」は全国生産量のうち、約95%が岡山県産です。 

岡山県酒造組合様への訪問について

<訪問先参加者各位>
日本地域経済活性化機構  会長 藤原一雅様
岡山両備タクシー株式会社 専務執行役員 事業本部長 岡釨 様、
JR西日本 岡山支社 企画課 企画課 ふるさとおこし本部 課長代理 遠藤茂仁 様
JR西日本 岡山支社 企画課 貝原涼介様
岡山県酒造組合 専務理事 貝原 康郎 様


『岡山の日本酒を観光客の方にPRする』というテーマのもと開かれた会議に同席させていただきました。

今回の会議は、日本地域経済活性化機構 会長 藤原一雅 様が月に一度開催されている『日本酒会議』という日本酒会に、岡山大会主催の石原が参加させていただいており、そこで岡山両備タクシー株式会社 専務執行役員 事業本部長 岡釨 様と岡山の地酒の未来について話し合う中で、企画されました。

※『日本酒会議』とは“ 国酒で地域活性化を! ” をテーマに全国の隠れた地酒を発掘して交流する場として平成18年1月にスタートしました。岡山県内にて月に一度開催されており、岡山県内の地酒をはじめ、全国の地酒と美味しいお料理が楽しめる会です。

岡様の「岡山県も実は昔からの酒処。岡山の地酒を岡山に来る他県の方にも気軽に味わってほしい」という熱量の高いお話を拝聴し、2022 Miss SAKE 岡山代表として何ができるか掘り下げて考える貴重な機会となりました。

また、同席なさっていたJR西日本 岡山支社 企画課 企画課 ふるさとおこし本部 課長代理 遠藤茂仁 様は、ふるさとおこしプロジェクト『OKAYAMA SAKAGURA COLORS』の企画を担当なさっています。

『OKAYAMA SAKAGURA COLORS』は岡山県酒造組合に加盟する24の蔵元が呑みきりサイズの100mlのミニボトルにお酒を詰めた企画。

可愛い小瓶で少しずつ岡山の地酒が味わえるので、県外の方へのプレゼントとして大変重宝しております。遠藤様には、実際にプレゼントした際の皆様の嬉しい反響など、直接お伝えさせていただくことができました。

『OKAYAMA SAKAGURA COLORS』

OKAYAMA SAKAGURA COLORS | ふるさとおこしプロジェクト
https://jr-furusato.jp/okayamacolors-sakagura/

県外の方々にも岡山県の地酒の魅力を知り、味わっていただくために2022 Miss SAKE Okayamaとしてこれからもしっかり発信していきたいです。

最後に、遠藤様と記念撮影をさせていただきました。

岡山県産業労働部 マーケティング推進室 様への訪問について

<訪問先参加者各位>
岡山県産業労働部 マーケティング推進室 主幹 中谷倫子様


今後開催予定の日本酒イベント出演について、ご相談いただきました。
岡山県を代表する酒米「雄町米」や雄町米でできた日本酒について、意見交換をしました。

新潟の蔵に勤めていた経験があり、日本酒学講師(SSI認定)の資格も所持している、弊社団 大西美香 代表理事の「雄町米は個性がしっかり出るので、それぞれの杜氏の考えによって全く異なる味わいになる。
ケットの打ち上げと同じで、杜氏の目指す着陸地点をどこに設定するか、杜氏の雄町米に対する理想はどんな味わいなのか、
その想いが如実に感じられるので、雄町の日本酒は多くの人々を惹きつける魅力があるのだと思う」という話に、中谷様は「そういった視点は初めて。興味深い」と積極的にメモをとられていました。

私自身も大西代表理事同様、雄町米の個性はかけがえが無いと感じています。
週に1度東京の飲食店にスタッフとして立っており、岡山の地酒を提供する際、お客様には飲み比べを提案し、それぞれの個性や味の幅の広さを楽しんでもらうようにしています。
すると必ず「同じ米でこんなに違うの?面白い!」と驚嘆の声をいただきます。

岡山県産業労働部 マーケティング推進室 様は、2022年8月30日の雄町サミットの開催に合わせて、飲食店、酒販店、小売店等を対象とし、雄町米で醸された日本酒をPRするサイドイベントを催される予定です。

雄町米をテーマにしたトークセッションや、岡山県内の数軒の酒蔵が集い、それぞれの雄町米で醸された地酒を味わえる場を設けられるなど、とても贅沢な内容が企画されているそうです。

それぞれの杜氏さんの“理想の雄町”をぜひたくさんの方に味わっていただきたいです。

中谷様との話し合いの後に、

岡山県産業労働部 産業企画課 マーケティング推進室 室長 菱川 満 様
岡山県産業労働部 産業企画課 マーケティング推進室 総括参事 松本 和久 様
岡山県産業労働部 マーケティング推進室 副参事 谷本 敦史 様

ともご挨拶させていただきました。
お忙しい中、ありがとうございました。

岡山県 総合政策局 広聴広報課 様への訪問について

<訪問先参加者各位>
岡山県 総合政策局 広聴広報課 課長 東寛 様
晴れの国イメージアップ推進室 統括副参事 濱家 由加 様


訪問した途端、「安藤さん、昨日テレビに出られていましたよ!」と嬉しいお声がけをいただき、5月29日(土)に行われた岡山県北の特産品をライブ配信で販売するライブコマース『foove』に出演させていただいた模様が、OHK(岡山放送)で放送された番組の録画を見せてくださいました。

私たちの活動を気にかけてくださっていたことがとても嬉しく、反面、皆さまの期待に応えたいと、身の引き締まる思いでした。

『foove』:https://foove.jp/

岡山県備前県民局 地域政策部地域づくり推進課様への訪問について

<訪問先参加者各位>
岡山備前県民局 局長 小寺 弘城 様
岡山備前県民局 次長 根木 昭 様
岡山備前県民局 地域政策部地域づくり推進課 総括副参事(振興班長)坂井みゆき 様
岡山備前県民局 地域政策部地域づくり推進課 主幹 難波りえ 様
岡山備前県民局 地域政策部地域づくり推進課 主事 江田志都香 様


私の2022 Miss SAKE 岡山代表としての活動や、所持する酒匠(SSI)の資格、東京の飲食店で岡山の日本酒を提供している仕事について、様々なことに興味をもってくださり、沢山質問してくださいました。

また「首都圏で雄町米のお酒をPRしていくには、どの様なアプローチをしていけばよいか」と、ご相談いただきました。場所やターゲット層など具体的なイメージをお聞きし、微力ではありますが、見解やアイデアをお話しさせていただきました。

最後に

今回ご挨拶させていただいた皆様、この度は貴重なお時間を頂戴し、誠にありがとうございました。温かく迎えてくださったことに、心から感謝申し上げます。

雄町米や岡山県の地酒をPRすることへの情熱を様々な視点から感じることができる貴重な機会になりました。

そして2022 Miss SAKE 岡山代表に選んでいただいたことで、酒匠(SSI認定)という資格や日本酒を扱う現場に立っている経験を紐づけて総合的に活かせる場をいただくことが増えてきました。

これからも学びを深め、少しでも岡山の地酒、ならびに日本酒のPRに役立てられるよう、精進して参りますのでご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

まだまだ未熟者ではありますが、2022 Miss SAKE 岡山代表として、ナデシコプログラムやお会いした皆様から学んだことを生かしながら、岡山県の地酒の発展に貢献できるよう努めて参ります。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

2022 Miss SAKE 岡山 安藤恵

2022 Miss SAKE 岡山大会

岡山大会HP:https://www.totalsetting2010.com/miss-sake-okayama/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第16回 2022 Miss SAKEナデシコプログラムに、2021 Miss SAKEが参加いたしました。

岡山の酒米品種『雄町』田植えイベントのお知らせ

関連記事

  1. 『全国きき酒選手権 埼玉県大会』及び『第15回埼玉34酒蔵 大試飲会』に2018…

    2018.10.13
  2. 『2021 Miss SAKE 愛知大会』が12月13日SAKE Bar 圓谷(…

    2020.10.23
  3. 『2018年慶應連合三田会大会』に2018 ミス日本酒 須藤亜紗実、同高知代表 …

    2018.10.23
  4. 金子ゆかり 諏訪市長の元へ、2020 Miss SAKE 長野代表 横田 真理華…

    2020.08.31
  5. 『ツーリズムEXPOジャパン2019大阪』に、2019 Miss SAKE 大阪…

    2019.11.07
  6. 2018 ミス日本酒ファイナリストの【第5回ナデシコプログラム】に参加して参りま…

    2018.02.04

Miss SAKEとは?

2022 Miss SAKE Japan ファイナリスト

2021 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Mr SAKE

最近の記事

  1. 2022 Miss SAKE Japan 磯部 里紗(いそべ りさ)
PAGE TOP
Translate »